究極の心理療法「命までとりはしない」と考える!

June 21 [Tue], 2016, 4:49
私も昔から、あがり症で、緊張しやすいです。でもそういう人って、ものすごく多いと思います。

緊張するのは、あたりまえです。

特にたくさんの人の前で話さないといけないとか、何かをしないといけない場所とか、ほんとうに嫌です。

でも嫌でもやらないといけない時が、大人になるとたくさんありますよね。

そんな時は、開き直るしかないです。

周りの人なんてそんなに気にしてみていません。

自分が気にしているほど、そんなに周りは見ていません。

周りは、みんな、かぼちゃや、じゃがいもなど、人じゃないものと思いこんでみるとか、ちょっと古いおまじないですが、手のひらに「人」という字を書いて飲むこむ、を3回繰り返すとか、あと、周りの人に自分は緊張していることを正直に話すとか、最初から恥をかいて、だめな自分を認めてもらうとすごく楽になると思います。

あと、緊張する場面も、何度も繰り返していると次第になれてきます。

なので、何度も何度も緊張するシュチュエーションを繰り返していれば、どんなに緊張しいでも、少しずつ慣れてきます。

日頃から接客業などで、人と話すことをくせづけておくのもよいかもですね。

普段はもの静かな人でも、仕事などで、話さないといけないなどとなると、ちゃんと身体が切り替えて話せるようになるものです。

あと若いときに、あがり症でも、歳をとれば、だんだん人は、ふてぶてしくなっていくものです。

心配しないでたくさん緊張して、たくさん恥をかきましょう。

へんにどうどうとしている人や、緊張している人のほうが、人間らしくて、かわいらしいなぁと、私は思ってしまいますが。

心理療法の効果

March 28 [Mon], 2016, 4:54
今日は心理療法の効果について紹介したいと思います。

実は心理療法の効果を調べていくうちにある事に気付きました。

それは、心理療法は全ての病気を治すことができるかもしれないという事です。

なぜならば、全ての病気は心理的に作られたものだと考えることが出来るからです。

つまり、悪いことをイメージしてるとそのイメージどおりの病気になったりすることは誰でも経験してると思うのですが、その反対もあるからです。

奇跡だという言葉で片付けてしまうことのほうがいいですが、何かの症状をもっている人がその症状が治ったイメージを繰り返し脳にインプットすることで実際に治ったという症例がかなりあります。

これは、一種の心理療法ではないかと私は考えています。

例えばスポーツなどでは実際にイメージトレーニングが練習に取り入れられていますが、病気もこれと同じだと思います。

以前、下半身不随になった人がベットの上でずっと治るイメージをしてると半年間で実際に元の状態に戻ったという話を聞いた時にこれは心理療法と同じだと思いました。

科学的に立証されているのかは分かりませんが、それくらい心理療法は重要な療法だと思います。

これはあくまで私自身の勝手な推測なのでどう思うかは個人で考えてみて下さい。

けど、近い将来こういう事が立証されたらいいですね♪

うつ病も心理療法で治る?

December 26 [Sat], 2015, 8:23
最近どんどん増え続けているうつ病ですが、病院に行くと精神安定剤などの薬を処方されます。

もちろん薬を飲む事でうつ病の症状を抑えることが出来ますが、根本的な改善にはなりません。

また、薬を飲み続けることで余計にうつ病を酷くさせてしまう場合もあります。

誰でも体に害がなく自然にうつ病を改善させたいと思いますが、どうすればいいのでしょうか?

これらの悩みを解決してくれるのが心理療法です。

心理療法は人の心の悩みを解決する為の両方で薬などは服用しません。

その人の根本的な原因を突き止めてその原因を心理的に改善していくため、再発の恐れはなくなり体に害を与えることなく症状を解消させてくれます。

一度でもうつ病になったことがある人なら分かると思いますが、病院に通ってもうつ病が改善されることは少ないです。

私がこれまで独自に調べてきた調査によれば、うつ病を改善された方の8割くらいは心理療法を改善されたというデータがあります。

もちろん心理療法だけではなく、併用して食事や運動などを行ったという人が多かったのですが、この心理療法のおかげで改善出来たと言われた方が非常に多く感じました。

うつ病はあまり人に相談出来ない病気です。

しかし、このように心理療法で改善することが出来るという事を知っていれば、実際に症状が出ても自分で改善していくことが出来ます。

また、もし今うつ病で悩んでる方がいましたら是非心理療法を試してみることをおススメします。

自律神経失調も心理療法で治る?

December 18 [Fri], 2015, 6:08
今日は心理療法が自律神経失調の改善にも効果があるのかを調べてみました。

自律神経失調の原因はストレスだと言われていますが、このストレスは様々な緩和方法があります。

多くの方が実践している方法として、運動をしたり趣味などに没頭したりしてストレス発散をするという方法です。

しかし、それらの方法では一時的にストレスが緩和されたとしてもまた時間が経てば元通りストレスを溜め込んでしまいます。

では、どうやったらストレスを緩和して元に戻らないようにすればいいのでしょうか?

その方法の1つに心理療法があります。

心理療法は、潜在意識(右脳)に働きかけることにより、ストレスを緩和させていくことができます。

ストレスとは脳が感じるものですが、この脳にアプローチすることでストレスを感じにくくさせることが出来るという事です。

脳はあらゆるものをイメージします。

良いイメージの場合は気分が良くなりますが、悪いイメージの場合はストレスになってしまいます。

どちらのイメージも無くすことは出来ませんが、捉え方を変えると悪いイメージでも良いイメージに変換することができます。

つまり、心理療法でストレスを緩和すれば自然と自律神経失調症が解消されれいくという事です。

自律神経失調症で病院に行くと薬を処方されますが、薬は体には良いものとは言えません。

しかし、心理療法だと体に害をもたらすことなく改善することが可能になります。

自律神経失調症で悩んでる方は是非参考にしてみて下さいね♪

心理療法であがり症も改善される

December 15 [Tue], 2015, 7:13
私の友人で極度のあがり症【SAD(社交不安障害)】で悩んでる人がいました。

その方は、病院にもいろいろ通ったみたいですが全然治らず人前に出る事すら嫌になっていました。

そんな極度のあがり症だった友人が今は大勢の前でスピーチする仕事をしています。

つまり、あがり症を改善することが出来たんです。

では、どうやって改善したかというと児島弘樹のあがり症改善プログラムです。

この方法は心理療法であがり症の根本的な原因を改善していきます。

これまでどうやってあがり症を抑えるのかを考えていたのでかなり興味深く感じたみたいです。

実際にプログラムを実践していくとたったの1ヶ月くらいで完全にあがり症が治ったみたいです。

このあがり症改善プログラムを考案した児島弘樹さんは心理カウンセラーで自分自身もあがり症だったのを心理療法で改善されたみたいです。

また、これまで多くのあがり症患者からあがり症を克服させてきた方です。

私も色々あがり症について調べてみたのですが、やはり薬などで症状を抑えるよりもきちんと根本的な原因を改善することが良いと思いました。

また、こういった精神面に根本的な原因がある症状の場合は心理療法が最も適していると思います。

最近心理療法について独自に色々調べているのですが、かなり奥が深いですね。

多くの病気は心理的な原因から発症してしまっているみたいなので、しっかりとケアすることが大切だと改めて思いました。

これからも心理療法についてどんどん調べてこのブログにアップしていきますね!

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みやび
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/sinnriryouhou/index1_0.rdf