13.多事多難

June 07 [Thu], 2007, 21:02
おれは、蓮華の元から去ってしまった。
成長した姿を見るどころか、デートすら云うほどしてねェってのに。
「蓮華…」
声が震える。
また、やっちまったのかおれは。
紗都にしろ蒼似にしろ、手放したいなど思ったこともなかった。
それなのに…何故…

[06/07] 司狼パウリーくんは蓮華サンジくんの前から去りました

放心状態で街中を歩く。兎に角、歩いてりゃ何とかなるんじゃねェかと思っていた。
すると直ぐに、蓮華によく似た金髪を見つけ慌てて駆け寄る。
「蓮華…!!」
叫べど喚けどそいつが振り返ることもなく。
「待てよ…!」
肩を掴んで強引に振り向かせた。
「な、なんだ…?」
突然のことに驚いたのだろう相手は大きな瞳を瞬かせた。
「…わ、悪ィ!人違いだ!」
頭にボールを乗っけた可愛らしいそいつは蓮華とは全く似てはおらず。
「なにかあったのか?」
きょとんとおれを見つめる姿は愛らしいという言葉がマッチしていた。

教師をやっているということもあり、話し上手で笑顔の絶えない亜季サンジという男におれは激しく惹かれ始めていた。
「こ、これ受け取ってくれ…」
「……え?」
「トナカイ人形だ…あ、いや、別に変な意味はねェんだが…」
「ん?おう、ありがとな」
微笑まれる度に胸が高鳴る。

「これは…あー…」
「今日はなにをくれるんだ?」
プレゼントされる生活に慣れた亜季サンジがクスクスと笑みを零す。
「つまみセットだ。酒と一緒に喰えば最高だぜ。」
「俺、未成年なんだけど。」
なにを渡しても邪険にされることなどなく、おれは癒しを求め亜季サンジの元へ毎日のように足を運んだ。

そしてある日、とうとうおれは自分の想いを告げてしまった。
途端に表情が曇っていき、それでも言葉をなかなか発することのない相手の優しさに笑みが零れる。
「ホントは分かってたンだ。想いを聞いてくれて有難な。」
おれの言葉に揺らぐ瞳、笑顔を向けてやると躊躇いがちに首が縦に振られた。

[06/07] 亜季サンジちゃんに等身大チョッパーをプレゼントしました
[06/07] 亜季サンジちゃんにおつまみセットをプレゼントしました
[06/07] 亜季サンジちゃんに恋してます
[06/07] 亜季サンジちゃんに恋してます

[06/07] 亜季サンジちゃんにフラれました

伝えることは全て伝えた。今回はおれの魅力がなかったと…なかったと…ン?待てよ、おれァ確かにトナカイ人形だと告げたにも関らずフラれたってこたァ…柿の種チョッパーの所為じゃねェか(おぃ)
ってなわけで、近い内テメェの元に行くかもしれねェ(ニヤリ)もしかしたらだがな、そんときゃよろしく頼むぜ(笑)
◆柿の種チョッパー>
オイ、フラれたぞ。どういうこった。確率は五分五分ってか!?(笑)
煩ェな、贈り物ってのァ貰って一番嬉しいもんを与えるンだよ。だからコレでイイはずだ(頷)Σって生産者テメェか!!おれはいつもテメェから買ってたのか!アフロで気付かなかったぜ。これからもちょくちょく通うと思うが(笑)さっさと作れよ。って、機械生産じゃねェのかよ!(更にビックリ)


◆海耀エース>
テメェそりゃおれのサイズがSだと遠まわしに云ってンのかコラ!!生意気な野郎だな。って、その可愛らしい嫁さんまで縛る気か!?ま、まァ人の嗜好に口出しする気はねェがよ…よし、そうと決まれば特訓だな(ニヤリ)身体を炎に変えて縄から逃れるのはナシだぜ。
ン?ガキが生まれたのァ大分前の話だろう?……可哀想に(肩ぽん)おう?触らせてくれんのか?野郎の身体にゃァ蓮華と柾紀以外あまり欲情しねェんだが…触らせてくれるってンなら…(手ェわきわき/風俗店か)
悔い改める気はねェようだな(笑)ちっ、そうなのか。それなら今度店でばったり会ったときは予め店長に目を光らせるよう助言してやろう。
なんだお前ェ、四字熟語王でも目指してンのか(笑)それとももう既に王なのか…ま、別におれは狙ってねェんでそのまま王者で居させてやるよ(上から目線で云ってのけ)


◆ハレンチ雑誌コレクターの赤髪>
誰がセクハラ運転手だ、変な言いがかりは止せ。客が減るだろうが!
って、いつおれが軽薄さを売りにしたってンだ…品行方正な青年だろうが(自分で言う)
ペットの悩みがおれに関することだとは限らねェだろ(眉寄せ)そうだな、おめェより経験豊富なんで…恋人もそれなりに居るが(しれり)
もし同じ面が出てきたら、どちらかの遺伝子にソレが組み込まれているということなんだろうな…どっちだ?(じぃぃ/凝視)


◆水壬サンジ>
あ?某所を見ただけじゃねェのかよ(笑)すっきりしたか?(ニヤ)そのすっきり感のまま次のガキを産んでこい(密かな愉しみの一つ)
ああ、おれの遺伝子が混じってたらすまねェな(ぇ)
贅沢なヤツだな…(ククッ)ネコもモモンガもウサギも嫌か…あー…犬?(当てものか)
  • URL:http://yaplog.jp/sirou_voyage/archive/13
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:司狼パウリー
読者になる
2007年06月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる