日本の電報サービス 

2007年09月13日(木) 18時16分
日本では電気通信事業法附則第五条で、当分の間、電報の事業
(配達の業務を含む)を電気通信役務とみなし、これに係る業務
のうち受付及び配達の業務については、東日本電信電話株式会社
(NTT東日本)、西日本電信電話株式会社(NTT西日本)及び国際
電電(旧KDD)承継人であるKDDI株式会社のみがこれを行うことが
できることとなっている。

1980年代までは、電話局や郵便局・農業協同組合・漁業協同組合
・国鉄の主要駅で電報の受付を行っており、地域によっては郵便
局から電報が配達されることもあったが、緊急連絡手段としての
用途が薄れたことや、郵便局などの電報業務の撤退やNTT電話局窓
口の削減などにより、下記のような申し込み方法を取るようにな
り、電報の配達自体は民間に委託している。
::ウイキより::

便箋をダウンロード 楽しい手紙を
P R