新しい年と勇気について

January 07 [Sat], 2006, 2:54
1月という月はやはり特別だ。
特に、日本人にとってと言うべきかもしれない。

正月のお参りやおみくじなどは
とても大切なことだと切に思う。

新しい年を迎えたのにもかかわらず、
あまりブログに記事を書く気が無かったが、
僕がブックマークしているブログたちの中に、
Taejyunさんという人がいて、
彼の記事の中に谷川俊太郎さんの詩が紹介されていたので
僕もあいのりさせてもらおうと思う。
(*著作権をふまえて、5節あるなかから、1,4,5番目だけを紹介したいと思います。)

  生きているということ
  いま生きているということ
  それはのどがかわくということ
  木(こ)もれ陽がまぶしいということ
  ふっと或るメロディを思い出すということ
  くしゃみすること
  あなたと手をつなぐこと

 
  生きているということ
  いま生きているということ
  いま遠くで犬が吠えるということ
  いま地球が廻っているということ
  いまどこかで産声(うぶごえ)があがるということ
  いまどこかで兵士が傷つくということ
  いまぶらんこがゆれているということ
  いまいまが過ぎてゆくこと


  生きているということ
  いま生きているということ
  鳥ははばたくということ
  海はとどろくということ
  かたつむりははうということ
  人は愛するということ
  あなたの手のぬくみ
  いのちということ



僕はこの詩を読んで、
なんて新年の始まりにふさわしい詩だろう
と感激しました。

「生きている」という、
当たり前のことを、人はしばしば忘れてしまいます。

ただ、谷川さんはそんな忘れがちなことを
みごとに言葉に表したという点で、
天才的な人なんだなあと思います。

彼の詩は、
僕がいつも普段から眺めている、
なんでもない風景や事柄やものを
魔法でもかけたみたいに
新しいものに変化させ、
僕のもともと持っている価値観に
ヒントをくれます。

僕が好きな部分ですが、1節目の
”ふっと或るメロディを思い出すということ”
と、
4節目全体でしょうか。

特に、前者の方は漢字とひらがなとカタカナの
使い方が絶妙で、
見た目のバランスも、発音したときも
美しいですね。
そんなことが”生きているということ”なんだ!
とちょっと驚いたというか、
なにかほっとしたというか、
勇気をもらった気がします。


4節目では、
生きものや物質が活動しているさま
を視覚化できて楽しいし、
時間が流れているさまをありありと実感できます。

5節目はちょっと僕には難しいですね。
これはまだ僕がいろんなことを知らないから、
深く理解することが出来ないのでしょう。

この、色んなものを知って、触れる、というのは
僕の一年の目標ですね。
この詩を理解するためにも。

素敵な詩を紹介してくれたTaejyunさんに感謝です。

今年も良い年になりますように!
  • URL:http://yaplog.jp/silverquick/archive/5
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
トラックバックありがとうございました。
 あけましておめでとうございます。
 谷川俊太郎さん、すばらしいですよね。 著作権、無視してしまいました・・・  私は詩も書いているのですが、詩を書く段になると、よりいっそうそのすごさが伝わります。

 これからもよろしくお願いします。

 
January 07 [Sat], 2006, 9:12