大手銀8グループ:黒字確保 

2010年02月08日(月) 22時49分
大手銀行8グループの09年4〜12月期連結決算が8日出そろった。債券売買などの市場関連収益が堅調だったのに加え、株式市場も安定していたことから、最終(当期)損益は全8グループが黒字を確保した。ただ、不良債権処理費用は高止まりしており、10年3月期の最終利益予想は6グループが据え置いた。

 同日に決算発表した三井住友フィナンシャルグループ(FG)の最終損益は、前年同期から約3倍の2478億円。日興コーディアル証券の買収による収益上乗せや三洋電機株式の売却益などで、3メガバンクでは最高だった。

 8グループの最終利益の合計は8207億円で、リーマン・ショック後の金融商品急落で巨額の損失処理を迫られた前年同期の赤字64億円から改善した。本業のもうけを示す業務純益(傘下銀行合算ベース)は、8グループの合計が2兆2733億円と前年同期比5.2%増加した。ただ、最終利益は2年前(07年4〜12月期)の約6割にとどまり、収益改善は道半ばだ。

 また、不良債権処理費用は6グループで減少。8グループ計は7688億円と前年同期比27.1%減少したが、引き続き高水準だ。年末の株価が堅調だったため、3メガバンクの株式減損処理合計は前年同期の約8800億円から約1600億円に縮小。日本航空株の損失処理の影響は限定的と見られる。

毎日新聞

これって貸し渋りってことなんじゃないの。

日航提携で89億円の増収効果も 

2009年11月17日(火) 17時14分
【ニューヨーク共同】米航空2位アメリカン航空で提携戦略を担当するケンジ・ハシモト副社長は16日、共同通信の電話インタビューに応じ、日本航空が現在加わっている航空連合「ワンワールド」にとどまり、アメリカンと提携を強化すれば「年1億ドル(約89億円)規模の増収効果が期待できる」と述べた。

 日航に対し、競合する航空連合「スカイチーム」への移籍を働き掛けているとされる米デルタ航空をけん制した。

 副社長は、ワンワールドが現在でも「年間4億〜5億ドルの売上高を日航にもたらしている」と説明。さらに日米両国が航空自由化(オープンスカイ)協定を締結すれば、アメリカンと日航両社の提携強化を通じて業績を伸ばせるとした。資本提携も検討、米大手投資ファンドのTPGが加わる用意があることも明らかにした。

 一方、移籍には時間がかかる上、5億ドルのコスト負担が生じるとマイナス面を強調。デルタと提携すれば、日米路線で市場占有率(シェア)が高くなり過ぎるため、独禁法違反の問題が浮上すると警告した。

共同通信

神様ってどこかにはいるものだね。

元阪神の中込氏 

2009年11月03日(火) 1時19分
台湾プロ野球リーグの八百長事件について台湾の検察当局は2日、プロ野球元阪神投手で、台湾の兄弟の監督を務めていた中込伸氏を事情聴取した。同氏は球団から事件の責任を問われて解雇され、台北郊外の空港から日本に向けて出発しようとしたところ、当局に連行された。当局は事件に関与していた疑いが強いとして、出境禁止処分にしていた。

 中込氏は空港で地元テレビに「びっくりしている。これから聴取を受ける」と話し、当局者とともに警察車両に乗り込んだ。中込氏は事件関与を否認しているが、同氏が監督だった兄弟では多くの選手が事件に関与していたと報じられている。

 台湾プロ野球を舞台にした八百長事件については、選手5人が関与を認めており、当局はさらに捜査を進める方針。台湾社会では今年設立20年を迎えたプロ野球リーグの存続を不安視する声が高まっている。リーグ関係者は事件捜査が一段落してから、今後について協議することを決めた。

 台湾プロ野球では、これまでにも暴力団絡みの八百長事件が発覚しており、昨年は球団が解散する事態となっている。 (共同)

スポニチ

八百長ってどこの国にもあるんだね。

日医会長選出馬を正式表明 

2009年10月19日(月) 21時55分
茨城県医師会の原中勝征会長は19日、水戸市内で記者会見し、来年4月の日本医師会(日医)の会長選挙に立候補することを正式に表明した。

 日医会長選は、これまで自公政権との協調路線を取り、3選を目指す意向を既に表明している唐沢祥人現会長と、親民主党への路線転換を求める原中氏による対決の構図となりそうだ。

 原中氏は会見で「国民の医療、介護、福祉を考えた時、医師会は政府と一緒に行動しなければならない」と述べ、今後は鳩山政権との連携を深めていくべきだとの考えを示した。

 原中氏は「衆院選でも自民党は本当に医療制度を大切に考えてくれたのか」と強調。唐沢氏ら医師会の現執行部について「今日までいろんな意見を言っても認められなかった」と批判した。

 唐沢氏には民主党への提言ルートがないと指摘した上で「私が、その窓口となることが良いと思い立候補することにした」と述べた。

 日医の政治団体「日本医師連盟」は従来、自民党の有力な支持団体だった。これに対し原中氏が率いる茨城県医師連盟は、昨年4月にスタートした後期高齢者医療制度への批判を強めた。原中氏らは自民党を離党し、県医師会は今年8月の衆院選で民主党候補を推薦した。

朝日新聞

医師会も選挙があるんだね。

バグダッドに迫撃弾、滞在中の米副大統領ヒヤリ 

2009年09月23日(水) 14時52分
AFP通信などによると、イラクの首都バグダッドで15日、中心部の旧米軍管理区域(グリーンゾーン)に迫撃弾4発が撃ち込まれ、市民2人が死亡、5人が負傷した。


 同日、予告なしにイラク入りしたバイデン米副大統領がバグダッドに滞在中だったが、無事だという。

 フセイン政権時代の支配政党だった旧バース党に近い「ムジャヒディン(聖戦士)軍」と名乗る武装組織が16日、犯行声明を出した。

読売新聞

ヒヤリとすることって一生のうちに何回あるんだろう。

卵子の幹細胞移植し不妊マウスの出産成功 

2009年04月13日(月) 15時48分
 卵子の数は、哺乳(ほにゅう)類では生まれた時から増えることはない――そんな定説を覆す研究成果を中国のチームが発表した。マウスの卵巣から卵子のもとの幹細胞をとり、不妊マウスに移植して子どもをつくることに成功した。新たな不妊治療技術などにつながる可能性がある。12日付の英科学誌ネイチャー・セル・バイオロジー電子版に発表した。

 上海交通大のチームは、おとなのマウスの卵巣で、生殖細胞を赤色、分裂中の細胞を緑色に染色。両方の色に染まった卵子の幹細胞とみられる細胞を、まず分離した。

 この細胞を増殖させ、特殊な蛍光をだすように遺伝子操作した上で、不妊マウスの卵巣に移植したら、8割のマウスが健康な子どもを産んだ。子どもが蛍光を出し、移植した細胞からうまれたことが確認できたという。

 哺乳類は出生前に卵子の増殖を終え、出生後の卵巣に幹細胞は存在しないというのが、長く定説だった。米国の研究者が04年、出生後のマウスの卵巣から卵子の幹細胞を見つけたと発表したが、分離できず、本当に幹細胞だったのか、論争が続いていた。

 理化学研究所の小倉淳郎・遺伝工学基盤技術室長は「分離した細胞が幹細胞なのか、ほかの研究者が検証し、再現性が確認されれば、論争に決着をつけるすばらしい成果になる。加齢で卵子の質が低下した女性の不妊治療や質の高い家畜生産など、生殖医療や畜産業に大きな影響を与える」と話す。(林義則)

asahi.com

細胞の研究もここまで来たか…。

舘ひろしが東京湾岸署1日署長で制服姿 

2009年04月06日(月) 15時47分
舘ひろし(59)が4日、東京湾岸署の1日署長を務め、東京・台場で交通安全パレードを行った。制服姿に身を固めてオープンカーに乗り込み、沿道の見物客からの声援に手を振って応えた。俳優として刑事役はお手のものだが「こういうのはやっぱり照れるね」と苦笑いしていた。パレード後のセレモニーでは「交差点では信号が青でも(歩行者は)1度止まって周囲を確認してから渡りましょう」と安全意識の大切さを訴えた。所属する石原プロモーションの後輩俳優たちとアルコールを楽しむ機会もあるが「必ず1人はお酒を飲まないように指示しておき、ドライバーを務めてもらうようにしています」と話した。

日刊スポーツ

とっても制服が似合いそうなんですけど。

「裁判員」の広報DVD 

2009年03月24日(火) 22時35分
森法相は24日午前の閣議後記者会見で、5月の裁判員制度開始を前に、法務省が25日から、全国のレンタルビデオ店約5000店で、同省が製作した制度の広報用DVD2本を無料で貸し出すことを明らかにした。


 DVDは、俳優の中村雅俊さんらが出演する実写版の「裁判員制度〜もしもあなたが選ばれたら〜」(58分)と、人気漫画を基に作成したアニメ版「総務部総務課山口六平太 裁判員プロジェクトはじめます!」(23分)の2本。

 同省では、各店舗にそれぞれ3本程度置き、7泊8日の無料レンタルができるようにする予定。

読売新聞

良い案だと思うけど、きちんとしたものを作成してほしいね。

業務用小麦粉3年ぶり値下げへ  

2009年03月16日(月) 21時18分
 製粉最大手の日清製粉は16日、業務用小麦粉の卸売価格を5月11日出荷分から値下げすると発表した。政府の小麦売り渡し価格が4月から14.8%値下げされることを受けたもので、値下げは06年3月以来約3年ぶり。ほかの製粉会社も追随する見通しで、パンやめん類の値下げにつながりそうだ。

 パンや中華めんに使われる強力系小麦粉は、税抜きで25キロあたり365円、うどんやケーキに使われる中力系・薄力系小麦粉は同235円の値下げになる。

 同社は値下げ率を公開していないが、農林水産省が公表している平均的な取引価格調査(09年1月)から試算すると、それぞれ約8%、6%程度の値下げとなる見込み。昨年春ごろの価格水準になるとみられる。

 製粉大手の日本製粉(本社・東京)や昭和産業(同)も近く値下げを公表する方針だという。

asahi.com

カップラーメンも下がるかな。

西武・栗山:「WBC組」が刺激!“22の10” 

2009年03月09日(月) 15時01分
 【西武1−7オリックス】準備万端整った。西武・栗山はシーズン開幕を待ちきれない様子だ。昨季、片岡と並んでリーグ最多の167安打を放った男は「スイングが切れている感じ。もういつでもシーズンに入っていける。あしたシーズンが開幕してもいいくらいです」と自信を持って言い切った。

 4回のチーム初安打は右越えにもかかわらず単打となってしまうほど痛烈な打球だった。8回は左越え二塁打。WBCアジア各国代表との強化試合を含む6試合で22打数10安打で打率・455。チームメートで2次ラウンド進出を決めたWBC日本代表の中島、片岡に刺激を受ける栗山の勢いは止まらない。

 今キャンプで「右方向に強い打球を打つ」ことをテーマにバットを振り込み、スイングスピードアップに努めた。長打が打てる“脅威の2番打者”に渡辺監督は「凡打した打席も内容が良かった。いい仕上がりだね」と成長に目を細める。「もう一度レギュラーを取るつもりでやる」とどこまでもどん欲な栗山。その姿勢が連覇を狙うチームの原動力になっている。

 ≪木村猛反省の7失点≫西武3年目右腕の木村が先発して4回2/3を7失点と打ち込まれた。最速151キロをマークしたが、失策も絡んだ初回に3失点。5回2死三塁で後藤の打球が右かかとを直撃して降板した。大事には至らなかったが「課題は変化球。投げる時に腕が緩むので直していきたい」と反省しきり。“ナベQ2世”に渡辺監督は「そろそろ上のレベルを求めていってほしい」と開幕1軍に向けて注文を付けていた。(スポニチ)

毎日新聞

WBCが日本野球を活気付けてほしいね。
2010年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28