視力回復の方法

April 05 [Sun], 2009, 14:37
視力回復の方法をお探しのあなたへ。


視力回復の方法を考えているなら、


大抵の方はメガネ、コンタクトをしているかと思います。



最近では視力低下の若年化がすすみ、


小学生でもかなりメガネを使用しています。



原因は、パソコンのやりすぎ、ゲームのしすぎ、テレビを長時間見たり、


本を読んだりなど、目を酷使する状況が増えた為と言われています。




最近、視力回復の方法として、



「レーシック」が注目されていますね。



レーシックとは、目の表面の角膜にレーザーを照射し、


角膜を削ることによって視力を矯正する手術です。


15分ほどの手術で一気に視力を回復できるということで


利用者が増えています。



しかし、レーシックもメリットばかりではありません。



■「レーシック」のデメリット。


・「ハロ」や「グレア」という後遺症。


夜間や蛍光灯の下でまぶしく感じたり、
光の周りがぼやけて見えたりすることがあります


・ドライアイ

コンタクトではよくありますが、レーシックでも確認されています。


・不正乱視


このように、


「万能ではないこと」(医師の能力や機材によって著しく効能が左右されます)。

「保険適用外なので自費診療となり、高額な治療費となること」

この点を十分検討しないまま、

安易に流行に乗るのは、やはりオススメできません。




■視力回復の方法のメカニズム。



視力低下の理由は主に以下の2つです。


1.運動不足による眼筋の衰え

2.ストレスによる眼球への血行不良


長時間1点を見つめるような状態でいることが

原因となって、眼筋が衰え視力低下を招いているのです。



また、ストレスによって眼球に血液が流れていかなくなると、

近視だけでなく、遠視や老眼、乱視など、目の機能の

あらゆる障害を引き起こすのです。


この2つを改善すれば視力回復できるのです。


ではどうすればよいか。



■1か月で0.1から0.8に視力回復した方法


目には重要な筋肉が3つあります。


・「水晶体」

・「毛様体」

・「眼球移動筋」


その中でも、視力の低下というのは、

それが近視であれ、遠視であれ、乱視であれ、

このレンズを調整する「手」(毛様体)が、

機能を喪失している状態を言うのです。


『正しい目の運動』をさせることによって、

近視、遠視、乱視は確実に改善されていくのです。



正しい目の運動とはどうやってやるのか。


こちらの方法がベストです。


↓↓↓




詳しくはこちら>>

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:視力回復アドバイザー
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
2009年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/siryoku123/index1_0.rdf