魚日記 

2013年05月08日(水) 1時23分
序文
とあるMMOのキャラクター視線で綴った日記です。
キャラクター毎に視点も変われば言葉遣いも変わります。






とある女鍛冶職人の日記

私には兄がいる。
戦士を志すも夢破れ、採掘や樵に精を出す……そんな何処にでもいる在り来たりの男だ。

兄が戦場に立っていた頃の私は駆け出しの鍛冶職人に過ぎなかった。
兄の知り合いには技量の高い鍛冶職人も複数いた。
それにも拘らず、兄は駆け出しの鍛冶屋にしか過ぎない頃の私の武器を使ってくれたのだ。
あの頃の事は今も鮮明に覚えている。

その兄が最近になって愛馬を手放した。

その馬と共に兄は様々な土地を駆け巡り、モンスターとの戦いの日々を過ごしていた。
戦場での苦楽を共にした相棒を…である。

兄は武器を置き、戦いの日々に別れを告げる決意をしたのだろう。
その選択に対し、私は何も言う資格はないけれど……その姿を見る度に私の胸が痛くなる。

戦いに赴く兄の姿が思い出となるように、私の胸の痛みも思い出に変わってゆくのだろうか。
そして、兄が愛馬を手放した日の事も……


それは酷く寂しいと思う。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:銀の鍵
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる