黒澤久雄で熊谷

February 20 [Sat], 2016, 14:12
いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療にかかる費用は気がかりでしょう。現実には、治療費といっても歯科医院や歯科医によってずいぶん違っています。保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、金額は歯科医院次第です。それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが一般的です。
皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保つというのが多くの意見です。すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長い間自分の歯と同じように使えますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうということを肝に銘じておくべきです。
インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨との親和性が高く身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療を始めるのが普通ですから安全性を確認しながら治療を受けられます。それから、治療後には、メンテナンスを継続することによって長い間、問題なく使うことが可能になります。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのはどんな歯科医にかかるかです。インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで全て歯科医の腕に任されているので大きく違ってくると言うべきです。この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だということを理解してください。歯科医選びに全力を尽くすことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたありふれたケースのインプラント治療も院内感染の可能性は否定できません。治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが命に関わる大事な問題です。院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ上で具体的に示している歯科医院も当然のようになっているので、まずはそこを見てください。
インプラント治療はどのような流れかというと、大きな3つの関門があります。まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れを必要としないと考えてはいけません。特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってまずは口腔内をきれいに保ってください。異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。
失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントが定着しなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
これはインプラント治療が最適、とされるのは周辺の歯に関係なく治療したいと、患者が考えている場合です。例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯だけを根元から再生する治療になります。他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという希望がある方にはインプラント治療を考えた方が良いですね。
これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はまずないと考えてください。見た目からしても、自分の歯のように自然な感じを保てるので他の人に自分から言う必要もないのでもしかしたら義歯かと思われる心配もまずないと思って良いでしょう。義歯だと思われたくない方にはおすすめしたい治療法です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Haruka
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sinfndt5rtkiel/index1_0.rdf