ASTRA 

2006年02月27日(月) 21時33分
第2期ASIA
Geoffrey Downes(ジェフリー・ダウンズ)
                    
Mandy Meyer(マンディー・メイヤー)
Carl Palmer(カール・パーマー)
John Wetton(ジョン・ウェットン)

 ウェットンが3作目のアルバムには戻ってきました。スタジオアルバム的にいうと、ハウが脱退して、謎のスイス人ギタリスト−マンディー・メイヤーが加入したことになります。彼のギターは、繊細さはさすがにハウには劣りますが、厚みのあるパワフルなサウンドは、かなり魅力的です。
 個人的には一番好きなアルバムです。"Go"、"Countdown to zero"、"After the war"なんかが近未来的なイメージを持っていてコンセプトアルバムといってもいいです。その他の曲も粒が揃っていていいですよ。特に"Rock and roll dream"は6:50もある大作で聴き応えがあります。
 ハッキリいうと、この作品はお金をかけたわりには全くといっていいほど売れませんでした。そのショックは大きかったようで、ASIAはこの後ツアーもやらずに長い休止期間に入るのでした。

ALPHA 

2006年02月27日(月) 20時38分
第1期ASIA
Geoffrey Downes(ジェフリー・ダウンズ)
Steve Howe(スティーブ・ハウ)
Carl Palmer(カール・パーマー)
John Wetton(ジョン・ウェットン)

 ファーストから間髪入れずに発売されたセカンドです。
そこそこ売れました。しかしファーストに比べると物足りない部分があったらしく(特にGeffenに)、暗雲が立ち込めるきっかけになった作品です。
 作品的には、自分はファーストより好きです。特に"Don't cry"は名曲中の名曲です。このドライブ感は何物にも変えがたいです。ASIAの中でも一番好きな曲でもあります。"Open your eyes"もあまりにも壮大な曲です。この2曲が頭と最後に入っていて、うまく機能しあってます。もちろん、今回も捨て曲ゼロです。
 このアルバムを出した直後に、ウェットンとハウの意見が分かれるようになり、ウェットンが脱退してしまいます。変わりに迎えられたのは、何と元EL&Pのグレッグ・レイクでした!やはり彼の”投げやり歌唱法”ではASIAに合わずに来日公演のみで去っていきました・・・。

ASIA 

2006年02月27日(月) 19時45分
第1期ASIA
Geoffrey Downes(ジェフリー・ダウンズ)
Steve Howe(スティーブ・ハウ)
Carl Palmer(カール・パーマー)
John Wetton(ジョン・ウェットン)

 記念すべきASIAのファーストアルバムです。
 ASIAはKING CRIMSON,YES,EL&Pの名手達が集ったバンドです。全米の記録によると、"Heat the moment"が4位、"Only time will tell"が17位。アルバム自体は10週連続1位の凄まじい記録を持っています。「宣伝をしまくったから当たり前だ」という意見もありますが、いい作品が大ヒットしたというのは喜ばしい事です。
 ジャンルとしてはHR,POPということになってしまうのですが、ほのかにプログレの匂いを漂わせた傑作に仕上がっています。後にASIAの核になるダウンズの印象的な旋律、ハウの緻密なギターワーク、パーマーのドタバタしたドラミング(褒めてます・笑)、そしてウェットンの癒しのジェントルヴォイスが最高の化学反応を起こしています。
 全曲素晴らしいのですが、自分は"Sole survivor"が一番好きです。
 心無いプログレファンからは、「魂を売った」などと冷やかされましたが、このアルバムがミラクルな存在であること変わりはありません。

ASIA(エイジア)との出会い 

2006年02月27日(月) 19時28分
今のところ一番好きなバンド、ASIA(エイジア)について、まずは語りたいと思います。
自分とASIAの出会いは、あまりにも安易な理由からでした。
EUROPE(ヨーロッパ)というハードロックバンドがいますが、彼らのアルバムも買い揃えたし、次はどのバンドを集めようかなということで、やっぱり同じユーラシア大陸のASIAしかないだろうと・・・。
その時は、ASIAの曲は一曲も認識していませんでしたし、ましては彼らがプログレ出身のスーパーバンドであることは知りませんでした。
そして、近所のタワレコでASIAのASIA(バンド名がアルバム名)を1470円の格安で購入して聴いてみました。ハッキリ言って最高でした。ファーストなのに凄まじい完成度。「こいつら何者だ!?」ってことになるわけですよ。そして、やっとライナーを読んで納得。プログレテクニシャンの集合体だったわけですね。
しかし、ASIAによって入ってはいけないプログレワールドに足を踏み入れてしまったわけです。
P R
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:silent_nation
読者になる
Yapme!一覧
読者になる