中学校給食が来年の秋に 

2008年12月20日(土) 19時41分
 来年の秋に中学校給食が実施される見通しです。えー!、ホントですか。中学校給食の署名をしてくれた若いお母さんから「こんなに早く実現の見通しがつくとは思っていなかったので、ほんとうにうれしい」と、喜ばれました。
 12月4日に開催された町議会本会議で山田町長は、中学校給食実施について「弁当併用によるデリバリー方式とした、来年、秋の実施をめざしてまいりたい」と答えました。 日本共産党の井上博明議員の一般質問に答えたものです。
 署名をしてくれたみなさんと共産党との共同で、中学校給食実現に大きく一歩を踏み出しました。

9月議会報告B 

2008年09月23日(火) 19時21分
 食育教育の基本を堅持し実施方式の検討を・・・

 井上議員「これを具体化(給食実施方式)する中で、外してはいけない部分がある。町の栄養士が献立をつくる。食材の購入は行政が行う。食缶による配膳など集団でする事が食育教育につながる。最低でも、ここは外さないで実施方式を検討する必要がある」
 町長「基本的には、町の栄養士が献立を作成する。ここは外せません。これを基本に色々と実施方法を模索している」
 井上議員「『生きた教材』として、食育を進める上から、その実施方法を外さないと基本は堅持していただきたい」

9月議会報告A 

2008年09月17日(水) 21時52分
 庁内中学校給食検討委員会での検討内容は?
 井上議員「庁内検討委員会での具体的な検討内容を伺う」
 副町長 「具体的な検討内容でありますが、給食方式・センター方式・デリバリ方式、そして、そのセンターの場所・施設面積・敷地面積・財源を含めた整備費。運営方法と運営費用の検討。配送される給食を入れる各学校施設での配膳室、校内で生徒が持ち運びする為の安全対策として、エレベーター・ダムウエタ―の設置方法と場所の調査。さらに、給食方式別の先進自治体と学校施設の視察。デリバリ方式で、すでに給食を実施している業者数社から説明を受けるなど詳細について検討している」
 井上議員「検討委員会での取りまとめ、結論はいつ出すのか」
 町長   「副町長から情況を説明を致させました。早期に方向性を見いだしたいと考えている」

9月議会報告@ 

2008年09月14日(日) 18時40分
中学校給食導入に向けた手順は?
 井上議員「従前から要請しています中学校給食導入。導入に向けた手順について伺います」
 町長「庁内検討委員会を設置し、先進地施設(町田市・厚木市)の視察や学校現場の調査をかさね、公設民営方式での共同調理場による『食缶方式』をはじめ、デリバリ方式の民設民営による食缶弁当方式、選択性弁当方式など幅広く研究を行っている。(中略)できるだけ早い時期に、本町にあった中学校給食の方策(実施方式)について、見いだしてまいりたい」

井上議員質問内容@ 

2008年08月22日(金) 20時26分
 9月議会が2日から開催されます。井上博明議員の質問は3日(水)午後1時から行います。質問内容をお知らせします。
 《1》学校給食法に基づき中学校給食の導入を 
 平成19年6月に学校給食法が改正された。改正内容では、学校給食が持つ食育を推進するうえからも教育的意義をより明確化し、学校給食実施基準を法体系にきちんと位置付け、地場農産物の活用、地域の系統的な食文化料理などを法的に位置付けられました。そこで次の2点を伺います。
 @法改正を受け、今後の学校給食の取り組みついて。
 A6月議会で町長は「中学校給食を生きた教材として活用することの必要性などを総合的に考え、給食導入に前向きに取り組む必要がある」と答弁されましたが、給食導入に向けどのような手順・計画を持って行うのか伺います

外出送迎支援事業の早期実施を 

2008年06月22日(日) 7時02分
 愛川町でも高齢者の増加に伴い、在宅で介護を受けている方や障がい者の方などで、一般交通機関や町内循環バスを利用することが困難な方が増えています。自宅と病院、福祉施設・公共施設などの間を送迎する外出送迎支援事業への強い要望が寄せられています。
 外出送迎支援事業については、これまで町内のNPO法人「楽生」さんが行なっていましたが、今年3月で同事業を停止されています。
 3月議会一般質問で井上博明議員は「この事業が再開できるように」と、町に強く要請してきました。
 井上議員は、6月議会一般質問で改めて「3月以降の町と『楽生』さんとの協議、事業再開は」と、この間の町の対応をただしました。
 これに対し、山田町長は「NPO法人としての事業継続はできない」「この事業を担っていただける方の確保に努めてまいりたい」と答えました。
 井上議員は再質問で「町社会福祉協議会で担っていただけないか、仮に担っていただけない場合は、町が行なうべきではないか」と、町の対応を求めました。これに対し、町は「担い手確保に努めたい」との答弁にとどまりました。
 井上議員は、千葉県の酒々井町、兵庫県の佐用町が行なっている外出支援事業を紹介し、外出支援事業の早期実施を重ねて町長に要請しました。

中学校給食導入へ 

2008年06月07日(土) 21時22分
 6月5日に開催された町議会本会議で山田登美夫町長は、中学校給食導入について「中学校給食を生きた教材として活用することの必要性など総合的に考え、給食導入に前向きに取り組む必要性がある」「給食の実施方法や財政面を含め、なるべく早い時期に結論を出したい」と答え、中学校給食を導入する意向を明らかにしました。
 日本共産党は、昨年9月の町議会選挙で中学校給食導入を公約に掲げ、選挙後、いち早く町長に公約実現を求めて申し入れをしました。
 その他(共産党は13回)毎議会一般質問で取り上げるとともに署名運動も取り組み、昨年11月30日と、今年2月15日に中学校給食導入を求める署名、合計3530人分を山田町長に提出してきました。
 6月議会では共産党の他、議員2名が中学校給食導入についての質問を初めて行ないしました。

子育て支援対策 

2008年05月25日(日) 20時10分
 国は、このままでいくと100年後の人口が4400万人余になってしまうと推計しています。それほど減少のスピードは深刻です。
 愛川町でも少子化が進行しています。子どもを産みやすく育てやすい条件を整えていく事が求められています。
 日本共産党愛川町後援会や党支部・共産党議員団がみなさんとご一緒に取り組んだ小児医療費助成拡大を求める署名。また、議会質問で妊婦検診助成の拡大や放課後児童クラブの「運営委員会」の設置など、子育て支援策を求めてきました。こうした支援策が平成20年度から実施されます。
 【小学校4年生までの医療費無料化は、20年10月から】

党愛川町後援会が第17回総会開催 

2008年03月20日(木) 17時39分
 日本共産党愛川町後援会は3月16日、第17回総会を開催しました。総会では諏訪部明氏をは代表とする7人の世話人を選出したほか、バーベキューや桃狩りバスツアーなど、今年度の行事計画を確認しました。
 第2部では、酒井亮新地区委員長(写真)が党綱領について熱く語りました。
 その後の懇親会でも交流を深め、参加者からは「若いけど頼もしい」「もっと話を聞きたかった」と好評で、終始なごやかに懇談しました。

愛川中にスプリンクラーが 

2008年03月11日(火) 21時52分
 生徒・PTA・学校関係者から長年要望されていた、愛川中学校校庭にスプリンクラーを設置する予算が、平成20年度予算案に盛り込まれました。
 愛川中学校は、高台にあるため、強い風が吹くたびに校庭の土を舞い上げ、野外での体育授業に支障がでたり、周辺の住宅にも、ほこりによる被害が出ていました。
 このため、生徒・PTAなどが10年前から「校庭にスプリンクラー設置を」と、強い要望が毎年出されていました。
 日本共産党の井上博明議員は、予算審議や議会一般質問で取り上げ、早期設置を強く求めてきました。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:しんしん
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
日本共産党愛川町後援会ニュース、地域の要望や取り組みなどを紹介しています。
2008年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像すかし
» 9月議会報告B (2008年10月20日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» 9月議会報告B (2008年10月12日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 9月議会報告B (2008年10月09日)
アイコン画像をとこ
» 9月議会報告B (2008年10月05日)
アイコン画像マヨネーズ・ラテ
» 9月議会報告B (2008年10月01日)
アイコン画像汁大臣
» 9月議会報告B (2008年09月30日)
アイコン画像チャーリー
» 9月議会報告B (2008年09月29日)
アイコン画像ハム太郎
» 9月議会報告A (2008年09月20日)
アイコン画像えびふりゃー
» 9月議会報告@ (2008年09月15日)
アイコン画像伊藤典雄
» 井上・小林の現有議席確保 (2007年10月06日)
Yapme!一覧
読者になる