【 更新情報 】

スポンサード リンク

ワクチン接種の優先順位

数量限定!セール開催!インフルエンザ対策!N95規格 新ウイルスカットマスク(20枚入り) NIOSH基準クリアー品【快適生活】 国は、「プレパンデミックワクチンは、パンデミックワクチンの供給体制が整うまでの間、国民の生命や最低限度の生活を守るために、緊急的に医療従事者及び社会機能維持者に対して接種する」としています。
その優先順位は以下の通りです。

 政府案によると、カテゴリー1として推定100万人から200万人の感染症指定医療機関や検疫官などの感染リスクの高い医療関係者や、航空会社の搭乗員、船員などの14職種に対しを最優先接種者としています。
また自衛隊、救急消防、保健所や警察などの職員など、直接新型インフルエンザと接していかねばならない職種も含まれます。

 カテゴリー2としては、新型インフルエンザの対策の意思決定を任されている閣僚や首長などの各省庁や自治体の担当者が含まれます。。
また、国会や地方自治体の議員、指定機関以外の医療従事者や介護福祉従事者、ライフライン従事者、医薬品や医療器具の販売をする人達も含まれます。
その他、運輸通信金融、報道関係者や警察官、また火葬、埋葬業者なども含まれており、これらの職種の人たちは、あらゆる社会生活において、必要不可欠な職種ばかりです。
機能が麻痺してストップしてしまうと、生活が立ち行かなくなってしまうような職種が選ばれています。


 しかし、重症化しやすいと言われる若年層、抵抗力の弱い高齢者や幼児等は、優先順位に含まれておらず、検討課題とされています。
ところが、重症化しやすいと言われる若年層とはどういうことかというと、鳥インフルエンザの死亡率は、抵抗力が弱い老人よりも、むしろ普段は病気にかからない丈夫な人、特に10代の世代が60%と高いのだそうです。
これは、過剰免疫反応という、本来はウイルスをやっつけるべき免疫機能の働きが、自分の体をやっつけてしまうという反応のことです。

 6月上旬入荷予定!3箱以上購入で送料無料!新型インフルエンザ対策!3層(三層)サージカルマスク 50枚入【快適生活】また、諸外国では全国民分の薬、マスクといった物の備蓄を準備する動きが早くからみられていたのに対して、日本では準備が遅れていてその備蓄量も十分ではありません。
国としての対策は決して十分とは言えないため、ひとりひとりによる予防や感染の拡大の防止を呼び掛けているような状態です。

各自が、マスク、うがい薬、アルコールジェル空気清浄機、また水、食料といったものを自分で用意しておかなければいけない、ということなのでしょうか。加湿器

快適生活新型インフルエンザの対策商品は
快適生活
からどうぞ!

プレパンデミックワクチン

 皆さんの中で毎年インフルエンザワクチンの摂取をしている方もおられると思います。
その毎年摂取しているワクチンは新型インフルエンザに対して効果があるのでしょうか?

 毎年行われているインフルエンザワクチン接種というのは、新型インフルエンザに対して効果はありません。
なぜかというと、インフルエンザウィルスの種類が違うからです。

 インフルエンザのワクチンというものは、実際にインフルエンザが発生してからでないと、作ることができません。

 新型インフルエンザが発生してからワクチン作っていては間に合わないので、事前に予想してそれに対してワクチンを作りますが、その事前に予想して作るワクチンを、「プレパンデミックワクチン」と言います。
プレパンデミックワクチンは、新型インフルエンザがパンデミックを起こす前に、予防的に接種されるものです。
現在流行中の鳥インフルエンザ(H5N1型)を基に作られています。
ただし、実際に新型インフルエンザが発生しなければその効果を確認することができません。

 新型インフルエンザに対するワクチン「パンデミックワクチン」は、製造に約半年ほどかかります。
新型インフルエンザが発生してから6ヶ月もかかって製造していたのでは間に合わないので、基礎免疫をつける意味で、「プレパンデミックワクチン」を接種すると考えられます。

は、現時点で1000万人分備蓄しているというのが政府発表です。

 その接種に対して、優先順位が決められています。
その優先順位ですが、新型インフルエンザ感染が拡大しても、業務を続けなければならない医療関係者や、電気、ガス、水道等のライフラインに関する方々から接種する、とされています。

 しかし、重症化しやすいと言われる若年層、抵抗力の弱い高齢者や幼児等は、優先順位に含まれていません。

細かい優先順位については、次に述べたいと思います。

厚生労働省ガイドライン

 新型インフルエンザに対する国の対応を調べてみました。
管轄省庁は厚生労働省です。
その厚生労働省では新型インフルエンザが発生した場合に対応するため、新型インフルエンザ対策本部を設置し、「新型インフルエンザ対策ガイドライン」を策定しました。

 新型インフルエンザ対策ガイドラインですが、さまざまなガイドラインから成り立っています。
どういうガイドラインから成り立っているかというとまず、水際で新型インフルエンザを食い止めるための対策である検疫ガイドライン、万が一侵入されたとしても、新型インフルエンザ発見のためのサーベイランスガイドライン。 発生初期に対するガイドラインには、早期対応戦略ガイドラインや積極的疫学調査ガイドライン等があります。
またその他医療に関するガイドラインとして、感染対策、診断検査、ワクチン接種、抗インフルエンザウィルス薬等のガイドラインがあります。
市町村、コミュニティ、個人や一般家庭、事業所や職場に対するものも策定しています。
情報提供、共有のもの、また、犠牲者が出た場合、埋火葬の実施に関するガイドラインまで作っています。

 そしてこれらのガイドラインは、状況、必要に応じて随時更新されていきます。

 早期対応に対しては都道府県の対応としているため、各都道府県においても、独自にガイドラインが作られるようになっています。

 会社等でも独自にガイドラインを作成しているところが多くなってきました。
今後も状況に応じて、ガイドラインの更新がされる必要があります。

 厚生労働省のガイドラインにつきましても、それぞれの対策において、何度も検討を重ねる必要があります。

 ただ、これらの厚生労働省のガイドラインはあくまでも新型インフルエンザの発生、感染はこのようになうであろうという想定の元に策定されているので、現実に起こった場合には、実際策定されたガイドラインが使えるかどうか分かりかねます。
そして、厚生労働省のガイドラインは国の立場として作られていますので、実際は個人の責任に任せるというのが国の考えです。

 結局、最終的には各個人個人で予防していくことになるようですね。-----

発生後の混乱

 もし、日本において、新型インフルエンザが発生した場合、国民の4人に1人が感染する、と言われています。
新型インフルエンザが発生すると、どういったことが起こるのでしょうか?

 国民の4人に1人という割合で感染者が出れば、その多くの感染者により、社会生活が混乱し、麻痺するとも言われています。

学校においては、長期間に及ぶ休校措置となり、会社では、最大4割もの人が欠勤する可能性も指摘されています。

 このように、各会社、職場において多数の欠勤者がでるということは、社会生活に混乱を招くことは明らかでしょう。

 運送業界で人員がいなくなれば物流が滞り、流通がストップするようなことになれば、食料や生活必需品が不足する事態に陥ります。
ライフライン(電気、ガス、水道等)を管理する職場で欠勤者が続出してしまえば最悪の影響を与えるかもしれません。

 医師、看護士といった医療従事者のなかにも、欠勤者が出る可能性があります。
医療機関において人員が足らなくなってしまったところに、そういった病院、医院等に新型インフルエンザにかかってしまった人々が殺到してしまえば、医療機関が円滑に行き渡らなくなるでしょう。

 新型インフルエンザ感染者があちこちに外出することで、感染が広がりさらなる被害の拡大がみられるでしょう。

新型インフルエンザが流行している時には、外出は必要最低限にするようにしましょう。
外出を控えるということは、買い物に行くことも制限されるため、各個人個人が最低2週間分程度の水、食料品をはじめとする、生活必需品等を備えておく必要があります。

 また、国、県、市区町村といった行政からの正確な情報を得て、パニックに陥らないように、冷静に対応しましょう。


 そのために、新型インフルエンザが大流行する以前から、発生してからパニックを起こさないために新型インフルエンザに関する正しい情報を手に入れ、マスク、その他予防、対策に必要なものを入手しておき準備を進めておきましょう。

風邪との違い

数量限定!インフルエンザ対策!N95規格 新ウイルスカットマスク(20枚入り) NIOSH基準クリアー品【快適生活】

 インフルエンザと風邪ってどう違うんでしょう?
新型インフルエンザに限らず、そもそもインフルエンザの症状とはどのような症状が現れるのでしょうか?
インフルエンザなんて単純に風邪がちょっと重くなったくらいのもの、
と思ってましたが違うのでしょうか。

いろいろ調べてみました。
まず、一般的な風邪は、鼻やのどに症状が現れ、
咳、鼻水、くしゃみ、といった症状が主な特徴です。

 それに対し、インフルエンザは、通常の風邪と違い、まず最初に38度から40度ほどの高熱が出ます。
高熱と共に関節痛、筋肉痛、倦怠感などの症状が起こるのも特徴的です。
症状は、2〜3日がピークですが、通常5日ほど続きます。

 気管支炎肺炎を併発する場合もあるので、適切な治療を受け安静に努めなければいけません。
とりわけ一般成人に比べ体力的に劣る高齢者や乳幼児は、
重症化すると脳炎肺炎心不全などを引き起こす場合もあり、大変注意が必要です。

抗インフルエンザ薬の服用は、早ければ早いだけ効果があり、発症後48時間以内の服用が有効であるとされています。
ただし、服用に際し、小児は気をつけなければならない解熱剤もあります。
必ず医師の診察を受け、適切な薬を飲むようにしてください。

また、本人の熱が下がっても周りの人に感染させてしまう危険性があります。

新型インフルエンザが発生した場合、その感染が危惧されます。
インフルエンザ感染を防ぐために、マスクを着用する、うがい、手洗いの徹底といった個人個人でできる可能な限りの予防対策をしましょう。

 室内に空気清浄機、加湿器を置くことで、空気中のウイルスを除去し、死滅させることもできるそうです。

個人が新型インフルエンザについての知識を高めておくことで、
感染者が周りにうつさないように行動することもでき、大流行を食い止めることも可能になります。

できることから対策を始め、さまざまな予防法を行いましょう。

数量限定!インフルエンザ対策!N95規格 新ウイルスカットマスク(20枚入り) NIOSH基準クリアー品【快適生活】
数量限定!インフルエンザ対策!N95規格 新ウイルスカットマスク(20枚入り) NIOSH基準クリアー品

新型インフルエンザとは?

 現在、新型インフルエンザウィルスの感染拡大のニュースが連日報道されておりますが、
新型インフルエンザとはどういったものなのでしょうか。

 新型インフルエンザとはや、最近ではといった動物のウィルスが人に感染し、その動物のウィルスが変異して、人から人へと感染するウィルスになったもののことを呼びます。
そしてその新型インフルエンザの世界的大流行(パンデミック)の可能性が示唆されております。

 東南アジアなどで最近発生している鳥インフルエンザウィルスが、人に感染している事例がいくつか報告されています。
このウィルスは毒性の強いウィルスで、それが変異して新型インフルエンザになるのではないかと言われます。

 新型インフルエンザは、毎年寒くなると流行する一般的なインフルエンザとは表面の抗原性が異なり、約10年から40年位の周期で発生しています。
多数の犠牲者が出た例としては、1918年に発生したスペインインフルエンザにおいては、全世界で4000万人もの人が死亡しました。
最近では、この数十年では発生しておりません。
しかし、この新型インフルエンザウィルスは、近年必ず発生すると言われています。

 新型インフルエンザウィルスは、厄介なことに、未知のウィルスであるため、ほとんどの人は免疫を持っていません。
そのために容易に人から人へ感染して、世界的大流行(パンデミック)を引き起こすのではないか、と言われています。

 また現代は、以前スペインインフルエンザ流行した時代に比べると、はるかに人口も増加し、外国との往来も、飛行機などによる交通手段の発達などにより、多くの人が行きかい、その感染が速い速度で世界中に広がっていくのではないかと危惧されています。
また、世界的大流行(パンデミック)が起これば、交通や電力、各種の社会的機能が麻痺するのではないかと言われております。


新型インフルエンザが発生してから慌てては遅いので、
国や会社でも、その対策が考えられるようになりました。
各個人個人においても、自分たちでできる対策を考えておかねばなりません。

大切な家族を守るためにも、事前に、できることから対策を始めましょう。

  マスクで予防
   ↓  ↓  ↓ 
新型インフルエンザ対策!3層(三層)サージカルマスク 50枚入【快適生活】
 新型インフルエンザ対策!3層(三層)サージカルマスク 50枚入