住宅ローンの税額控除

February 20 [Thu], 2014, 9:11
税額控除が住宅ローンのにもあることを理解しておくだけで、無駄な出費を抑えることができとてもメリットがあります。多くの人が家やマンションを購入するとき住宅ローンを支払いに利用するのではないでしょうか。一口に住宅ローンといっても形態はさまざまあり、公的なものから、民間のローン会社まで、独自の住宅ローンを提供しています。ローン申込みの審査を終え、無事に融資が決まり、支払いのめども立てばめでたく新居を購入することとなります。ローンで新しく家やマンションを購入した人の税金を控除してくれる制度があるので、住み始めたその年はぜひ、住宅ローンの税額控除を申請してください。負担を少しでも軽くするという、国からのうれしい配慮なのです。直接税金を新居に住み始めた年の所得税の金額から、控除することができますので、条件さえ整っていれば、必要な書類をそろえて、確定申告しましょう。借入残高の5千万円以下の部分に対して今は税額を控除できるように、最近は住宅ローンの税額控除の基準が変わっているようです。10年間で最大500万円分が所得から控除することができる金額で、税金の支払いがその分だけ少なくすむといいます。一般住宅では控除率は1%ですが、済んでいる住宅が認定長期優良住宅であったり、認定省エネ住宅の場合は違います。控除の対象になる借入金残高の限度額は上がったり、居住年によっては控除率が上がる場合もあります。これから住宅を建てようとしていいるならば、住宅ローンの選択だけでなく住宅ローン控除についても調べておくことをおすすめします。かなりの金額、家を購入する際に借り入れた金額からしたら微々たるものかもしれませんが、10年間に及べば控除されることになります。税金から確実に控除してもらったほうが良いので、住宅ローン控除をしっかり申請することをおすすめします。銀行の収益の仕組み
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:siriann
読者になる
2014年02月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/siriann/index1_0.rdf