Lovely Bones

December 05 [Sat], 2015, 19:27
おかげさまでわたしの、まさかの右手橈骨遠位端骨折はとうとう、ほとんど完治状態になりました。

ギプスと三角巾姿で「解剖学」の通訳をする人なんて、まあ、滅多にないかもと思い、それでも参加者の
みなさんの温かい眼差しに癒されながら日本語アシストをし続けていた中での、夏の日のワークショップ。

テーマは「前腕の骨格系」
橈骨と尺骨の関係って骨間膜のおかげでとても建設的でロマンチックだと想いました

身体について、心について、そしてそれらのつながりについて知っていくことにはかなり高い関心を持ち、
自分なりに学んできてはいましたが、正直なところ「骨という身体」について、殆ど意識したことがあり
ませんでした。『心身一如』が人間の在るべき姿なのだと本で読んでも、そこには”どうやって「身体」と
いう目に見えるものと「心」という目に見えないものを統合するのか、具体的な方法論というか、メソッドについて明確な教えは書いてありません。

骨折をして痛い目にあって、でも、そこからどんどん雨や太陽のような根源的な気づきを頂き続けていても、「骨自体」を学ぶことが『わたしの知りたいわたし自身』を知ることにどれだけ関連しているものなのだろうか、と心の浅いところで軽い問いを感じていました。が、ワークショップが進むにつれて「!!!!!!」

身体を知ることは、身体を自分自身のものとして認識するきっかけとなることを身体で悟る。
そして身体の深奥にある「自分自身」の輪郭が骨を通してクリアにダイレクトにつながっていく
圧倒的なヴィジョン。

例えて言うなら、大人のわたしが、赤ちゃんだったわたしに還っていくかのような、素の自分に久しぶりに
出会えるかのような、「ああ、そうか!」という、懐かしい感覚。愛しい身体。近しい自分。
そして愛すべき骨の中へ入り、感触を想い出していく旅のよう。

それは、心身統合へのメソッドという枠に入りきらず、とても自由なもの。
抱きしめたい、Loveでいっぱいの身体への感謝、すべてとの統合....。

これは、自分自身で経験して初めて、腑に落ちるものだと思いますので、興味が湧いた方は是非!
David France せんせいのワークショップにご参加ください!わたしももちろんおりますよん
(ご注意:今回は11日金曜日のみ残念ながら都合によりスキップさせていただきます。スミマセン

ヨガスタジオTAMISA@京都
2015年12月11日(金) ”呼吸の解剖学” 
2015年12月12日(土) "しなやかなドーム"
2015年12月13日(日)”循環系と流体の身体"

チルアウトスタジオ@南森町/大阪
2015年12月20日(日)”脊椎の統合” 
          素敵な詳細のブログはこちら 


ガイコツくんも、待ってま〜す

よろしければクリック!お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
P R
QLOOKアクセス解析
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Takako
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:10月21日
読者になる
最新コメント
アイコン画像Takako
» お片づけと汗吐下 (2014年12月22日)
アイコン画像あくび猫
» お片づけと汗吐下 (2014年12月22日)
アイコン画像Takako
» 3月のヨガレッスン開催のお知らせ (2014年02月19日)
アイコン画像Takako
» 3月のヨガレッスン開催のお知らせ (2014年02月19日)
アイコン画像大島
» 3月のヨガレッスン開催のお知らせ (2014年02月18日)
アイコン画像Takako
» 敬意とピンクスライム (2014年02月07日)
アイコン画像匿名希望
» 敬意とピンクスライム (2014年02月07日)
アイコン画像Takako
» 人生は、やっぱり旅だ、と思う件 (2013年04月02日)
アイコン画像むさしのヨギ?
» 人生は、やっぱり旅だ、と思う件 (2013年04月02日)
CURRENT MOON
ブログランキング・にほんブログ村へ