ひ素定量試験 

September 14 [Wed], 2005, 16:12
試料中のひ素含有量を測定することになりそうです。
というか、すでに測定方法を手渡されて検討してくれと頼まれており、困惑中です。

分析屋としては、技術力のアピールとして軽く引き受けたいところですが、
物質が物質なので、慎重になっています。

実際には数ppm程度以下で、標準品も数ppmのものを使用するだけですが、
中小企業の分析環境なんてたかがしれてます、その作業環境で果たして人体に影響せずに
数値を出すことが出来るのか?


これから少し余裕が出来るから、今から本腰上げて検討だ!

まずは情報を集めてきます

本日の分析業務、
乾燥減量 2検体
HPLC   2検体

くっさ〜 

September 09 [Fri], 2005, 19:34
今日はピペリジンのIR確認試験を行いました。
ピペリジンは液体なので、液体用NaCl板さえあれば簡単なのですが、
とにかく、くっさ〜い

そして使用したNaCl板をクロロホルムで洗浄するときに、
また、くっさ〜です。

初めて匂いをかぎましたがこれはやばいとおもいました。
作業服に匂いが染み付いてないのがまだ幸いでした。
ちなみにピペリジンの匂いは、男性のアレの匂いに近いです。


あとガスクロも分析しました。シリンジもピペリジン臭くなったので、念入りに洗いましたよ!
もうやりたくないよ、1検体だけだったのが唯一の救いです

あとは他の試料で液クロをぼちぼち使用。
最近サンプルが変わってからインジェクターかシリンジに試料が残るのか、なんべん洗ってもブランクを打って試料のピークが出ます…今日は4回ブランクを打ち直しました。おかげで帰る時間が夜の8時回ります

本日の分析業務、
FTIR 1検体
GC  1検体
色差 7検体
灰分 4検体
HPLC 3検体

それ以外に書類作成を色々と。
2005年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sirokami
読者になる
Yapme!一覧
読者になる