だって・・・ 

July 15 [Fri], 2005, 9:56


だって僕

これで遊んでみたかったんだもん

ママは駄目って怒るけど

だって僕これで遊んでみたかったんだもん

そんなにそんなに

怒らなくてもいいじゃんか

海へ 

July 15 [Fri], 2005, 9:47


生まれて初めての

湘南の海

僕はまっしぐら

キラキラ光ってるのはな〜〜に?

大好きなお水が一杯

あんよが気持いいな

風がとっても気持いいな

ごめんね・・ 

June 18 [Sat], 2005, 15:57


そらちゃんごめんね

人間の勝手で

去勢手術をする

君は何も疑いもせず車に乗って

きっと遊びに行くんだと思ったよね

きっとママ何処連れていってくれる

ワクワクな胸で乗り込んだよね

そらちゃんごめんね

もう直ぐ迎えに行くよ

もう直ぐ お家に帰れるからね

何も解らず

でも何かを察して

君は泣く事もなく

ママの手からお医者さんの腕の中

ごめんね

ごめんね

何ヶ月も悩んだ結論

もう直ぐ

もう直ぐ迎えに行くからね

ねぇママ 

May 28 [Sat], 2005, 20:27


ねぇママ

甘えてもいい

ねぇママ

僕ね抱っこして欲しいんだよ

ママはご飯の準備で僕を見てくれない

ねぇママ

僕ね

遊んで欲しいんだ

今直ぐに・・・

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

夕飯の準備に追われ気付くと足元に寄り付く
つぶらな瞳に魅せられて、手を休めボール遊びに没頭させてしまった

溶かして 

May 22 [Sun], 2005, 14:29




夕焼けの空を

ただ黙ってみつめていた

刹那さも

遣る瀬無さも

この海に溶かしながら

おお前な〜〜〜 

May 11 [Wed], 2005, 7:52


いいもん

ママが襖を締めても

いいもん

僕此処から入るもん

あっ

ママがもしかして もしかして

怒ってる?

紫陽花の季節 

May 05 [Thu], 2005, 6:47



想いの数が

ひとつ ふたつ

雨に打たれて流すように

あなたを記憶の片隅に葬る

再び巡る紫陽花の季節

幾度の涙の果てに

大輪を咲かすやら・・・・

玉葱事件 

May 04 [Wed], 2005, 12:02


そらはもう直ぐ7ヶ月

突然の事だった。眼を離した隙の出来事でした

テーブルの上に置いた夕飯のおかず・・玉葱事件はこうして始まった

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

パソコンに夢中のママは

僕の事なんか知らん顔

しめしめテーブルの上の好い匂い

ちょっと食べちゃおうかな

ちょとだけなら解んないかも

止まらないよ〜だって お肉入ってるもん

ひとパクリふたパクリ

ママが飛んで来た

ママの顔色が変わり

僕は大変な事に気が付いた

為葱が〜〜〜玉葱が入っていたんだ

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

友達に電話をかけまくり、掛かりつけの病院に電話したけれど
「只今出かけております 御用の方は・・・・・・」
夜間病院探して車で駆けつけて、まずは吐かせる事となった

先生は吐く子もいるけれど、吐けない子もいます3日後でなければ症状は出ないのですが
どうします?

「やってみて下さいと私・・・そらはよく吐いていた・・・その想いが
薬の液がそらの口に入る  苦しそうに泡を吹きながら飲み込む

下に下ろして数分後 お腹をくねらして そらが吐いた
10回の苦しみ・・・・・このチビスケの中にこんなに!
牛肉 ピーマン 玉葱 おまけに夕飯のドックフード

吐いたのち、そらは病院の先生の後ろを追い掛け回す
まるで、何事もなかったように・・・

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

ママ

僕だってお腹が張って苦しかったよ

玉葱って血を壊すんだってね

僕初めて知ったよ

でももうすっきりしたよ

お腹苦しくないもん

ここでネムネムしてていい?

僕の一番のお気に入りなんだ

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

自分を責めたり 旦那さんには怒られたり・・・なにせ旦那さんは「そら」が可愛くて仕方ない
玉葱事件から1週間
何とも元気一杯のそら君なのです

傍にいて 

May 04 [Wed], 2005, 10:37
勝気にみえたって

時には誰かにそっと肩を抱いていて欲しい

遠い昔の記憶の中で

あなたはそっと私の傍らにいた

今は幻だったように

手を伸ばしても

この手を掴んではくれない

愛されていたなんて思っていないけれど

傍に居るだけで

傍にいてくれるだけで

心は充たされた

面影ばかりを追いかけても

季節は巡り

同じ花に想いを馳せても

何処にもあなたの香りは残っていない

もう一度

私の傍に来て

もう一度

私の心の支えになって欲しい

だから傍にいて

後ろからみつめていて欲しいから

優しさ 

May 04 [Wed], 2005, 10:02
優しさって何?

時には自分を傷つけたって

言わなければいけない事ってある

時には黙って呑み込んで

この花のようにみつめてる

さよならの向こうに

悲しみの雲が押し寄せても

信じるがまま

心の動きに合わせて

そっと口を閉ざす優しさ

今はただ在るがままの自分で
2005年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像siriusu
» ねぇママ (2005年06月18日)
アイコン画像しーちゃん
» ねぇママ (2005年05月29日)
アイコン画像しーちゃん
» ねぇママ (2005年05月29日)
アイコン画像Rei
» 僕の名前はそら (2005年01月27日)
アイコン画像siriusu
»  (2005年01月27日)
アイコン画像Rei
»  (2005年01月26日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:siriusu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる