スポーツで身長を伸ばす 

2014年12月13日(土) 15時24分
運動をすると身長が伸びないはウソ

身長を伸ばすためには、運動は欠かせません。
睡眠中だけでなく、運動中にも成長ホルモンがたくさん分泌されるからです。

「スポーツをすると身長が伸びない」というウワサがありますが、正しくは「運動をしすぎて一部の筋肉ばかりに負担がかかると、背が伸びづらくなる」というだけで、スポーツを避けることは健康のためにも絶対に良くないのです。

では、どのようなスポーツがよがより身長を伸ばすのでしょうか?

ひとことで言えば、“骨を縦方向に刺激できる運動”です。バレーボールをする子供

・バスケットボール
・バレーボール
・ジョギング
・なわとび
・ダンス

つまり、よくジャンプする運動がベストということ。
垂直方向に適度な刺激を与えると、骨はその刺激に耐えられるように成長するからだそうです。

ただし、「背が伸びるから〜をしなさい」と子供に押しつけるのは逆効果。やりたくもないスポーツをさせられるとストレスがたまって、成長ホルモンの分泌にも悪影響をおよぼしてしまうからです。

身長を伸ばす3要素 

2014年12月13日(土) 14時52分
身長を伸ばす3要素は、栄養 睡眠 運動です。

[深い眠りで分泌する成長ホルモン]

身長を伸ばす上では成長ホルモンの分泌が欠かせません。成長ホルモンは成長作用と、タンパク質合成を促進する作用があり、体の成長、修復、疲労回復に重要なホルモンです。

この成長ホルモンは、寝付いてから2時間位までの一番深い眠りの時に大量に分泌されますが、生活習慣が乱れ、睡眠が浅くなってしまうと分泌されにくくなってしまいます。成長ホルモンをしっかりと分泌させるには正しく深い、質の良い睡眠をとる必要があります。

[成長のための運動]

身長の伸びには運動が不可欠です

現代の子供達は、年々運動の時間が減ってきています。

塾での勉強やテレビゲームの普及、遊び場の減少など原因はいろいろとありますが、子供たちには思いっきり体を動かし遊ぶことの楽しさを知って欲しいものです。

また、私達大人も子供が体を動かすことの重要性の認識をもっと深めていくことが大切だと考えます。

子供の成長に対して、運動が与える影響がどんなものなのか考えてみましょう。ここでは、骨、筋肉、内臓に分けて見ていきます。

[身長と栄養の関係]

タンパク質やカルシウム、マグネシウムなどの栄養素は、身長が伸びるためには非常に大切ですが、限られた食品だけで身長が伸びるということはありません。

例えば、たまごはタンパク質を多く含んでいますが、食べ過ぎるとコレステロールがたまります。牛乳はカルシウムが豊富ですが、飲み過ぎると肥満のもとになります。ナッツ類はマグネシウムがたっぷりですが、食べ過ぎると思春期を早めるという説もあります。

偏らないようにいろんな食品からバランスよく栄養をとることが大事なのです。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あき
読者になる
2014年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる