ローズS近づく!! 

September 14 [Fri], 2007, 15:01
さてさて、今週末はローズS!!
秋華賞TRレースってことで、上位3頭までが秋華賞への優先出走権をもらえます。

そして…私の大好きなベッラレイラが出走するのですよ
ベッラはイタリア語で「美しい」
レイアはギリシア神話で「女神」という意味です。
「美しい女神」の名のごとく、と〜っても可愛い顔してるんです
こんなに可愛い牝馬見たことないです!!
これほど可愛い容姿なのに、レース展開が凄くて。
あざみ賞とか最後方から一気に全頭差し切っちゃうし、フローラSなんか前つまったりしながら、大外に出して一気にごぼう抜きしちゃうし。
あの差し脚の大ファンになっちゃったね(笑)

そのベッラレイアの最大のライバルと言えるのがダイワスカーレット。
ダービーを優勝したウオッカが、桜花賞でこのダイワスカーレットに負けてるんです。
本当に強い馬だと思う。この子も可愛い。
絶対に秋華賞でウオッカと勝負をつけたいと思っているはずです。
でも、私はベッラレイアなら勝てると信じる!!

他には、NHKマイル優勝したピンクカメオ、レインダンス、ザレマ、ハロースピードなんかが注目馬かな。
とにかく楽しみで仕方無い今週末です

★ローズS予想★

◎ベッラレイア
〇ダイワスカーレット
▲ピンクカメオ
△レインダンス、ザレマ

第1回 サイレンススズカ 

September 13 [Thu], 2007, 0:42
私が競馬を語る上で、この馬だけははずせません。
ブログのアドレスにしちゃうくらい大好きな馬です
今でも思い出すと泣いちゃうくらい
なので、第1回は絶対この馬!!ってことで語ります(笑)


私がこの馬と出会ったのは、1996年…今から11年前。
中学生の時です。
確か一番最初に観たのは弥生賞だったかな。
発馬の時にゲートをくぐっちゃって、外枠発走になるハプニング発生!
何でも担当の厩務員が離れたことで寂しくなっちゃったらしい(笑)
そういうとこが可愛い、と今思います。
結局再発馬でも10馬身の出遅れで、先頭集団に追い付いたものの8着という結果に。

その次にこの馬を観たのは、金鯱賞(GU)でした。
ものすっごい馬がいると思って観てました。
最初からとばして、最後までそのままなんて信じられんかった。
絶対途中で力尽きるかと思えば、何と大差勝ちのレコードタイムというオマケ付きで勝利!!!
この時のドキドキは忘れられんね〜
後にあの弥生賞の時の馬だと知った時にはめちゃくちゃ驚いたヨ。

それからはサイレンススズカばっか追ってました。
私の青春として語れるくらい(笑)
次の宝塚記念(GT)では1番人気、そしてまたしても最初から最後まで1番先頭を走って優勝。
GTでこんな勝ち方を見たことがなかっただけに衝撃。
本当に風のように駆け抜ける馬だと思った。

そして私が一番熱くなったのはこの毎日王冠(GU)。
競馬好きなら誰もが知っている、外国産馬のエルコンドルパサーとグラスワンダー。この2頭との初の対戦だった。
しかし、そんなの関係ねぇ!!!とでも言うように(笑)、またもや優勝。
最後まで2着のエルコンドルパサーに影を踏ませることもなかった。
# ちなみに、エルコンドルパサーは1999年に年度代表馬の称号を得ることになる。
私の興奮も絶頂で、このままこの馬は今後GTタイトルを獲得し続けるんだろうと信じていた。




そんな思いの中・・・迎えた運命の天皇賞(秋)・・・。
圧倒的1番人気。単勝の1.2倍(普通に考えるとGTではありえない…)。
いつもよりハイペースで先頭を走る。
本当に速かった。
後で知った話だけど、3コーナー手前で2着の馬に10馬身も差がついていたらしい。
もう後は普通に流せば勝利は確定のようなものだった。

でも、ここで悲劇が・・・・・・

3コーナーを過ぎたところで突然前のめりに倒れそうになるスズカ。
私は何が起こったのかわからなかった。
当時、競争中止になる馬をリアルに見たことなんかなかったからね。
「え?何で止まったん?」って父親に聞いた覚えがある。
そして、そのまま外ラチの方へ。。
会場からは悲鳴のような声が上がっていた。
誰もゴール前なんて見ておらず、どの馬が勝ったかもわからない人さえいたそうです。

皆がただただ願ったのは、「命だけは助かってほしい」ということだけ。
スズカの主戦だった武豊騎手もただそれだけを願っていた。
でもそんな願いも届かず、結果は予後不良。
武騎手はその夜は泣き明かしたそう。
本来なら、立ってられないほどの重症だった。
でも、スズカは踏みとどまった。
ここで倒れては上に乗っている武騎手が落ちてしまう。
落ちたらおそらくは後続の馬に巻き込まれ、ただではすまなかった。
気絶していてもおかしくない痛みを抱えながら、最後までその足を前に出し続けたのは按上への愛だろうと語られている。
武騎手も「スズカに命を救われた」と涙を流していたそうです。


遅咲きの英雄は、5歳という若さで短い生涯を遂げました。
スズカが予後不良になった天皇賞(秋)は今でも観るのがつらいです。
でも、私はこの馬が大好きで、それはずっと変わらない!
スズカの仔を見てみたかったという無念は残りますが、光のような速さで駆け抜けたこの子の一生を私は大事に心にしまっておこうと思います。

ここに「最強ヒストリー サイレンススズカ」の特集があります。
もっと詳しく載ってるので、興味のある人はぜひ!!
最強ヒストリー サイレンススズカ

第1回終わり。

馬ブログ始めました☆ 

September 12 [Wed], 2007, 1:39
衝動的に始めちゃいました(笑)
秋競馬への楽しみがいっぱいいっぱいで、語りたくて仕方無いのです!!

私は大のお馬さん好きです
昔から競馬観るのが大好きで(賭けはあんまやんない)よく観てました。
あんま観てなかった期間もあったけど、最近また愛してやみません
色々語りマス。よろしく
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:もちこ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 趣味:
    ・ペット-サイレンススズカ、タニノギムレット、スペシャルウィーク、トウカイテイオー、シーザリオ、ウオッカ、ベッラレイア、エフティマイア
読者になる
とにかく馬を愛してます
このブログではお馬さんの話題中心に書いていく予定。
今一番注目してるのは3歳牝馬!!
2007年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる