住宅ローン与信とは?

June 27 [Fri], 2014, 16:55



よく住宅ローンの与信で日本と米国を比べている記事がありますね!
住宅ローンの与信について、ローンを組む方のリスクを考えた場合、日本はかなりリスキーになります。

マイホームを購入する際は、現金でポンと買う人なんてそうそういないと思います。
住宅ローンを組んで、数年数十年のローンを組んでマイホームを手に入れる事になります。

ですから、手持ちの貯金・現金ではなく、住宅ローンを組めるか、組めないのかがマイホームを手に入れるためのカギになります。

住宅ローンは金融機関で組むのが普通なのですが、日本の住宅ローンシステムではローンを組む個人の与信を元に審査されます。
土地や建物を担保に融資を受ける事にもなりますが、基本的には個人の与信を元に組まれるのが日本の住宅ローンシステムです。

では個人の与信とはなんなのでしょうか?

簡単に行ってしまえば、ローン返済の支払いに対する信用度です。
この信用度が高ければ、高いほど住宅ローンの与信は高くなります。

単純に3000万円の住宅ローンを組むのに4000万円の貯蓄があれば個人の与信は高くなりますし、職業でいうと医者・公務員・東証一部に上場しているような大手企業などに就職している人も住宅ローンの与信やローン枠も高まります。

土地や建物は資産として認識されますので、個人の与信も高まる事になります。


この賃貸併用住宅のメリットはもちろん家賃収入が得られる点です。
新築の住宅も持てて上手く利用すれば家賃収入も手に入るという所が、最大のメリットでしょう。

現在のようなデフレ経済化の中では給与収入を増やすのは難しいと言えます。一生懸命働いたとしてもリーマンショック以降なかなか業績は上向かないものです。
しかしこういった時こそ賃貸併用住宅がオススメなのです。


逆に賃貸併用住宅を建築する際、最大のデメリットと言えば空室のリスクです。


賃貸併用住宅を建てる時の賃貸住宅の戸数にもよりますが、
家賃収入を何らかの形で当てにして住宅ローンを組んだり将来の年金変わり、と戸建住宅に賃貸部分をつけるのでしょうから、入居者がいてくれないと収入になるはずもありません。ここが最大のリスクと言えます。賃貸経営におけるリスクと全く同じ訳なのです。


近年では経済状況が悪化している傾向にあります。なので空室率が全国的にも増加している模様です。
愛の家グループホームの評判って?







プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:simang
読者になる
2014年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/simang/index1_0.rdf