肌がブツブツとなるのはホルモンとアクネスと油脂との作用が原因

April 24 [Thu], 2014, 18:15
にきび肌になる仕組みを簡略して言えば毛穴へホルモンとニキビ菌と脂肪の影響によってなる皮膚病なんですね。
男性ホルモンの活動によって脂肪分解の酵素の活動が増えて毛包へ油が滞って面ぼうにしてしまいます。
主に中学生に目立つニキビの症状は治療できる現象です。

「にきび」というものはほとんどはティーンエイジャーに特有の症状だったりします。
ケロイドといったただれみたいな毛穴の汚れを取り除くグリコール酸を使ったケミカルピーリングのやり方が処方されます。
コメド解消のやり方の際ピンプリットを処方した治療方法も勧められています。
ですが進行の度合いによって治療法も異なります。
油を分解する分解酵素の分泌が男性ホルモンの活性化から著しくなり、脂肪成分が毛包に貯まりにきびとさせていきます。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ほおニキビの症状を改善
読者になる
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/sinnikibiwadai/index1_0.rdf