ムナグロだけどMartin

April 17 [Sun], 2016, 10:33
常に激務に晒されている印象のある看護師というお仕事ですが、その勤務時間は、案外、ある程度自由にできる面も無いわけではありません。


シフトの具合によっては仕方がないとしても、時間単位でとれる休暇である「時間休」をとりやすい職場なので、育児と仕事の両立をはかりつつ、それを負担に思わずはたらける、と考えている人は多いようです。小さいおこちゃまがいると、何かと急な休みなどが多くなってしまいますが、そんな中でも、なんとか帳尻を合わせて働いていけるのは、時間調整しやすいはたらき方による、というのが大きいようです。


ところで、他の職業同様、勤務時間は大体8時間というのが基本です。
働く看護師にとって頭が痛い問題といえば、職場での人間関係のストレスや夜勤などの勤務形態に体が合わないといった問題があります。
看護師には女性も多いので、人間関係のもめごとが多い職場もよくあります。



夜勤が多い勤務形態もストレスになるでしょうよ。
自分の健康を害するほどのストレスを溜める前に、潔く転職し、人間関係も良く日勤ではたらける職場を捜すのもひとつの選択として、おぼえておきましょう。それだけではないにしろ、看護師を志望するモチベーションの一つとして外せない理由の一つに一般的に給料が高いという点が挙げられます。

はたらき始めて最初の給料を鑑みても、同世代の新入社員と比較して高めだといえるでしょう。
しかし、そのように高給をいただくということはそれだけよく勉強して少しずつでも患者さんに対して還元していく使命があります。



看護師の勤務は交代制ですが、それ故に、申し送りを行なうことにしている病院は多いです。入院患者さんの状態、変化、医師の指示など、追加されたり改められたりした諸々の伝達事項を口頭で直接、次の人に説明を行ないます。
患者さんに関する重要な情報ですから、相手にミスなく伝わり、わかってもらえるよう丁寧におこなうようにしましょう。また、申し送りに時間をかけると、その間に人手が減ることになるでしょうから、要領よく、そして素早くおこなうことももとめられます。
最近では、看護師不足の傾向にあると考えられています。



看護師の免許を持っていても、現在は看護師として勤務していないという方も多いです。このように看護師が足りなくなっているのはどうしてでしょうか。
それは看護師の離職率が高いということが大きいと思います。常勤看護師のケースでは、離職率が11%を超えています。女性の方が圧倒的に多い仕事のため、出産または育児のために退職せざるを得ないという場合もあるのですが、それのみならず、キツイ仕事環境も離職する人が増える原因になっていますのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yui
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sirp0awenetll1/index1_0.rdf