愛しの娘へ 

2004年10月21日(木) 11時03分
1年前の今日あと5時間程して私は産気
づいていました。

最初前駆陣痛で病院から返されて、家で
本陣痛をひたすら耐え、病院に着いた時は
もうすでに全開・・・

そんな怒涛の一日から丸一年が経ちました。

おとうちゃんは喜んでいたよ。ビデオやら
写真やら撮りまくっていた・・・。
おじいちゃんも来たね!周りはお祭り騒ぎ
だった。

あなたはあまりにも小さくておかあちゃんは
抱っこしておっぱいをあげる事は出来なかった
けど、ちょっとだけ抱っこする時間があったね。
その時おとうちゃんはへその緒をじょきじょき。
その後あなたは保育器の中に入りました。

小さいから色んなことを余計に心配して・・・
退院してすぐに病院行って点滴打ったりして・・・
あんな小さな手に点滴の針が入ってるのを
見て愕然とした。私は悪くないと知っていても
この時ばかりは責めてしまったよ、涙が
止まらなかった。

結局なんでもなかったんだけどね(笑)

今では全部笑って思い出せるね〜〜。

この一年、笑いと感動と大きな愛をありがとう。
そしてお誕生日おめでとう。

いつかコレを読む日が来るのかな・・・でも
その頃には
「おかあちゃん、インターネットなんてふっる〜〜!
今は○○なんやで〜〜〜!」
なんて言われる近未来がやってくるのだろうか(笑)

そんな近未来がちょっと待ち遠しいな

初めてのおしゃべり♪ 

2004年10月18日(月) 11時04分
今までにも多分色んな言葉を喋って
いたに違いない!絶対そうだ!そうなんだ!!

だけど今日を初めてのおしゃべり記念日とします。

うちはこどもちゃれんじbabyを取っている。
たまに支払いを忘れて怒られたりする(笑)
でも一応なんとか1歳号を迎えた。
1歳になるとコースがbabyではなくなり、
プチ??になるようだ。
その宣伝が今日の郵便で届いた。

その中には色んなうざい広告にうもれて、
「プチにはこんな教材ついてますよ〜」と言う
サンプルが入っていた。
普段閉じてあって、観音開きに開く絵本だ。
閉じている時は「いないいない〜〜」
開けるとしまじろうが「ばぁぁぁ!」って
やつだ。

それに似た絵本を既に持っていて、折に触れて
娘に見せていた。「いないいない〜〜〜ばぁっ!」
と言いつつ本を開くのだ。それがとても好き
みたいで、本棚にしまっておいても全部の本を
引っ張り出し(汗)その中からこの本を出して
遊んで欲しそ〜〜にして遊んでいる。
もう何度「いないいないばぁ」したか(笑)

そんな訳でしまじろうの「いないいない」も
二人とも慣れた物だ。早速やってみた。
「いないいない〜〜」・・・
「ばぁっ!!」
すると娘がいきなり
「いないいない〜〜〜」
と言い出した!!!そう言って本を開くのだ。
もしかすると偶然かも・・・。そう思って
何回かやってみるが、本を開く前に必ず言って
たどたどしく本を開こうとしたり開いたりする
のだ。
オムツを替えたりなんかしている間があいても、
「いないいない〜は??」と聞くと、その本の
所に行って「いないいない〜〜」とやっている。

完全に分かっているぞ!!そしてこの言葉が
彼女が最初に発した意味のある言葉だ!
ちょっと複雑・・・。

それまでおか〜ちゃんやらおと〜ちゃんやら
言っているように聞こえていても、心を鬼にして
いや、これは違う、偶然やっ!と片付けていた。
そしたら最初の言葉が「いないいない」になって
しまった(汗)

まぁいいか。今日はとても記念すべき日に
なったんだから。初めて言葉を発したんだから。
なんでも親がそう思った日が子供の記念日
なのだ!!

今週21日に彼女は1歳になる。
どんな誕生日にしようか・・・今から頭を
悩ませている。

突発最終号 

2004年10月13日(水) 11時07分
今日はポリオもあるし写真も撮りに行かなきゃ
いけないし、買物もあれば医者も行かなくちゃ!
なんて朝から気持ちばっかり忙しくしていた。

洗濯物干して朝ご飯を食べて身支度してさぁ
出発!
とっても気持ち良い秋晴れのもとおかあちゃんと
娘は1人とベビーカーで近くの小児科に出かけた。

娘が病気だったのにおかあちゃんはとっても溌剌
としていた。だってあんなに心配していた突発が
軽くて済んだんだもん、良かったな〜と思って
いたのだ。
先生に見てもらって最終的に「突発で間違い
ないでしょう」と言われた。やっぱりね!!
「で、先生今日ポリオあるんですが・・・」

突発をやったあとは下痢を伴う事がある。
ポリオの予防接種というのは口から飲んで
植え付けるのだが、折角の種を下痢で流して
しまっては意味がない。だから多分今日は
ダメだろう・・・と思っていたら、なんと
来年まで待ってくれと言われた。

あ〜〜らら。

本当は2週間待てばポリオは受けられるのだが、
今年は来週までしかやってない。おかあちゃん
はがーーーん!としてしまった。
1歳のうちに全ての予防接種を恙無く終了できる
と思い込んでいたからだ。それほど娘は元気
満々な子なのだ。

朝から医者行ってポリオ行って写真とって
買物して・・・の予定も見事に崩れ去った。
まぁ予定は未定なんだけど。
とっても気持ちの良い秋晴れの日にもう
家から出て行く気力を失ってしまった(笑)

ほんとはそこまで悪くない。
買物は帰りに急を要する物だけ買ったし、
写真は明日でいいか〜〜〜なんてのんびり
モードに切り替わっただけだ。
気が変わったらまた午後にでも出かけようかな。

突発か? 

2004年10月09日(土) 11時06分
娘が熱を出した。
今まで出した事ないのに出したから、
ちょっとびっくりしている。でもこれは
もしかしたら突発かも??

昨日は38℃手前だったのだが、今日は
軒並み38度を超えてきている。抱っこ
しているこっちが汗をかくくらいだ。
突発性湿疹ってよく耳にするし、大体の
症状も聞いてるけど詳しくはどんな病気
なのだろう。

http://www.suksuk.net/health/illness/eczema.html

ふ〜〜ん、ふむふむ。
さっき泣いて起きたので抱くと凄く熱い。
多分39度行ってるだろう・・・と思って
坐薬を入れる事にした。ハズがいるので
ハズにお願いして私は娘の体を抱いていた。
熱でしんどくてさらに動きが取れないから
娘は大泣きしていた。可哀想に。
熱さまシートも貼ってみた。でもそんなの
お情け程度で熱はなかなか治まらないようだ。
坐薬を入れたからじきに効いてくるとは思うけど。

発疹が出たら「やっぱりな」って思えるけど、
それまでは心配だな。本当は明日ベビースイミング
の体験会で、楽しみに(親だけ)してたんだけど、
こんなんじゃ絶対無理だからキャンセルをした。
またこんな機会があるといいけど・・・。

私の言ってる事おかしい? 続き 

2004年10月02日(土) 12時47分
この主催者(代表)はこの事だけでなく
全てが上から物を言っているように感じる。
「保育所に子供を預けて働く事が前提の講座
だから、10月中に全員保育所を見学して来て
感想をのべよ」
とか
「発刊するリーフレットの企画書とかラフの
案を各自で考えてくるように。企画会議で
1人1回は必ず発言してもらう」
とか。

確かに私達は無料で娘を見てもらい、無料で
講座を受けさせてもらっている。だからと
言って何したってOKってわけちゃうと思う。

保育所だって見に行きたいさ、企画書やら
なんやらだって時間がありゃ〜腰据えて
しっかりやりたいさ。
でもこの講座を受講するという事は家族の
協力の上になりたってるんや。家庭の事情で
保育所行けへん時だってあるやろ。娘が
小さいからそんな腰も据えてられへん。
紙いらってたら高速で近寄ってきて片っ端から
食われる。
家庭の事情でどうかなったら、一番最初に
切られるのがこの講座や。
私らはその色んな事情や育児、家事その他
諸々な事の合間を縫って講座に参加し、
宿題や!言うて出されるもんを必死こいて
やってる。

それをなんだか偉そうにこうしてもらう、
あーしてもらうって言われたらカチンと
くるやろ。・・・私だけか?

極めつけはソフト。
イラレやフォトショの体験版の試用期間を
間違えていたらしく、すでにもう使えない
状態にある。まだまだ実習項目は残っている
のに。しかも私はこの講座にこれを習いに
来たと言っても過言ではない。

タダやったら何したってええんかっ!
・・・と思った今日の講座でした(笑)

私の言ってる事おかしい? 

2004年10月02日(土) 12時45分
今日私が行っているDTP講座で不愉快な事があった。
数回前にペアになってインタビュー実習を
したのだが、それを本に載せるみたいに
まとめてこい、と言われとにかく開いてる
時間を見つけてはコツコツと仕上げた。
「メールでくださってる方はそれでも良いし、
書面で貰っても良いです」
と主催者側は言っていた。
私は特に何の意味もなく書面にした。ペアを
組んだ人に内容をチェックしてもらう事も
容易だし・・・。チェックも済んでスタッフ
に提出した。

んで、昨晩私のところに「原稿ないです」って
メールと「ありました」ってメール2件続けて
届いていた。なんだよ、と思ったけどまぁそんな事も
あるか・・・と思って気にしんかった。

そしたら今日私のだけ除いて他の人全員の分が
ホッチキスでとめられ、字体などの編集が
なされていた。私のだけ1枚ぺら〜っとついて
来て、各自でとめてくれと言っていた。しかも
編集されず手書きで名前が入れられていた。

・・・これどない?
手渡したスタッフにやんわりと聞いてみた。
私のペアだった人がそのスタッフだったのだ。
その人は平謝りしていたが、別にその人に問題が
ある言うてんのちゃう。

私がムカついているのはこの主催者や。
全部を確認する前に、皆がメールで送ってくれてる
と思ったらしく、急遽スタッフに編集の指示を出し、
その後私のだけがない事に気が付いたらしい。
で、「ありません」「ありました」のメールだ。
結果私のは編集もされぬまま「ええい、配ったれ!」
と言う事になったのとしか思えん。

私が間違った事してるみたいでものすごく
恥かしかった。すごい失礼や!と思って
このスタッフの人に何があったのか聞いてみた。

WOW!!! 

2004年09月30日(木) 12時43分
最近まで諦めていたMIX99.9・・・
今ダメを承知で開いてみたら、なんと!
聞けるじゃないのぉーーー(涙)

トロントMIX99.9(ラジオ)なんです。
私がかの地にいた時良く聞いていた
局です。

ああ、涙がちょちょぎれます・・・

何故かつい最近まで聞くことが出来ず
とてもブルーだったのですが・・・
なんで聞けなかったのだろうか。

あまりに嬉しくて日記に書いてしまった(汗)

トロント その2 続き 

2004年09月30日(木) 12時42分

それからというもの私の勤勉意欲は益々
燃え、これまでの人生の中でこんなに勉強
したか?ってくらいする事になる。単に
趣味のようにはまってしまったのだろう。
理由はなんであれ、それがプラスになれば
別に良いのではないだろうか。

最初の1ヶ月はビギナークラスに入った。
つまり英語喋れませ〜んクラスだ。
この学校のレベルは大きく分けて3段階、
小さく分けて10段階ある。
ビギナー、インターミディエイト、アドバンス。
それにそれぞれロウワー、(なし)、アッパー
の付いたクラスがあり、最上級がスーパー
アドバンスクラスだ。
つまり私がいたのは(なし)ビギナーだ。

うちのクラスの先生はフランス系カナダ人で
ステファンと言った。これが先生か?!と
思うようなヒッピー風あるいわミュージシャン
風の風貌をしていた。びっくりした。
最初の頃の授業などただ参加してるだけの
ような感じだった。全く聞き取れないので
周りの人がやる事を真似して分かってる振りを
していた。

1ヶ月後最初のセメスターが終り、ステファンに
話をした。私の英語はあんまり進歩してない
ように思う・・・と。ステファンは言った。
「一番最初の頃を思い出して。今とどう違う?
最初は僕の言っている事、さっぱり分からなかった
だろう?でも今はどうだ。こうやって会話できて
るじゃないか。立派に進歩してる、心配するな」

ステファンはそりゃあもうビギナーを担当させ
たら右に出る者はいない!ってくらい一番右だった。
彼ほど才能のある先生に教えてもらって私は
ラッキーだった。
彼が言った時私は初めて気が付いた。最初の頃
の私の英語力と1ヶ月後の差が歴然としている
事に・・・。これは嘘でも夢でもない、現地で
1ヶ月でも英語の授業を受けると全然違うのだ。

この最初の1ヶ月では色んな事があった。
楽しかったなぁ。だから次もこの1ヶ月の話を
したいと思う。

トロント その2 

2004年09月30日(木) 12時38分
学校が「これでいいのか?」ってくらい
すんなり決まり、そこでホームステイの
受け入れ先を探してもらった。セメスター
(新しい学期みたいなもの)直前に決めた
ので、殆ど良い条件のステイ先は埋まって
しまっている。選択の余地はないのだ。

結局街中から電車で30分もかかる果てを
紹介された(汗)しかもそこからバスで
10分、ホストマザーはたまに点滴をぶらさげ
ている老婦人だ。
何か起きた時私にどうしろというのだ・・・

さて、ステイ先は遠いが1ヶ月後には変更
したり出来るので、最初1ヶ月の辛抱と思い
ただ決まった事を喜んでいた。が・・・
肝心のその日の宿がない。

つまりトロントに来て1泊しかホテルを予約
していなかったのだっ!またもや嫌な汗を
かく。
どうしようもないので、1泊したホテルに
空きを調べてもらい、もう1泊追加する事に
した。次の日からはステイ先に入れるという
事だったので・・・。
もう・・・ほんと行き当たりばったり(汗)

それからというもの私の勤勉意欲は益々
燃え、これまでの人生の中でこんなに勉強
したか?ってくらいする事になる。単に
趣味のようにはまってしまったのだろう。
理由はなんであれ、それがプラスになれば
別に良いのではないだろうか。
学校が「これでいいのか?」ってくらい
すんなり決まり、そこでホームステイの
受け入れ先を探してもらった。セメスター
(新しい学期みたいなもの)直前に決めた
ので、殆ど良い条件のステイ先は埋まって
しまっている。選択の余地はないのだ。

結局街中から電車で30分もかかる果てを
紹介された(汗)しかもそこからバスで
10分、ホストマザーはたまに点滴をぶらさげ
ている老婦人だ。
何か起きた時私にどうしろというのだ・・・

さて、ステイ先は遠いが1ヶ月後には変更
したり出来るので、最初1ヶ月の辛抱と思い
ただ決まった事を喜んでいた。が・・・
肝心のその日の宿がない。

つまりトロントに来て1泊しかホテルを予約
していなかったのだっ!またもや嫌な汗を
かく。
どうしようもないので、1泊したホテルに
空きを調べてもらい、もう1泊追加する事に
した。次の日からはステイ先に入れるという
事だったので・・・。
もう・・・ほんと行き当たりばったり(汗)

はまるドラマ 追記 

2004年09月27日(月) 21時19分
忘れてた、そういや「ツインピークス」
がはまったドラマの最初かもしれない。
自分でもビックリするほどはまった。
毎日仕事があるのに毎日2,3本ビデオ
を借りて来ては真夜中までぶっ通し。
先に借りられていようものなら、先周り
して先の巻を借りて見たい巻が帰って
来るまでじりじりして待っていたり
した。今思えばイヤラシイ事をしていた
な(笑)

カナダにいた時最初に英語を勉強し、
その時先生にTVCMは勉強になるぞ、と
教わった。毎回同じ物が同じ事を繰り返し
つつ流れるから・・・が理由だ。
確かに一理あるな・・・。なんて
思っていたのだが、もうそれを言われる
とうの昔から、友達に誘われて見たドラマ
にはまっていた。

それは「Days of our lives」だ。この
ドラマは今日本の昼ドラで流行っている
ようなどんでん返しの連続やドロドロさ
加減に馬鹿馬鹿しくも面白く、あれよあれよ
という間にはまってしまったのである。
このドラマの凄い所はもうだーーーーいぶ
前からやっていると言う事だ。だから
私が見た部分はそのドラマの歴史のほんの
一部分だけなのだ。
それもそのはず、キャストとして出ていた
俳優さんが亡くなり、追悼ドラマ・・・
みたいな事をやっていたのを見たことがある。
このドラマ、もちろんまだやっているが
いつまでやるのだろう・・・。

あ、そうそうこの「Days」の前にやっていた
「Perfect Stranger」というドラマも
忘れちゃいけない!新聞社に働くまじめで
無能な記者の元に転がり込むどこかの国から
の男・・・。この男が慣れないアメリカで
珍騒動を繰り広げるって設定だが、どこの
国からだっけかな〜、とにかくあまりの
カルチャーギャップを見せて笑いを取る
という感じのドラマだ。ほら途中で笑い声
の入るアメリカ独特のドラマだ。
このどこかの国の人を演じているのは・・・
名前は知らないけどビバリーヒルズコップ3
に出ていたオカマちゃんの役の人だ。
当時は凄いタイムリーだった為、あまりの
興奮にギャーと騒いだ記憶がある(汗)

今は多分やってないだろうなぁ。
2004年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像kitten
» 愛しの娘へ (2004年10月22日)
アイコン画像RANA-mama
» 愛しの娘へ (2004年10月21日)
アイコン画像kitten
» 取り越し苦労(・_・; (2004年09月12日)
アイコン画像あっきぃ♪
» 取り越し苦労(・_・; (2004年09月12日)
アイコン画像kitten
» レインボーファンのその後 (2004年09月08日)
アイコン画像ゆきぽん97
» レインボーファンのその後 (2004年09月08日)
アイコン画像kitten
» 施設が必要だったわけ (下) (2004年09月06日)
アイコン画像ゆきぽん97
» 施設が必要だったわけ (下) (2004年09月06日)
アイコン画像きょうこ
» はぁ、いよいよ・・・ (2004年09月02日)
アイコン画像じゅんじー
» 初ブログ♪ (2004年09月02日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:silkuni
読者になる
Yapme!一覧
読者になる