宮筋腫の増加に

February 18 [Sat], 2017, 12:49
食生活の欧米化に伴い、和食中心の食生活が少なくなってきたことも子宮筋腫の増加に深く関係していると言われています。
昔に比べて野菜や穀物の摂取量が減る一方で、油ものや肉類、乳製品の摂取量は増加しています。
さらにはインスタント食品を摂取する機会も多くなり栄養バランスが乱れがちになっています。
特に若い女性の間で子宮筋腫が増加している原因はここにもあると言えます。
インスタント食品に含まれる添加物は体にとっては不要なものであり、過剰に摂取することでホルモンバランスが崩れてしまい、その結果子宮筋腫ができやすくなっているとも考えられています。
また生の食べものは体を冷やして血流を悪化させてしまうため子宮筋腫につながりやすいと言えます。
「冷えは万病のもと」とも言いますが、体が冷えることで子宮筋腫以外に子宮内膜症や卵巣のう腫などその他の女性疾患のリスクも高まります。
子宮筋腫を防ぐためにはなるべく温かい食べ物や飲み物を摂取して体を冷やさないように心がけることも大切です。
また砂糖も体を冷やすことで知られており、甘いものの摂りすぎも体を冷やしてしまうため避けることが大切でしょう。
すでに子宮筋腫ができている人は月経過多の症状などから貧血になっていることも少なくありません。
レバーやひじき、ほうれん草など鉄分を多く含む食品やビタミンCを積極的に摂取することも忘れないようにしましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:やま
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる