脅威の伸長法 よしだ じゅん 口コミ 感想 レビュー 評価 評判 

June 12 [Thu], 2008, 11:08
詳細はこちら






「22歳で実践しても、実際に背が伸びた」という事実。

もくもくと実践を続けているうちに、
いつのまにか、他の道行く人々よりも頭一つ抜きん出ていました。

別に「ものすごく高い! 長い!」っていうわけではないのですが、
バランスがよくなったように思います(*^^*)←手前味噌で失礼!

過去の「背が低いことを理由にフラれた経験」なんて、今ではもうどうでもよくなってしまいました。
「そんなこともあったっけ?今はありえないけど!」という程度ですね。


今まで、

「背が伸びるのは成長期のあいだだけ」

「どうにもならない、親からの遺伝」

……それが常識だ。

って、誰もが信じていたじゃありませんか?


でも、20歳を過ぎてもまだ背が伸びる方法が、実はあったんです。
30歳を過ぎてからでも、決して不可能ではありません!



詳細はこちら




ここで、身長の基礎知識についてお話ししましょう。
そもそも、背はどうして伸びるのか?

→「骨が伸びる」

軟骨細胞を活性化させるのは、よく聞かれる「成長ホルモン」です。
ですから、この成長ホルモンを大量に、また長期に渡って分泌する必要があります。
子供の背を伸ばすには、「よく眠り、よく食べ、よく遊ぶ」ことです。

「んん?ちょっと待って。牛乳をたくさん飲んだし、ご飯もいっぱい食べた。でも伸びなかったぞ?」

う〜ん残念、

「牛乳=身長」

これが、まずひとつめの迷信だったんです。

骨の主成分は、「●●●●」。
だから、いくら牛乳を飲んでカルシウムを摂っても、たんぱく質を摂っていなければ骨は作れません。

「ご飯をたくさん食べる」…これも効果がありません。
米は炭水化物(糖質)。
残念ながら、骨を生成することにはこれも関係ありません。>_<

つまり、背の高い子供を作るには、
十分な睡眠時間を確保して、●●●の多い食事を与える
ことが重要になります。

昔からよく言われてきた、牛乳や魚という偏った栄養素に頼っちゃいけないのですね。




詳細はこちら




二つ目の迷信は……


ずばり「遺伝」です。

これもまことしやかに囁かれてきたものですね。

たしかに、親の身長は子に遺伝します。
しかしその可能性は、ほんの25%程度といわれています。
ということは、身長はそれ以外の要因で大部分が決定するといえるのではないでしょうか。

●●・●●・●●・●● の不足

遺伝以外に、これらの4大不足要因があなたに影響しているのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:脅威の伸長法 よしだ じゅん 口コミ 感想 レビュー 評価 評判
読者になる
2008年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる