アグーチシグナルタンパク

September 05 [Thu], 2013, 10:17
鹿毛は野生型のASIP(アグーチシグナルタンパク)と野生型のMC1R(1型メラノコルチン受容体)を持ち、エウメラニンとフェオメラニンの合成のバランスが取れていることにより現れる。MSH(メラニン細胞刺激ホルモン)のシグナルを受け取りエウメラニンの合成を促進するMC1Rの機能が正常なため、栗毛のようにフェオメラニン優位の黄褐色にならず、また、ASIPによるMC1Rの抑制も機能しているため、青毛のようにエウメラニンが過剰に合成された全身真っ黒にもならない。ただし、ASIPの活性は体の端部で低いため、四肢などが黒色に着色する鹿毛特有の模様が現れている。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:siragadayo
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/siragadayo/index1_0.rdf