レーシックって? 

2009年05月09日(土) 1時21分
レーシックは、視力回復手術で痛みもなく多くの人が翌日からめがねやコンタクトなしの裸眼で生活できることで人気みたいです。視力回復手術のレーシックは眼科クリニックでの手術になりますが、このレーシックを受けられる人と受けられない人がいて、レーシックの手術を受けられない人は強い近視や角膜事態が薄い方、目の病気、特に今流行っているドライアイなど、その他妊娠中の方などはレーシックの手術を受けられません。レーシックは痛みが感じられないとはいえ手術なので、まずは検査に3時間ほどかかります。
失敗などがないように徹底的に検査をしてもらえるので、手術ということに関しては安心感があると思います。レーシックは視力が低下している要因の目の角膜の屈折部分の焦点をレーザーであわせることにより、視力が回復するというわけです。
レーシックの痛みがない手術は、点眼麻酔をして目を器具で固定されます。その後レーザーが目に入るのですが麻酔が効いているため痛くなく10分から15分ぐらいで終了します。ひとつ違和感があるといえば目を器具で固定されているぐらいです。10分や15分程度なら我慢はできると思います。レーシックは検査の時間と医師とのカウンセリングの時間が長い分、気持ち的な手術への不安などもほとんどないような感じです。

視力の回復の方法 

2008年12月26日(金) 18時21分
最近ではさまざまな視力の回復方法があります。視力回復の手術のレーシックや視力を矯正するコンタクトや視力トレーニングなどがあります。レーシックは視力回復の手術として話題で多くのスポーツ選手などがレーシックを行って、手術なのですが入院をしなくても当日で帰れます。ですがレーシックはそれなりに費用がかかるのと手術前の検査も時間がかかります。また視力を矯正するコンタクトはアメリカで開発されたもので、日本ではまだ行える病院は少ないのが現状です。

視力が低下する要因とは? 

2008年12月23日(火) 23時24分
視力は低下するとめがねやコンタクトなどをつけないと生活がとても不便ですねー視力は親からの遺伝などもあるといわれていますが、基本的に視力が低下する要因としては、目の中にあるピントを合わせる焦点の部分が少しづつずれて、物が見えずらくなるみたいです。テレビなどを見るときはできるだけ離れてみるほうが良いというのも、近くのものを集中的に見ることでピントが近くのものにだけ合わせるように習慣がついてしまい遠くのものにいざピントを合わせようとするとぼやけて見えてしまうことでピントの焦点が合わせづらくなり視力の低下がはじまります。