ぐちゃぐちゃな脳内 

April 21 [Sat], 2007, 12:29
この1ヵ月はあっとゆー間だった
入社してすぐに地方へ研修
学生最後の日はじゅんと喧嘩→ラブホ、で仲直り
3回もエチすりゃご機嫌もよくなりますわな
嫌いになってもじゅん単純だからすき
最初の研修先で同期のひとりと仲良くなり
みんな仲良かったけど特にっつーか…他と違った
気付けば毎日隣にいるようになり
やたらリアルなセクハラ、といっても口だけだったけど
本気だったらやばいっしょ、的な内容で
次の研修先に移動する間深い話をして…
一旦週末地元に戻ってじゅんと会って
お泊りで4回、翌々日漫喫で1回エチして
どんだけってかんぢだけどほんと幸せだった
別れ際号泣して…じゅんがだいすきだと思って
頑張って帰ろうって駅行ったら特急券売り切れ
同期に電話したら『俺がなんとかしてやるから待ってろ』
つって…高速バスの手配してくれた
もうその時点で感激だったけどインターまで迎えにきてくれて
どんだけ優しいのって話
帰りの車内でもやたらセクハラな発言ばっかだったけど
それなかったらまじいーやつなのになぁと思う反面
あれ、みんなの前でゆってるだけじゃないの?
ふたりになってもゆうってことは…と、疑問が
あんま深く考えないよーにしたけどちょっと無理があった
翌日新歓がありひとりの先輩から『ふたり付き合ってんの?』と
隣いるだけなんですが…思いつつ、周りからはそう見えるんだ、と
おまけにその人やたら顔近いし体触るし番号聞いてくるし
かっこいいと思ってた人だったけど…なんだかな
それを同期にいったら本気か冗談か心配してくれた
焼き餅的なこともゆわれて…どゆ意味かわかんない
そして最後の夜、荷物を送る為ふたりで車に
『この後どっかいく?』っていわれて、夜の海に
向かう最中もエチしたいみたいな発言ばっかで
本気じゃねーっしょってかんぢで交わしてたんだけど…
海ついて車内で話しててもずっとその調子だったから
リアルなんだなって思って…めっちゃ拒否った
さすがに同期だしお互い恋人いるしわたしは元彼とだってあるし
そゆのあっちもわかってたはずなのに、押されまくって
浮気とかしたことないとかゆって、それは信じるけど
でもなんでわたしで、なんで今なの?って話
確かに同期のことは最初観た時からかっこいいと思ってた
タイプとはまた違うけど見た目ギャル男なバカばっかするやつで
でも優しくてマジメな話もしてくれて一緒いて楽しい
だから少なからずの好意は抱いてた
とかいってもそれとこれは別だからって何度もゆったのに…
受け入れてしまった
2時間以上押されたら無理っしょ
実際行為自体は無に近かったけど、すきじゃない相手だし
後悔した、部屋帰ってから何やってんて自責した
じゅんに電話して声聴いて、なんともいえない気持ちになった
同期は割り切る関係が欲しいってわかってたから
尚更虚しくて…意味があったのかすら不明
こうなるの当然だったはずなのに、ばかすぎる
翌日ちょっとみんなに顔合わせるのきつかったけど
同期が普通だったからわたしも普通にした
仲良しには変わりないからずっと隣にいて、帰りの電車もで
みんないんのになんか昨日の話とかされたし
でもちょっとかわいく思う部分もあるから、まぁいいや
『俺は後悔してないよ』だって、それならよかった
『こんなんしたの初めてでもやもやしてる』なんて昨日はゆってたから
あんだけ自分が誘ってきたくせになんだそりゃー
まぁやつの性格は把握済だからそゆとこも受けとめてあげれるけど
2週間あんだけ近くにいれば無理ないよね
それがふたりのだした答えっつか唯一一致した事
あとは知らない、し、気にしない
でもわたしも後悔はしてない、それは自分が可哀相
夕方からはじゅんと会ってまたラブホ
正直昨日の行為を早く上書きかった部分もあった
それにじゅん4時間も待っててくれたから…愛っしょ
お互いスーツ着たままとかまっぢやばい
またも3回、間お風呂入ってるからじゅんすごいわ
お風呂で後ろ抱っこされながら『だいすき』はキュン死
煙草くわえながらネクタイ締めてる時とかやばすぎ
じゅんの顔がどんぴしゃなんだなとさえ思っちゃった
だからやぱじゅんなんだよなぁ…とか思った、のに
最後の最後で変な空気になって最悪
謝ってくれたけど受け入れられなくて翌日に
まぁそんなの気にしてる暇なく各々配属され、同期ともばらばら
やつとは本社内だから階違うけど朝も顔合わせたし何度か会った
でも昨日まで1日中一緒いたやつがいないってなると淋しい
それを察してくれたのかあがってからご飯誘ってくれた
女性社員数人でランチした時やつは話題にあがりまくってて
なんだか複雑…だとは思いたくなかったけど
実際わたしらが付き合うことはありえないわけだし
ただ、他の人にも手ぇ出したら辛いなって
そんなやつとは思いたくないし
パスタ食べっこしながらいろんな話して、やつが笑う度なんか癒された
会社の疲れは同期じゃなきゃわかんないと思う
結局必要としちゃってんだなぁ
やつの前では素直にいえなくても本心はそう
頭の片隅にいて、ぎゅってされた瞬間は消えない
同期と別れ激疲れの中じゅんの帰りを待つわたし
やっぱほっとけないもん、そう思えたのも同期のおかげだけど
ほんとは元彼と1ヵ月ぶりに会う予定だったのに
まぁそこはいいや、彼は理解してくれてる…と思いたい
結局またじゅんとスーツプレイ屋外編、でした
もう怒ってないしまたごめんねゆわれてわたしも謝ったし
スーツ着るの暫くないからさせてあげた
しかもストッキングも破らせてあげちった
ちょー楽しんで興奮しててまぢウケるし
わたしもやばかったけど…相変わらずアブノーマルなふたりだなっと
こんな調子がいつまでも続けばいいのにな
じゅんはそんな簡単な子じゃないのわかってるから、逃げ道を求めちゃう

インフルエンザ 

March 28 [Wed], 2007, 20:35
学生最後にやってしまった…
恐らく土曜のライウ゛でもらったかと
3万人いりゃー全然ありえる
おかげで約束は全部キャンセル
当日、地元仲間が企画してくれた飲み
明日のバイト先送別会も…自分の為のなのに…
何よりじゅんとの約束がだめになったことが悲しすぎる
今日は久しぶりにうちでまったりする予定だった
明日はお出かけして一緒に送別会行く予定で…
二日ともじゅんがわたしのこと考えてあけてくれてたのに
なんかもう自分がいやでじゅんに何ゆわれてもしょうがなくて
案の定伝えたら叱られまくり…“あれほど無理すんなゆったじゃん”
最近のタイトなスケジュールをいつも指摘されてて
絶対体調崩すからってゆわれてて、結果これで
更には“もー全部俺のゆうこと聞いてろ”だって
ちとときめいてしまったり…
今まであんま叱られたりとかなかったからかも
年下のくせにやたら説教臭いけど、なんか嬉しいってか
こゆ時ばっかSとMが入れ替わるとかね
まぁでもわたし以上に2日の為に頑張ったじゅんが悲しいよな…
必死に抑えようとしてくれたみたいだけど、やっぱ無理で
当然だから聞き入れるしかなかった
夜、元彼にも電話で話した
そしたら真っ先に心配の言葉と“俺行こうか?”って
もちろん移るからって断ったけど…やっぱ優しい
じゅんも優しくないわけじゃないけど、叱る言葉のが多いし
とはいえ今会いたいと思うのはじゅんなんだけど
どんなに優しくしてくれなくても、厳しいことゆわれても
なんでか頭ん中にいて求めてんの
今日だってほんとならここにじゅんがいてエチして、いっぱい笑ってた
そう思ったら悲しくて悔しくて涙が出た…
100%自分のせいだけどこのキモチの行き場がなくて苦しい
しかも薬のせいか、この先の考えがよからぬ方向に
あれだけ決めてた答えを変えようとしてる
第一入社半年で結婚は常識的に考えて…ないかな
なら今までどーりうまいことふたりとやってったらいい
…なんてことまで考えてしまった
結局じゅんがすきで離れられるはずがないから
早く会いたいな、じゃなきゃ不安で潰れそう

ライウ゛から一夜明けて 

March 26 [Mon], 2007, 1:36
興奮冷めやらず…いっぱい寝たけど疲れとれないし
じゅんも朝方メルきてからついさっきまで寝てたみたい
久々にちゃんと寝れてよかった
2.3日寝れないのが普通になってるみたいで…
本気で精神病てか自律神経失調症かと疑う
手の汗とかひどいし、本人にいったのにいまいち理解してくんなくて
本人が気付かない限り、意識してくれない限りは治らない
寝れなくて万全じゃないのはわたしにも影響あんのに…
なんとか受けとめてくれないかなとか思う今日この頃
でも今日は1日昨日のライウ゛とじゅんのこと考えてた
みんなのレポ読みながら飛んだ記憶を繋ぎ合わせて…
この曲ん時じゅんがぎゅーしてくれたな、とか
一緒に歌ってジャンプして…めっちゃ楽しかったな、とか
もう思い出せば出すほど興奮しちゃって
あの空間がなんだか夢をみていたようで…
でもほとんど記憶なかったのに、やっぱり最後の曲だけは鮮明
イントロから涙が止まらなくて、1番すきなフレーズが歌われる度号泣して…
それに気付いてたのか、じゅんも強く抱き締めてくれて
だからほんと不思議なくらいあの瞬間観た光景
じゅんに抱き締められた感覚は、覚えてる
ちょうどさっきテレビからだいすきなバラードが流れて
レポ読みながらその曲聴いたおかげでまたも号泣
じゅんのこと考えれば考えるほどすきってキモチが強くなって
こんなんで来月末に別れて元彼とやり直して秋に結婚…
なにそれ全然考えらんない
また数日後、いや明日には言い合いになるかもしれない
じゅんはきまぐれだから…まったく安定なんかするはずないし
でもきっとすきでいてくれるから、また受け入れちゃうと思う
結局今のわたしの心ん中を埋めてくれるのはじゅん
“ゆかたんゆかたん”って甘えてくれるだけで喜べる
これって周りがみえてない、んだけど…
ばかになってもいいんじゃないかって気がする
元彼を大切にしたいには変わりないけど、それ以上に強い想いがあるから
じゅんがいっぱい笑ってくれるように頑張る
それがわたしの何よりの幸せだ、と

すきすぎて苦しい 

March 25 [Sun], 2007, 14:14
金曜日、今までで1番苦しい夜だった…
前日卒業式でじゅんもきてくれてすごく幸せだった
のに、夜メルで喧嘩吹っかけられて翌朝までつづいて
その日23日は4ヵ月記念日なのに…会わない、し、1日放置
バイト先女の子飲みがあったけど、それを早く切り上げてじゅんとこへ
そもそも記念日なのに飲み行くことが気にいらなかったらしいし
まだ23日中だったから、って思って行くっつったのに最初は拒否られて
でもしつこく言い続けたら許可がでて、行った
煙草吸いながら歩いてきたから、その時点で怒りメーターは最頂点
ちとでも謝罪の言葉があればすぐやめようと思ってたのに…
それどころか内容は飛んでるけど、ひどい言われようで
とか、なにも話す気ねーから早く帰れってゆわれて突き放されたり
最後のきっかけはなんかすごいショックであまりにひどかった…
一気に飲んだ酒のせいもあってかまぢで記憶が飛んでる
でも今までで1番辛かったと思う
だから思い出そうとしても頭痛くなって、出てこないんかな…
ずっと帰るの我慢してたけど、瞬間限界きて号泣してその場を後にした
角まがったらへんで“つか何帰ってんの”ってじゅんが後ろから
追っ掛けてくるなんて全く思ってなかったからびっくり
と同時に全身の力が抜けてリアルに歩けなくなって…その場に座っちゃった
もう無理とか思ってたのに、お姫さま抱っこされて物陰に連れてかれた
それにもびっくりで…夜中とはいえ車どおり激しかったのに
しばらくじゅんの腕ん中で泣いて、じゅんもしんどそうで
丸4日寝てないとかで…なのにそこまでの行動をとってくれた
驚いた以上に嬉しかったんだと思う
けどなんでかわたしの心は空っぽでなんも考えられず、感じずで
しばらくして飲みもの買い行って戻ってきてしゃがんでたら
後ろからぎゅーされて…いろいろゆわれた
ちっさい声でゆうからあんま聞き取れなかったけど
“すげーすきなんだよ…ちと本気になりすぎちったな”
ってゆわれたのだけは聞こえた
なんかさっきと真逆のことゆわれて頭ん中パンクしそうで…
その後もずっといろんなことゆわれて、朝6時まで6時間外で話してた
そんなんもういつものことだけど、やっぱり辛い
でもじゅんが本音を話してくれるのは嬉しい
だからちゃんと受けとめて応えてあげたい
でも…あまりにもじゅんが抱えてるものおおきすぎて
正直わたしには無理なのかなって思った
思いたくないけど、帰ろうとしたのは事実だし
じゅんにもそうゆわれて…ますます自信喪失
でもまだ負けたくない、まだ頑張りたい
あと1ヵ月の中でどこまでやれるか確かめたい
“こんなんなって、後々やっぱ無理っていわれたらむかつく”
そうゆわれて痛かったけど…そんなの、どうなん
とにかくその日あるライウ゛に連れていきたくて無理矢理帰した
ほんとしんどい夜だったな…
なのに朝日が綺麗すぎるくらい眩しくてむかついた

ライウ゛の為昼過ぎにまた待ち合わせして…すごいぎこちなくて
やっぱ無理かなぁて思ってしまった
きっとじゅんも辛かったと思う
電車乗って1時間くらいは全然喋れなかったし…
でも乗り換えの時ぎこちなさは残るものの、自然と手ぇ繋いで
だんだん普通に喋れるようになって、会場着く頃には元通り
じゅんが笑ってくれる度幸せだった
ライウ゛始まってからも繋いだ手を離すことなく
終始じゅんがわたしを守る為に後ろ抱っこしてくれてて
時折強くぎゅーしてくれて…それが嬉しすぎた
ふたりが半年前仲良くなったきっかけのバンドのライウ゛だったから
一緒に聴いた曲とかいっぱいやってくれて
最後の曲で…じゅんのこと考えて号泣した
後からじゅんもおんなじだったことを知って、すごい嬉しかった
だから何度も何度も強く抱き締めてくれたんだね
またあのバンドに救われたね、って
ほんと一緒に行けてよかった
あっとゆー間に時間は過ぎて、帰途はずっと笑ってて
うちに着いてぎゅーちゅーしてたらいつも同様盛り上がって
2日連続お姫さま抱っこで持ってかれた
“なにするの?”の問いに、ちゅーして“えっちすんの”だって
なにこいつ…ばかだけどかわいすぎるからっ
宣言どーりまたも外で、10日ぶりに
終わってからもずっとぎゅーちゅーしてくれて
胸が苦しくなるくらいすきを感じた
すきってゆってくれて…じゅんにゆわれるすきは格別だ、と
こんなすきでしょうがなくなる相手はじゅんだけだよ
記念日に渡せなかった手紙も渡したら“なにおまえー”って、あの声で
またすきってゆってくれて、なんかもう…幸せすぎる
ごめんねもゆわれたけど、そんなんとっくにどっかいっちゃってた
朝方きた1800字のメルにも愛がいっぱいで
ちょっと考え変わるかもしれない程の内容だった
じゅんには適わないや…離れるなんて無理
もう少し様子みて、答えだすの焦ることないかもしれない

あがったりさがったり 

March 23 [Fri], 2007, 12:16
20日、グアム行ってたから4日ぶりにじゅんと
パフェ食べつつお喋りして、楽しくって
やっぱりじゅんは顔観るだけで元気になれる
すげー存在だなって実感した
うちの前着いてすぐぎゅーってしてくれて
幸せを感じたんだけど・・・どうしても気になって
聞かなきゃよかったって後々思ったけど
じゅんが一体どう考えてるのか、聞いた
いつもわたしを困らせてばっかいるのは
わたしのことを試しているのか・・・
前にそういうやり方もするってゆってて
女みたいだけど、でもそれもじゅんだし
って受け入れてはみたんだけど
やっぱりそんなの辛いし、悲しい
そしたらそっから案の定不穏な空気が・・・
最初はぎゅーしながら話してくれてたのに
離されて、暴言の数々
本人が意識してるのかしてないのか
ほんとにじゅんの言い方はきつい
思わずこっちがキレ返しちゃうくらい
抑えようとしても無理になるレベル・・・
我慢してたけど泣いちゃったし
もう無理かなって一瞬思っちゃったし
まぁ実際今離れるなんて無理だけど
だけどそろそろ疲れたなぁって思って
この辺でぎゅーしとくかって考えた瞬間
じゅんから身体引っ張ってくれた
強く抱きしめてくれて・・・安心した
そしたら耳元で”ごめんね、ありがとう”
ってゆってくれたもんだから、号泣
だけど、今度は嬉し涙
じゅんのその言葉で全部報われる
どんなにきついこといわれたって忘れられる
それじゃいけないのかもしれないけど・・・
本当にこいつのことすきなんだなって思う
その後は寒いのにしばしその場でいちゃいちゃ
こゆとこうちららしいなーなんて思ったり
帰ってからのメルでじゅんが本音をくれた
じゅんがわたしのことをすきでいてくれて
自分がすきなだけで付き合ってるみたいって
不安に思うとこがあるってこともわかって
そんなふうにまったく思わなかったってか
むしろ自信ありすぎなんだろって思ってたから・・・
すごい意外で、だったらもっと優しくしろー
とか思っちゃったけど、でも素直に嬉しかった
このままじゃだめ・・・ちゃんとわかってる
残された時間が少なすぎるなぁ
ほんとにこれで別れるなんて辛いや・・・

21日、バイト先最後の日
途中からじゅんもきてくれて久々の一緒イン
最近スーツばっかだったからなんか新鮮
でももうこれで一緒に働くのも最後なんだよなぁ・・・
そう思ったら、すごいやだった
そんなこといってらんないのわかってるけど
来月には離れなきゃいけないのもわかってる
でも、じゅんとはこの場で出逢ったから
最初は”なにこのチャラチャラしてる子ー”
とか毛嫌い的な感覚だったんだけど
それいうといつも凹まれるんだけどっ
いつしか仲良くなって、今こうやって一緒にいる
4年も働いて最後の最後にまさか、です
でもほんと出会えて、仲良くなれてよかった
じゅんがいてくれた半年間はあっとゆー間で
寂しいよりも、楽しくて幸せだったって思う
じゅんがいてくれたから頑張れたもん
それは本人にも伝えたんだけど
バイト後、後輩のサプライズに泣かされて
じゅんと一緒に帰った・・・これも最後、の
”もうこうやって帰ることもないんだねー”
なんてじゅんにいわれて、切なくなった
ほんともうこれで最後なんて実感ない
手を繋いでお喋りして、笑いながらゆっくり歩いて
いつもの場所でぎゅーしてちゅーして
”おつかれさま”ってゆってくれて
結局またその場でいちゃいちゃしちゃって
たぶんこういう時間も来月にはなくなる
わたしが社会人になるって、そういうこと
何もかも変わっていくんだろうな・・・
でも、みんな新しいスタートを切るんだから
いつまでも悲しんでたってしょうがない
4年ちょっとで培ったものを生かして
社会人になっても頑張ろ

22日
今度は大学の卒業式
じゅんも就活の合間に来てくれた
袴姿観るなり・・・表情が変わって
なんか耳真っ赤にして照れてくれちゃって
かわいい、ってちゃんとゆってくれた
”こっち向くなー”とかいわれたしっ
そんだけしてくれたら着た甲斐あったな
ちょっとしかいれないのわかってたから
じゅんが昨日プリ撮ろうってゆってくれたから
約束通りプリ撮って、ちょっとご飯食べて
あっとゆー間にじゅんの面接の時間
でも終始優しくって、めっちゃ気遣ってくれて
繋いだ手殆ど離さないでくれて・・・
離れなきゃなのになかなか、でした
しかも何気ホームでバイバイは初めてで
ちゅーしていいのかなって躊躇したけど
一瞬を見計らってちゅーしちゃった
恥ずかしかったなぁ・・・なんだこりゃ
元彼の時てか未だにどこでも出来るけど
じゅん照れ屋だから、ね
でもそんなに幸せだったはずなのに
夜些細なことで怒られた
そっから今朝までまた不穏な・・・もーやだ
昼間あんなに笑って楽しかったから余計
じゅんにいわれたことは全然わかる
明日の記念日にも飲みいくことを指摘された
記念日をそんなに大事に思ってくれてたなんて
全然わかんなかったから、拍子抜け
でもその言い方がまたきつくって・・・
なんでそんなふうにしかいえないのかな
すきな子に対して普通いえないっしょ・・・
記念日毎回会ってきたけど今回は無理かも
多くてあと1回しか迎えられないのに
悲しくて悔しくて、どうしようもない

忘れてたけど・・・元彼とも会ったんだ
友達と飲んでから急な呼び出しにもきてくれた
車で30分もかかるのに、すごい人
しかも閉店間際のお店に駆け込んで
バラの花束を買って、渡してくれた
朝にメルで卒業おめでとうってきて
それだけでも嬉しかったのにこんなの・・・
やっぱり彼は優しいな
酔っ払いのわたしの希望でカラオケに
その後車内でお喋りして、ばいばい
いつも手ぇ出してくるのに今日は違った
”卒業お祝いしたかっただけだから”って
ぎゅーとちゅーはされたけど、珍しい
一緒にいて安心するのは本当に彼だと思う
でもそれだけなんだよなぁ・・・
なんでじゅんなんだろ、よくわかんない

グアム4日間 

March 19 [Mon], 2007, 21:24
車で成田まで…やっぱ車だとか思っちゃった
しかも出発前からおいしいデザート食べさせて貰ったし
荷物も全部持ってくれて移動してくれた
彼とだと楽だしありがたいって心底感じた部分
グアム着いたの深夜だったから即就寝…彼の腕ん中は心地いいな
朝起きてバスツアーで島内観光
恋人岬…恋人じゃないけどちゃんと鐘鳴らしてきた
いつかまた一緒になるんだもん
すごく綺麗な景色を観ながらそんな感覚に
他もいろいろ回って写真撮って〜ってして前半終了
合間に免税店でお買物もした
ウ゛ィトンで念願のショルダー購入、彼はお母さんにウ゛ァウ゛ァンを
自分でも親孝行だっていってたけどほんといい息子だわ
わたしも一緒に選べてよかったな
あとはウ゛ィウ゛ィアンでもお揃いのストラップを
結局付き合ってなくたっておんなじ物を買っちゃうわけで不思議
買い物はまだまだ続く〜
ホテルで軽く休んでからボリネシアンショー
BBQしながらだったんだけど肉がおいしすぎた
夜風がきもちよくてなんかもう気分は最高潮
そんなこんなでショーが始まって…ふたりとも大興奮
彼がファイアーダンス観たいってずっとゆってたから念願で
ノリいい日本人がいたおかげでめちゃくちゃ楽しかった
もう1回免税店行って更にウ゛ィウ゛ィアンでお買物
っても妹とじゅんの為にだけどわたしも欲しいわ
彼カードのおかげですきなだけ買えてる感覚に…だめじゃん
てかこの旅全部彼持ちだったからまぢで感謝
そんで寝る前にエチしたけどやっぱ彼とは…ってかんぢが
まぁ6年も一緒いたら普通なのかもだけど
ちょっと先が不安になったりも
翌朝は早くからビーチへ
やっぱりグアムの海は綺麗すぎる…日本と全然違うなぁ
そんな中でパラセーリング
ただでさえ船だめなのに、そっから飛ぶなんてありえない…
なんてゆってる暇もなくそっこー空の上
わたしが前、彼が後ろだったんだけどもー大変
めっちゃ揺れるから彼が揺らしてんのかとキレモード
実際違うんだけどまじで耐えらんない程の恐怖で…
だけど空から観る景色は圧巻で慣れた頃には綺麗だね〜って
余裕なんて全くなかったけど、1度体験できてよかったかな
同行した家族が楽しい人達だったから更に楽しかったし
その家族とは次も一緒で、いい出会いがあってよかった
案外船も平気だったしこれで恐いもんないとか思ったり…
昼からはシーウォーク
心配してた気圧は全然平気だったけど想像以上に大変で
水ん中歩くってこんな大変なんだって思った
彼はもう一生やだとかいってたし…
わたしは水ん中入ったの生まれて初めてだから感動でした
水はやっぱ恐いけど…あんな世界が広がってるなんて素敵だな
ビーチでしばしお昼寝してから念願のアウトバックに
しっかし量がおおい…おまけに高いし軽くボッタクられた感
まぁでも1回行ってみたかったから行けてよかった
食べてからまたお買物してってか券でアナスイの鏡を2個購入
3ドルしかかからんかった〜日本でみたら1個2500円らしい
メイベリンも激安で自分のと後輩達のを大量購入
前回もだったけどやっぱアメリカ圏は買い物し甲斐がある
社会人払いで頑張らなきゃな…
ホテルで飲んでエチして就寝
今日はホントだめだった…したくない感が出すぎで彼に指摘されたし
そりゃ違う男のことが脳裏に浮かんでりゃぁ、ね
ツアー同行者にじゅんに雰囲気似てるひとがいてもー最悪
終始じゅんのことばっか考えちゃってた
だから目の前の彼に求められてもその気になれるはずがなく
だけど彼は大切で結婚したいと思う
今回の旅行でほんとそう思えた
こんなにわたしの思い通りに動いてくれるひとはいない
海外、って彼にとって未知の場でも全部フォローしてくれたもん
帰国してからいきつけのラーメン屋行ったり買い物付き合ってくれたり
最後の最後までわたしのやりたいよーにやらせてくれた
生涯共にするのは彼以外考えらんない
だけど愛情はじゅんに向けられてて…
今日会えなかったけど、じゅん大変そうだったから抑えたんだけど
それでもしんどくて早く会いたいって思っちゃって
こんなんじゃだめなのに…どうしてもすき
じゅんに会えないならもう少し彼のとこいればよかったかな
あーもーやだ…旅行でわかったことは多かったけどこんなん辛い

出発前に 

March 16 [Fri], 2007, 0:30
就活後うちにきてくれた
じゅんはいつもわがまま聞いてくれるなぁ、と
渡すもん渡したら帰るってゆってたのに、帰っちゃうん?
って聞いたら“…帰んない”ってゆってくれた
おかげで1時間半一緒にいれた
まぁ終始エチしてたんだけど…幸せでした
ただじゅん疲れてんのがすごい伝わってきちゃって
ほとんど会話なくちゅーしてエチして…ってかんぢだったから
やっぱ無理してんだろうなぁと思ったら胸が痛かった
けど2回もしたし強く抱き締めてくれる腕から安心とすきを感じて
一瞬だとしても満たされることに変わりはない
結局相手のことばっか考えてたら息苦しくなっちゃうわけで
じゅんだって一緒いたら少しは疲れもとれるだろうし…
なんて思考はエゴであり勝手な思い込みなんかも
よくわかんなくなるからあとは日本に置いてく
明日から元彼とグアム…楽しみすぎる
じゅんのこと気にはなるけど4日間は楽しんでくる
春休み最後のイベント、彼と過ごして何かまた変わればいいな

白い日彼氏編 

March 15 [Thu], 2007, 2:24
14日当日はもちろんじゅんと過ごすわけで
でもじゅんは面接があって、夕方からでーと
パスタ食べながらお喋りして、じゅんの笑顔で元気がっ…
どう悩んでも結局それを見てしまうと、ね
じゅんが笑ってくれるだけで胸がきゅーんてなる
気持ち悪いけど事実そうだからしょうがない
その後夜景を見るために都庁へ
無料のくせにすっごい綺麗に見れた
じゅんとちゃんと夜景見るのは2回目かな
クリスマスにみなとみらい行ったぶりだと思う
手を繋いであれはどこだろねーとかいいながら
公的な場所だからムードはなかったけどうちらには十分だった
なんだか幸せすぎてやばかったもん…
めったにこうゆうでーとをしないからかな
新鮮で楽しくて1時間くらいその場にいた気がする
じゅん翌日早いからあんま時間ないってのに
ケーキ食べたいってわたしのわがまま聞いてくれて
カフェ行ってケーキ食べさせてくれた  
今日は白い日だからってご飯もカフェも全部だしてくれて…
そいやちゃんと奢ってもらうの初めてかも
だから“今日はいいから”とかいわれてもなんかいやで
そんな無理しないでいーよとか逆に心配しちゃった…
でも素直に嬉しくて、なんかときめいたし
そんで電車の乗り換えの合間にいきなり袋渡されて
中にはスクランプにガルボが刺さってるやつが
かわいかったしじゅんらしいな〜って、嬉しかった
今思えばってかゆわれてみればそれだけかよって感じだけど
さらに引っ張られてロッカーに連れてかれ、鍵を開けて‥
中から袋取り出して渡された
えってかんじでわけわかんなくて、てんぱった
でもその場で開けさせてもらったら中身は置時計
しかもリアルに前から欲しいと思ってたやつでびっくり
嗜好合うのわかってたけどここまでとは…まじで凄いわ
めちゃくちゃ嬉しくて大事にしよう、と
一緒電車乗って地元戻って、うちの前でぎゅーちゅー
早く帰さなきゃいけないのわかってたから“もう帰ろ”
って頑張って切り出したのに離れてくんなくて…
わたしだってやなのにでも帰らなきゃじゃんって
したらなんか盛り上がり始めてちょっとだけしてあげて
もうだめだーとかゆっててかわいかった
いつまでも離れらんなくて結局0時前…反省
んでから帰宅して鞄開けたらなんか箱が
なにこれーって、正体はじゅんがこっそり入れてくれたチョコ
しかも手紙もついてて…読んだ瞬間号泣ですよ
そっこーじゅんに電話してありがとうを伝えた
こんなんされたら泣かないはずがない
手紙の内容はもちろんだけど、じゅんの気持ちが全部込められてる
そんな気がしてもうしばらく泣き止めなくて…
電話切ってからのメルにも“伝わるかの〓好きだもの…[力こぶ]もっと好きになってもらわねーと〓これからもよろしくお願いします〓”
ってもーなにこいつ…やだ
すきになりすぎて離れらんなくなったらどーすんの
いいこだよ…いいこだから余計辛い
幸せを感じれば感じるだけ辛さも味わわなきゃいけない
なんて酷なんだろう
だけど辛い<幸せ、だからまだじゅんの傍にいたい

白い日元彼編 

March 14 [Wed], 2007, 15:40
昨日は元彼と
まぁ別にホワイトデーってわけではないけど会った
いつもの回転寿司行って彼宅戻ってグアムの計画
いよいよ次会う時はグアム旅行
付き合ってた頃ですら海外は行ってなかったのに‥
なぜか今になって行くとか、謎っちゃ謎
でも11月23日から約4ヵ月経つけど別れた感覚はまったくなし
むしろあの頃よりよくなってるんじゃないかな
そんな頻繁に連絡したりも会うこともないからか
一回一回がちゃんとしてるっつーかなぁなぁじゃなくなった
それはやっぱ彼がわたしをすきでいてくれてるおかげだけど
グアムの話だって最初は“付き合ってもないのになんで”
なんてゆってたけどそりゃ当然なんだけど
それでもわたしが行きたいってワガママを受け入れてくれた
いつだってわたしが行きたいとこは全部連れてってくれる
3年以上経ってこんだけ愛してくれるひとはなかなかいない
じゅんと付き合ってみて改めてそれを感じるわけで
別にじゅんの愛し方に不満があるわけじゃないけど
まったく先がみえないって恐いし何より今が安定しない
不安定なのが何より辛いから…
そんでグアムの話が終わってからお返しを貰った
“ゆかの為じゃないからね、ママ達にもあげてね”って彼らしい
いつもわたしだけじゃなく家族のことも考えてくれる
憎たらしい言葉だけど、それ以上に優しさがいっぱい
彼のそーゆーとこも感心できるしわたしもそうなりたいと思う
おっきな箱でお菓子がいっぱい…高そう
おいしく頂かせてもらいました
食べてから“ゆかにはグアムでね”って、ちゃんとわかってるこいつ
値段じゃないけど、やっぱそれだけ愛されてる証拠だと思うから
じゅんには何も求めれない分彼がそうゆってくれて尚更嬉しい
終始エチを求められてたけど拒否ってたのに‥
強行突破されて結局ソファでしちゃった
しかもなぜか燃えてる自分がいて
彼に優しくちゅーされてすきって何度もゆわれたからか
ほんとにあの人は上手だ…狙ってやってないとこがまた、ね
まんまと彼の癒し攻撃にはまってる感があるわけで
でもそれでいいの、もうわたしから彼は切り離せないから
先週の不安定はようやく落ち着きを取り戻しました
じゅんのおかげでもあるけど…やっぱ彼なんだ
今からじゅんと白い日でーと
目の前にいたらだいすきなんだけど

二日間 

March 13 [Tue], 2007, 1:36
5日ぶりに会ったじゅん‥顔が違うの一目でわかった
2日寝てないってゆーくらいだからもうひどくて
心配だったけどここまでなっちゃってるとは驚き
いつもの場所に車をとめてしばしお喋り
てかわたしがひとりで喋ってただけだけど‥
じゅんがシート倒してしんどそうにしてたからぼけっと外眺めてて
今日はしょうがないか〜とか思ってたら急にぎゅって
しかも泣いてるのかなんかぐしゅぐしゅゆってるし‥
どーしたのって聞いても何もゆわず強くぎゅーするだけ
前夜メルで病み具合を知ってたから、あえて深くは問わず‥
わたしもぎゅーしてよしよし、ってただそれだけ
今のじゅんには余計な負担をかけちゃいけない
もうそれがわかったから楽にさせてあげたかった
最初はしんどそうだったじゅんもだんだんいつもの調子
だからって昼間だし車だし‥また途中までだろって思ってた
なのに盛り上がりすぎてありえないことにその場で
まだ昼だよ人いるよって制止の声は聞いてもらえず‥
始まったら始まったで気持ちよすぎてどーでもよくなって任せた
結局昼なのに車内でしてしまったとか‥また伝説が‥
でもじゅんの様子はおかしいままで
バイトだから無理矢理別れて、メルで聞いてみた
“あれでよかったの?”の問いに
“よくないけど‥今は刺激してほしくない”って
なんか昔にも似たような経験があるからわかる
男の人にはそーゆー時って誰しもある
今のじゅんも同様…ならおとなしく受け入れてあげたい
我慢してばっかな気はするけどすきだもん、こうするしかない
翌日の今日も会えた、最近にしては珍しく2日連続
まぁわたしが旅行だったり体調悪かったりのせいだけど
ほんとはディズニーだった日
だからじゅん就活なくて昼から会えた
久々に我が家にきて久々にベットでエチ
ここんとこ外とか車とか‥落ち着かないからやだ
だからやっと先月までみたくゆっくり出来て嬉しかった
グアムに着てく水着を選んでもらおうと着てあげたら‥
水着姿観ただけて勃つとか
男にとって水着は新鮮だってよくゆうけど、かわいすぎる
“観るだけでとか俺やべー”なんて、なんかこっちが照れるし
水着効果もありじゅんが大暴走、わたしもやばくて計3回
元彼との行為なんかと比べ物になんない
100%自分の求めてるまんまだから100%満たされる
でも何よりじゅんがいっぱい笑ってくれたのが嬉しくて
最近見てなかった気がして…ほんと心から安心した
じゅんの笑顔みてるのが幸せなんだもん
夕方これまた久々にバイク乗ってSCに
ウ゛ィレウ゛ァンで前から欲しいねってゆってたやつを購入
お揃いのミッキーの形したカラビナ
お揃いのHRMハートクッションと一緒につけるんだ
ちっちゃな幸せ‥顔にやけてただろーな
ラケルのオムライスを食べて閉店までお喋りして
バイト先寄ってちょっとまったりしてからうちの前に
じゅんには笑ってて欲しいからその為にわたしも努力する
そう伝えて、やるべきことを自分自身に刻みこんだ
余計な負担をかけない…難しいけど、やれるだけやる
ほんとじゅんが笑っててくんなきゃわたしも頑張れない
一生懸命就活やってるのに邪魔するなんてもってのほかだし
ちゃんとしなくちゃ…あと少しの間しか傍にいれないってわかってても
無責任かもしれないけど、一緒にいる間はいいこでいたい
それによってじゅんのこれからを左右するんだから
辛い思いさせないように頑張る
ほんっと今日は楽しかったな…
次同じようなことができるのはまた何日も先になるでしょう
2007年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:since0912
読者になる
Yapme!一覧
読者になる