島田勝弘さんも言葉が出てこない?英語

July 05 [Fri], 2013, 2:26


伝えたいことがあっても英語でなんて言ってよいのか言葉が見当たらず、口をパクパクさせてしまうことが多かったとしても、
頭の中に英語の引き出しがドンドン増えていき、聞いた英語に対して適切な回答を英語でスムーズに言えるようになる方法がこちら





あなたも、リスニング教材を使って移動中などに英会話のトレーニングに励んでいるかもしれませんが、

流れてくる英語の音声は頭の中を通過するだけで、思い出そうと思っても記憶に残らない状態が続いていないでしょうか??


もしくは、「海外留学すれば英語が話せるようになるのに。。。!」と留学するための時間やお金を作ることができないかと悩んだりしているかもしれませんが、

留学経験者のほとんどは、留学前に考えていたほどの英語力を身に着けられず、時間を無駄にした後悔をする人が続出していることはご存知でしょうか??




英語は単なる「言語」ですから、接する機会が増えると話せるようになるはずで、

実際にちょっと昔の話で、江戸時代にはジョン万次郎という人が、

漁で難破してしまいアメリカの船に助けられてアメリカで過ごすようになった結果、ネイティブレベルで英語を身に着けた事例があります。


しかし、海外留学した日本人は、英語が最初はまるで通じない不安とストレスから、日本人を見つけて一緒に行動するパターンに陥ってしまい、

生活の大半を日本語を使って過ごしがちです。


さらにネットを使えば日本にいる友達といつでも会話だってできてしまうため、せっかくの海外生活を無駄に過ごしてしまう結果、

思ったほど英語に触れることができず、時間がたてば忘れてしまう程度の英語力しか身につかないわけです。


莫大な時間とお金を投資して、こんな結果では泣くに泣けないわけですが、

あなたが日本語をギクシャクせずに話せるようになったのであれば、先ほども言った通り英語なんて単なる「言葉」なので、

日本語と同じように扱えるようになって当然です。


要は、効率よく英語のコツをつかむことができるレッスン方法ならば、留学なんてしなくたって、

日本に居ながらネイティブに通じる英会話力を身に着けることができ、島田勝弘さんの24Days Englishならば、時間もお金もたいしてかける必要がありません。



島田勝弘さんの24Days Englishは、ただ聞き流すだけのリスニング教材と違い、自分で実際に口を動かして発音をしてみるトレーニングも行いますので、

聞いたことをよりスムーズに身に着けられるようになっており、さらに、覚えるべき情報量が圧倒的に絞り込まれていますので、

英会話特有の勉強のストレスをまるで感じることがありません。



単語はバラバラでもネイティブと普通に英語でやり取りができるようになってしまう島田勝弘さんの24Days Englishについて、こちらでも詳しく特徴をまとめています。


P R

人気ホームページランキング
ブログランキング
ブログランキング
リンクリックブログランキング マニキュアの語源
ブログランキング

PVランキング