殺人メニュー。 

November 08 [Thu], 2007, 22:52
苦しい…腹が苦しい…身体がめちゃめちゃ重い。。
こんなにも苦しませるとは、なんて憎らしいあの料理!!

そいつはぽんの誕生日に先立って週末土曜に開かれたプチ祝いのメニュー

「ラクレット」

ラクレットグリルなる二層式ホットプレートを使い、下段ではスコップ状の容器に入れたチーズとハム・野菜等を温め、上段で焼いたパンやポテトにトロトロのところをかけて頂く
乗っけ盛りするチーズフォンデュみたいなもの

しかしながらこの料理、一回毎に温めて小出しにして食べる為どれだけ食べたか分からない

そしてめちゃくちゃウマイ

止められない止まらない

結果、死ぬほど満腹。。


そして火曜の誕生日

ぽんが一日かけて作った料理&ケーキにケンタのチキン
そしてプチ祝いで頂いた白ワインでお互いの誕生日、そして丸二年に祝杯

ヘルシオで焼き上げたコロッケと油抜きしたチキンがウマかった

酒もすすみ食もすすみ

結果、死ぬほど満腹。。

それでなくてもメタボな生活を過ごしたこの一年
来週の健康診断でどんな結果が出る事か

せめてそれまで摂生したいところだけど…週末土日は広島でまさやんライブ
ラーメン、牡蠣めし、お好み焼きが待っている

ああ、恐ろしや。。

隠蔽する気ゼロ。 

October 04 [Thu], 2007, 23:26
最近連続して起きてる斧殺人
怪奇的というか画期的というか、今まであまり耳にしなかったアイテムが台頭してきた

凶器というとドラマやゲームの中では

「何か鈍器の様な物 証拠は未だ見付からず」

突発的にしろ計画的にしろ、近くにあったブロンズ像(の類の鈍器)を手にして撲殺
凶器は見付からない様に富士樹海(の類の僻地)に隠して知らぬ存ぜぬを貫き通す

それが相場だと思ってた

凶器隠す気なんて端からなし
それよりもこの抑え切れない怨みをありったけぶつけられる殺し方
その答えが斧でしょうか

よくそこに行き着いたもんだよな
RPGでもドワーフくらいしか使わないのに…

世の中に蔓延る闇が根深くなったのか
はたまた世の中の我慢の限界点が浅くなってしまったのか…

手斧買うのもままならなくなったら、木コリ仕事もお手上げですな

衣替え。 

October 02 [Tue], 2007, 19:39
昨日が休みだったんで今日が下半期の仕事始め

クールビズも終了しちゃいましたが大丈夫、
上着もネクタイも忘れず身につけ出社しましたよ

さすがにもう寒いもんねー
でもこれで平年並みらしいけど

休み明けは頭回らずが相場なんだけど、寒さのせいか今日は眠気も少なく絶好調でした

この調子で気持ちも新たに、残り半年頑張りたいですな


なんて思ってた会社帰り
肌寒さで気付きました

上着忘れた。。

心は未だクールビズです

ビバ都民。 

October 01 [Mon], 2007, 18:40
4週連続三連休の3週目
何故今週もって?
理由は都民の日…でなく会社の創立記念らしいので

平日休みの今日は初めてぽんを浅草に連れて行った

まずはランチ
狙ってた今半が休みだった為、いつも大行列の大黒屋へ
その列を見ては何十回と素通りしてたけど店に入るのはこれが初めて

さほど甘くない丼つゆにドップリ浸かった真っ黒い天丼
味はサッパリしててよかったけど衣がベッチャリなのは自分としては×

ばあさんがここでなく葵丸進ばかり行ってた理由がよーく分かったから良しかな

その後は浅草寺

仲見世で揚げ饅頭を食らいながら今朝観た「タイガー&ドラゴン」のロケ地を巡る

そして花やしきへ

なんと今日は都民の日で入場無料
23区を離れてから自分が都民である事を忘れがちだったけど恩恵に与れた
外から見て終わりのつもりだったんでラッキー

20年ぶりの花やしきだったけどアトラクションの配置なんかは昔と全然変わらず

ただ時代に合わせて値段は倍に上がりと、自分が成長した為に園内がすごく狭く感じた

あっという間に終わるローラーコースターでも昔は十分絶叫出来たんだけどね



銀ぶら新ぶら。 

October 01 [Mon], 2007, 13:23
昨日はぽんと共に久しぶりに銀座をぶらついた

目的は藤城清治影絵展を観るため
小さい頃からよく見掛ける絵だったから印象には強く残ってけど特に好きな訳ではなかったが、昨年昇仙峡で初めて本物を観てからその立体感に魅了され、夫婦共々すっかりファンになってしまった

今回は2カ所で開催の個展をハシゴ
今まで行った常駐展示美術館にはなかった絵本の原画やらが展示されててなかなかよかった

が、

真剣に観疲れてヘトヘト…

休憩タイムとその足でもう一つの目的「キルフェボン」へ
ぽんも店内では食べた事がなかったので楽しみにしてた

が、

店外まで大行列…

案内は1時間後というんでイートイン断念
テイクアウトする事にした

タルトと紅茶にありつけず、辺りも暗く腹も減ってきたんで予定外の夕飯を食べて行く事にしたのだが、この食べ物屋探しがウチらには大いなる鬼門

いい感じの空腹状態ですんなり決まって入れた試しがない

案の定、下調べのない放浪の旅は1時間余に渡り、舞台は銀座から新橋へ

が、

休日の新橋はシャットダウンのオンパレード…

ヘトヘトになるまでぶらついた末に一件の中華屋に行き着いた

結果的にここが当たりで、美味いラーメンとバナナ杏仁を堪能出来た

帰りのJR内での爆睡は言うまでもなく…


帰宅後は初めてのキルフェボン

こういう時の自分の触覚には間違いなし
至極のサツマイモタルトを堪能出来ました

寒い。 

September 30 [Sun], 2007, 13:28
昨夜は調布の花火を遥か遠くの飛行場越しに鑑賞

雨もパラついてきて、遠い上に寒かった・・・

そして今朝も寒かった

辛うじて布団掛かり続けてくれてたけど、この寒さじゃ薄手の羽毛だけじゃ辛いな

あー風呂に入りたい

あーでもカビだらけ

そして何故かクサい

カビキラーふんだんに振り撒いてきました
帰ったら徹底的に風呂の掃除しなくては

この夏のアカ落とし

あー秋ですね

ぽん、焦る。 

September 28 [Fri], 2007, 8:20
ぽんが夜な夜な泣いている

DVなんかじゃありません(モチロン)

EDなどでもありません!(モロ○ン)

理由は個展が近いから

バイト先の雑貨屋の一角で
ドットをテーマに行う予定

開催まであと十日
自身の日記で告知も行い
着々と上がるハードル

そして

焦る

その様たるや

自分固め

笑う時笑って
喜ぶ時喜んで
怒る時怒って
泣く時泣いて

そして

焦る

その様たるや正に

ラフティング

ああ、やりたい…



この光景は自分らの挙式前にも見たけど
あの時は作業分担可能だった

でも今回は助けられる部分極少なり

せめてメンタル面では、と思うけど…
余計な提案ばかりして更に惑わす

役に立たない旦那でスマンね

せめて週末は御飯作るんで、許せ

吉祥寺ヨドバ。 

September 27 [Thu], 2007, 20:56
レストラン街

ガラ空き・・・

マッサージ機

ガラ空き・・・

乗馬マシーン

何故か盛況!!


この街でやっていけるのか?

国技完。 

September 27 [Thu], 2007, 8:30
告白します
昔は肥満児でした

言いかえれば

健康優良児♪

下町で育つと、そんな子供には相撲部屋から一度は声が掛かります

向こうにしてみりゃ数打ちゃ当たるの手当たり次第なんだろうけど、こっちにしたら「赤紙」くらった感じ

だってさ、

「力士公認デブ」

って事ですから。。


イヤだった理由としては

1、マタワリでしょ

2、寒いのに裸にならなきゃならんでしょ

3、暑いのに火照ったデブ同士抱き合わねばならない

シゴキのイメージもその頃からあったし

それと出稼ぎのイメージね
地方の大家族の五男坊、六男坊が食いぶちを求めて中卒で入門するっていうの
彼は生きる為に、そして家族支える為に必死
だからそんな辛い状況も耐えて這い上がろうと思える訳よ

ところがどっこい、
最近の力士事情はどうでしょ

出稼ぎで必死なのは地方出身者から外国人にシフト

日本人力士はと言えば、

携帯片手に夜遊びしたり、朝からパチンコ屋に入り浸ってたり

「仕事もしないで家で寝てるなら、相撲部屋にでも入りなさい!」

そんな元ニート達の入門理由は想像に易い

「肉の鎧」には程遠い大量の脂肪を纏った彼らにそんなハングリー精神なんてある訳がない


考えてみりゃ中・高卒で入った彼らにとって相撲部屋は学校の延長だもんね

世の中の学校でイジメがなくならないんだから、相撲界にないはずがない

しかも教師はいわば親方
元中卒の五男坊達

何でもかんでも体で教え込む術しか知らない人達に一体何が教えられるんだろうかね

17歳の彼は相撲界の何に殺されたのか?

もしかするとこの国の国技は、今の時代にそぐわなくなってきてるのかも

土偶。 

September 26 [Wed], 2007, 8:41
でっかいの発掘
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:delorine
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ
    ・お笑い
    ・グルメ
読者になる
競馬・スロット・お笑い・BBQをこよなく愛する下町育ちの三十路オヤジ
結婚を機に東京の外れにて二人暮しを始めたものの、嫁にも晒せぬ煩悩の置き場に困惑した末、言魂のみを此処に棲まわす
2007年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる