【 更新情報 】

スポンサードリンク

審査が甘い消費者金融会社

具体的な審査が甘い消費者金融会社についてです。
審査が甘い消費者金融の大型店を見ていくと、その金利は、プロミスが7.9〜17.8%と一番低いようです。次に金利が低い会社がアコムで12.0〜18.0%、次にレイクで15.0〜18.0%となっています。ポケットバンクでは18.0〜29.0%、日本ファンドでは24.0〜28.8%となっています。

ですが、消費者金融の会社によってそれぞれ融資の限度額は異なってきます。
また、延滞の金利についてはほとんど多くの消費者金融会社で29.2%が最高金利になっています。
支払を延滞しないように気をつけましょう。

プロミスは、全国にあるコンビニや銀行などで提携のATMから利用可能で、アコムでは全国に510もの支店があり提携のATMやローソンにあるロッピーで24時間いつでも返済することができるのです。レイクについては、全国に1038店舗もあり、提携のCDやATMから利用することができます。また、消費者金融会社のほとんどがオンラインでの問い合わせをしたり、申し込みができます。

インターネット上で融資を受けられるので便利ですね。

返済についてですが、返済金額をリボ払いにすると、プロミスでは残高スライド元利定額返済方式になっていて、毎月一定日の支払い日に5万円につき2千円が加算されることになります。アコムについては、定率リボルビング方式で35日スライド約定日の支払日に10万円につき3千円加算されることになります。レイクに関しては、残高スライドリボ払い、元利金等リボ払いで始めの10万円につき5千円、それ以降では10万円以上で4千円加算されることになります。


審査が甘い消費者金融会社のそれぞれの店では時期的にキャンペーンを行ったり、無利息キャッシングを行っているというところもあります。