まびく 

April 21 [Thu], 2011, 21:22
まびく

***

さみしいのがいやで
ひとの輪の中に紛れ込んでは
笑ってみせて
誰かと仲良く腕を組んでみては
はしゃいでみせてた

だけど
気づいてしまう
たくさんのひとのなかに居れば居るほどに
孤独を感じるじぶんが居ることに

ひとりくらい居なくなったって
何も変わらないさ

神様はそうやって
誰かを間引いていくのかもしれない

居なくなってしまったわたしの友だち
大切だった大好きなひと
どこへ行ってしまったのか

わからない
気づいたときにはもう
この手を離していたから

間引かれて
いつの間にか居なくなって

それに気づかずに
流れるままに生きてて
ふと足を止めてみたら
じぶんがひとりぼっちで
孤独だった

誰かと手をつなぎたいのに
こころの鍵をなくしてしまって
分かり合えない

根底では誰とも
理解し合えないこと
わたしはちゃんと知っている

だからイコールになれなくて
苦しくて
浸透圧が憎らしい

分かり合えないから
イコールになれないから
近づきたくて
もがいて苦しんで手を伸ばす

矛盾
傷つきたくないのに
ひとりはいや

孤独なんて
きっと大したことない
みんなおなじ

分かり合えないから
ただあたためて欲しい
お日さまみたいに
ただあたためて欲しい

理解し合えないぼくらは
悲しいいきものかもしれないね

愛ってなにかって
そりゃ
イコールになろうと近づこうとボロボロになったって
手を伸ばすことなんじゃないかな

わたしはわたしを照らしてくれるお日さまを探して
手を伸ばして
またひとの輪の中で
笑って過ごすのだろう
孤独を感じながら
ぬくもりを探しながら

そうやっていつしか
愛を


わたしは誰かをあたためられるのだろうか



***

sima
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sima
  • アイコン画像 誕生日:1986年
読者になる
2011年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる