助産師と看護師の違い 

December 19 [Thu], 2013, 18:32
助産師とは、女性の妊娠や出産に関わる業務で、助産を行います。

助産を行うことが出来るのは、医者と助産師のみです。

助産師の資格は看護師の資格を所有してなければ、免許を取得できる対象とはなりません。

看護師の業務は主に、病気やけがによる処置を行います。

勤務先は、病院やクリニック、介護施設や企業などです。

ですが、やはり看護師、助産師の求人は病院が多くなっています。

助産師の業務は主に、妊婦の助産行為を行います。

勤務先は、産婦人科の標榜科目のある病院、助産院などです。

仕事内容は、妊娠から出産、お産の立ち会い、出産後のケア、妊婦の精神的なケア、保健指導を行います。

妊娠・出産に関する業務だけではなく、不妊治療に対する相談にも対応します。

看護とは異なり、色々な診療科などの就業場所を選択することは出来ず、産婦人科や助産院といった産科に関わる場所等が勤務場所となります。

生命の一瞬の誕生に立ち会う仕事なので、体力的にも精神的にかなり大変な仕事です。

しかし、新たな命が生まれた瞬間の感動はなんとも言えません。

一瞬で疲れがふっ飛ぶような気持ちになります。

なかなか経験のできない仕事でもあり、又仕事内容がハードな面から、まだまだ資格を持ってる方は少なく需要は多いです。

妊娠から出産という未だに解明されない女性の神秘な一生と向き合う仕事なので、やりがいはとても感じることができるでしょう。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mayako
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる