【 更新情報 】

スポンサードリンク

シンスプリントの原因と症状

シンスプリント、それはスポーツ障害の一つで、主に陸上競技などの走ることの多いスポーツ選手に表れやすい障害です。

この症状が起こりやすいのは、部活になどに入りたてのころや、大会の時期など、普段慣れていない場所の運動や、体を酷使した運動を続けていいる途中や運動したあとに起こり、症状として起こるのはふくらはぎのうち側が痛み、それが長時間にわたって持続します。

飛び跳ねたり、走り続けることにより足の骨が衝撃を受け続け、その負荷が長時間にわたって続き、筋肉の酷使が限界に達して炎症を起こすことがシンスプリントの発症の原因となっているようです。

シンスプリントの症状が軽いうちは日常生活を送っているうちは大して気になりませんが、運動時に炎症部分が傷むようになります。

その症状を気にせずに運動を続けて場合、症状がさらにい悪化してしまい、日々の生活での些細な行動でも痛みが走るようになってしまいます。

そのため、このような症状が現れた場合はすぐに運動をやめ、テーピングなどの応急処置を行ったり、病院で治療を受けることをオススメします。
P R