命の大切さ 

2008年05月23日(金) 23時02分
今日、大切な大切な家の家族の鳥がいなくなりました。すごくすごく大切に育てていたのに、家族みんな一生懸命、たくさんの愛情をそそいでいました。でも…いなくなりました。
これをきっかけに、これを読んでいる皆さんにも、命の大切さ、大切な大切な人・ペットがいなくなった辛さ…を分かってもらいたいと思いこのブログを書きました。

あなたは、大切な人やペットを失ったことがありますか?
動物だからどうでもいい。そんなことは決して思わないでください。人間と動物には決して差はないのです。動物だから…そんな考えは本当に、大切にしている人にとってはすごく、いやな考えです。
そう思ってしまっていた人は、これを期に考えを改めてください。
想像してみてください。あなたは、わずか、5aほどの小鳥です。もともとペットはペットショップで売っていました。あなたを、一つの家族が、買って家にあなたをもちかえりました。その家族の人はあなたを人間の家族のようにたくさん愛情をそそいでくれました。そして1年間、あなたは、とっても幸せな毎日を送りました。しかし、ひょっとしたことで、窓を閉め忘れていました。そして、あなたは、狭いところを抜け出して、大空へ飛び立ちたいと言う気持ちでいっぱいでした。本当は、かごの中にいなければいけないけど、やっぱり、飛び立ちたいと言う気持ちが強く、あなたは、その隙間から、飛び立ってしまいました。その時、時間は、午後五時。暗くなりそうな時間です。しかし、あなたは、外へでたこともないので、帰りかたをわすれました。辺りはすっかり暗くなり、小鳥のあなたには不利な、夜がやって来ました。そしてあなたは、どうしますか…?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:siomieiji
読者になる
2008年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる