新一年生にランドセルをプレゼント〜選び方

February 08 [Mon], 2016, 0:24


「もうすぐ、子供が新一年生、ランドセルの用意をしなくては...。」
「孫が新一年生になるので、ランドセルをプレゼントしたい」


しかし、どんなランドセルを選べばよいか?迷いませんか?


ずばり!ランドセルの選び方のチェックポイントは

@丈夫=壊れにくい=6年間きちんと使える事
A重さ=軽い
B収納力
C価格
D色=子供の好み。      という事です。


「ランドセルなんてどれも同じ、安くて量販タイプで十分」と
プレゼントして、その後、型崩れしたり、もしかしたら、途中で
壊れて、新品のランドセルを買う羽目になるかもしれません。


新品を4,5,6年生頃になってから買うのは小学生にとって
とっても恥ずかしい事。なので、@丈夫である。という点は最低限
抑えなければいけないポイントです。


そして、Dの色はよっぽどの的外れをしない限り、子供の好みを
重視した方が良いです。できれば実際に見てもらって、選ばせた方が◎。


子供が嫌がっているのに、親が祖父母が強引に決めてしまうと、その
ランドセル嫌=小学校 嫌!という図式になってしまうかもしれませんので
ここは慎重になった方が良いかもしれません。


明らかに「その色はダメだろう〜」という色を選択した場合は、
うまく「望ましい色」に誘導する親や祖父母のテクニックが必要かも
しれませんけど...。


ちなみに上記のチェックポイントをバランスよくクリアしているのが
ランドセル専門店オンリースタイルの「ハネっセルランドセル」です。


「ハネっセルランドセル」の大きな特徴は
登山用リュックを製造するスポーツメーカーが開発したランドセル。という事。
身体にかかる負荷は他社に比べて十分の一だそうです。


プロ登山家愛用のザックの構造「二重分散構造」をとりいれたことにより、
背負った時に軽く感じられ、体に負担がかかりにくくなります。
※大きなリュックを担いで楽々山登りできるバックの構造を取り入れている
 という事ですね。


これは近年の「脱ゆとり教育」に伴って、6年間で学習する教材が
増えて、小学生1年生でも「そんなに教科書もっていくの?」っていう
場合に十分対応してくれ、うれしい構造。


そして背負ったまま簡単にランドセルと身体をフィットさせる
ワンタッチの38段階調節ベルトがとっても嬉しく楽ちんです♪


もちろん丈夫で6年間の保証つき、A4ファイルも楽々収納。
夕暮れ、夜でも安心な反射プリントもあるので、学童保育予定のご家庭も
安心ですね。


そんな「ハネっセルランドセル」はまだまだ、うれしい秘密がいっぱいです。
気になる方は下の画像をクリックしてご覧ください。
                   ↓