山本裕典「花ざかりの君たちへ」〜イケメン♂パラダイス〜 5話・6話 あらすじ&ネタバレ プリクラ 画像 

August 06 [Mon], 2007, 13:30
「花ざかりの君たちへ」〜イケメン♂パラダイス〜第5話あらすじ

夜中に瑞稀(堀北真希)を襲いにきたのは寮の仲間達。
瑞稀が気づくと、萱島(山本裕典)の父(山本裕典一人二役)【画像】の車の中で、中津(生田斗真)、難波(水嶋ヒロ)、萱島、中央(木村了)が「アイアイ」を歌いながら盛り上がっていた。

ついた先は海の家。
半ば強引に連れてこられ、訳がわからなかった瑞稀も「海だ!花火だ!」と叫び、喜ぶ。
ところが、海の家に降り立つと、瑞稀たちの目前に仁王立ちで立ちはだかる女性が。
この女性は、なんと、難波の母・伊緒(森口瑤子)。



海の家リニューアルオープンに備えて、息子に友人たちを連れてくるように指示していたのだ。
そうとは知らない瑞稀たちだったが、伊緒の勢いに押され、あれこれと仕事を手伝わされる。

皆は海の家の手伝いをする中、難波は海辺でナンパ。
難波は浜辺で元カノの可南子に出会う。

仕事を終えた瑞稀と中央は、浜辺に難波を探しに行くと、可南子と一緒の難波はいつもと違う表情をしていて、二人は声をかけられない。
後で、瑞稀がたずねると、難波は本気でほれた唯一の女だと告白する。


こまりからメールがきた中津に「波乱のまくあけだね〜」と萱島が声をかけ、あいのり@イケメンパラダイスがスタート。

【あいのり相関図】

その話をしていると、第2寮の連中も続々とやってきて、中津が瑞稀を好きなことが皆にバレる?

一方、瑞稀は、女風呂に入ってるところを伊緒に見られてしまい、女ということがバレる。



後からきた第2寮組に仕事をまかせて遊ぼうとする中津たち。
瑞稀が水着を忘れたというのを聞いて、瑞稀に似合う水着は・・・と想像した中津は、またも鼻血を出す。

【瑞稀水着姿】

そこへ神楽坂(城田優)が登場。
神楽坂の挑発にのって、桃郷と桜咲、どっちがいけてるか勝負をすることに。



いよいよ対決がスタート。
ビーチフラッグ、餃子早食い、イントロクイズ、相撲対決を終えたところで2勝2敗の引き分けで、決着は中津と神楽坂が競うバランス対決に持ち越される。

結果、引き分けとなり、明日ナンパで決戦することになり、負けた方は全裸で帰ることに。

萱島は競技に参加しないけど、つけヒゲ、蝶ネクタイ、相撲の行司、ウエイターっぽい格好になったりと、大活躍。【映像】

ナンパと言えば、難波の十八番だが、難波はいつもの元気がない。
心配した中央が尋ねると、可南子が結婚するのだという。
納得いかない難波は、可南子を奪おうと思っていると打ち明けると、中央は自分の幸せと相手の幸せと、どっちが大事なのかと、問いかける。

それを立ち聞きしていた瑞稀は中央のそばに。
まわりから孤立していた中央を、難波が中にいれてくれたのは難波だった。
憧れの存在がいつしか恋心に・・・
その気持ちを伝えなくていいのかという瑞稀に、「そばにいれればそれでいい。笑った顔が見れてればそれで充分。」という中央。

その頃、陸上部の合宿では、突然、部活に復活した佐野に納得できない部員たちが、佐野がどれくらい本気なのか試したいと梅田に直談判。
翌日の合宿の最終日に、地区大会の標準記録を跳べたら、入部を認めるというのだ。
佐野は、引き受けざるをえない。
その夜、トレーニングに打ち込む佐野に、関目が携帯電話を差し出す。
瑞稀たちが泊まっている海の家にかけたが、電話に出た伊緒に、瑞稀は寝ていると言われる。

 翌日、瑞稀が中津とナンパをしていると伊緒に呼ばれ、昨夜、佐野から電話があったと聞かさせる。
驚いた瑞稀は合宿所の電話番号を聞くと、早速、電話をかける。
佐野とは話せなかったが、梅田から佐野の事情を聞くと、瑞稀は居ても立ってもいられなくなる。


海の家の海岸近くには、可南子と難波がいた。
中央の言葉に考えさせられた難波は、可南子の幸せを最優先に考え、自らの思いを断ち切る決意をしていた。
そして、満面の笑顔で可南子の結婚を祝福する言葉を述べると、その場を立ち去る。

そんな難波のもとへ、中央がやってくる。
ナンパで苦戦している中津の応援に行こうと誘う中央に、「しょうがねぇな」と言いつつ、嬉しそうに連れ立って行く。

浜辺では、まさにナンパ対決が行われていた。
なんだかんだで老婆ひとりしか連れて来られなかった桜咲学園に対して、桃郷学院は10人の女の子を連れて来ていた。
勝負あり、というそのとき、難波と中央が10人以上の女の子を引き連れて現れる。

結局、これで桜咲学園が勝利する。

「チェリーボーイコンテスト」の看板で前を隠し、神楽坂くんとゆかいな仲間たち退場。

一方の佐野は、梅田や関目、部員たちが見守るなか、助走をつけてバーへと向かうが、跳躍の寸前で横に逸れてしまい跳ぶことができない。
部員たちが課した3本の試技のうち、2本を失敗してしまう。
ラスト1本となったとき、瑞稀がグラウンドに到着し、スタンドから見守り思わず「…跳べ」と祈る。

佐野は跳び越えるが、ギリギリでバーが落ちる。

呆然とする佐野に、入部は認められないと念を押す部員たち。
すると、佐野は彼らに向かい「もう一度改めて跳ばせてほしい」と深々と頭を下げる。



しかし、部員たちはそれを聞き入れず、立ち去ろうとする。
関目が部員たちを引き止め話し始めたとき、佐野が地面に頭を着けて土下座しているのが目に入る。
佐野の切実な思いを感じた部員たちは、渋々ながら入部を認めることに。

佐野の苦しむ姿を見て、「佐野から笑顔を奪っているのは私だ・・・」と想い悩む瑞稀。

「花ざかりの君たちへ」第5話 NG・お宝映像 ロケ現場潜入取材

「花ざかりの君たちへ」〜イケメン♂パラダイス〜第6話ネタバレ

思うように跳べない佐野(小栗旬)を見て、瑞稀(堀北真希)は自分が佐野を追い詰めているのではと落ち込む。
中津(生田斗真)は、そんな元気のない瑞稀が気になり…。

海の家での滞在を終えた芦屋瑞稀(堀北真希)は、中津秀一(生田斗真)ら生徒たちと寮へ戻ってくる。
同じ頃、陸上部の合宿に参加していた佐野泉(小栗旬)も、すでに戻っていた。

中津は、海の家から佐野に会うために合宿所へ行った瑞稀が、再び海の家に戻ってきたことが気になっていた。
寮に戻り、瑞稀にそのことを尋ねるが、瑞稀は答えようとしない。
瑞稀は佐野を追い詰めているのは自分だと思い、佐野に会うのが怖くなっていた。

その頃佐野は、高跳びの練習をしていた。
まだバーを越えることはできないが、練習を止めようとしない。

そんな佐野を、カメラマンの原秋葉(紺野まひる)が狙っている。

すると、そこへ、ライバル、桃郷学院の神楽坂真言(城田優)が現れる。
佐野を見た神楽坂は、「足癖が悪い」と言うが、この一言に佐野はハッとする。

瑞稀は保健室に校医の梅田北斗(上川隆也)を訪ね、佐野のことを相談する。
瑞稀は、自分が桜咲学園に来れば、佐野は高跳びと向かいあい、すぐに跳べるようになると思っていたが、それは間違いだったと落ち込んでいた。
梅田は、佐野は今は苦しんではいるが、跳ぶことで自分を取り戻そうとしているんだと、諭すように話す。

そんな折、瑞稀の両親がアメリカからやってくる。
突然の来訪に驚きながらも、久しぶりの時間を過ごしていると、中津から呼び出しの電話が。
断れなかった瑞稀は、夕食には戻ると母に約束をして、中津が待つ場所へ。
ところが、そこにいたのは、佐野だった…。



山本裕典(やまもと ゆうすけ)
生年月日:1988年1月19日
出身地:愛知県宝飯郡一宮町(現・豊川市)
身長:180cm
血液型:A型
所属事務所:Ever Green Entertainment

2005 JUNONスーパーボーイ・コンテスト
準グランプリ受賞&フォトジェニック賞&読者投票1位

2006年『仮面ライダーカブト』の仮面ライダーサソード・神代剣役で俳優デビュー。
ヒミツの花園 (2007年、フジテレビ) - 立川拓実 役
鬼嫁日記 いい湯だな (2007年4月 -、フジテレビ) - 進藤祐介 役
マイフェアボーイ(2007年6月4日 - 7月13日、TBS) - 上原優一 役(ドラマ初主演作)


WaTの2人、嵯峨和真役の溝端淳平とはJUNONで仕事をしたことがあり仲が良い。
ちなみに難波南役の水嶋ヒロとは、「仮面ライダーカブト」で山本裕典と共演している。

山本裕典が榮倉奈々とプリクラ!?

小池徹平と山本裕典を渋谷で目撃!盗撮映像を入手
P R