海技従事者、アーキビスト、・・とか独り言 

August 23 [Tue], 2016, 6:10
[海技従事者]

海技士の免許(海技免状)や小型船舶操縦士の免許(小型船舶操縦免許証)を持つ者の総称です。

区分や等級が様々に分かれており、仕事や経験に応じて選ぶことになります。

たとえば、大きく航海、機関、通信、電子通信などがあります。

免許は5年ごとの更新が義務付けられています。





[陶磁器製造技能士]

陶磁器製造に関する学科と実技試験に合格することで得られる資格です。

手ろくろ成形作業、機械ろくろ成形作業、鋳込み成形作業、絵付け作業、原型製作作業に分かれます。

それぞれ1級と2級の等級区分があり、技能や経験に応じて選ぶことになります。

名称独占資格なので、合格した人しか名乗ることができないです。





[アーキビスト]

永久保存価値のある情報を取り扱う専門家です。

なじみが少ないですが、司書や学芸員が近いかもしれないです。

写真、ビデオ、録音、手紙、書類、電磁的記録など様々な形式の媒体があるので、それぞれに専門知識を要します。

また利用者の研究の支援ができるよう対人スキルも重要なのだそうです。



音響技術者、アイドル、・・とか独り言 

August 18 [Thu], 2016, 6:07
[音響技術者]

建築物の音響機構とか、あるいは音響機器を操作する専門家です。

系統的に音楽録音、舞台音響、映画、放送などに分かれるようです。

音を扱う仕事っていろいろ多岐にわたりますね。

音楽録音では、具体的にはレコーディングエンジニア、マスタリングエンジニアなどがあります。






[広告美術仕上げ技能士]

広告美術仕上げに関する学科及び実技試験をクリアすることで得られる資格です。

名称独占資格の国家資格となっています。

広告面ペイント仕上げ作業、広告面粘着シート仕上げ作業、広告面プラスチック仕上げ作業に分かれ、それぞれ1級や2級の等級区分があります。






[アイドル]

アイドルはもはや職業名称の一つとして考えてよさそうです。

70年代や80年代のアイドルに対するイメージとはかなり違ってきています。

また様々なカテゴリーも登場しており、ネットアイドルとか、ローカルアイドルとか、ママドル、フードルなど、さまざまに細分化しているのでした。



音響監督、セルフマニピュレーション、・・とか独り言 

August 11 [Thu], 2016, 5:50
[音響監督]

アニメーションやゲームなどの作品で重要な役割を担います。

作品のイメージや評価に強くかかわる要素です。

日本独自の職業のようで、アメリカでは「サウンドスーパーバイザー」「ミュージックスーパーバイザー」などと呼ばれる職業に近いようです。

経験などから声優出身の人も多いようです。






[路面標示施工技能士]

溶融ペイントハンドマーカー工事作業、加熱ペイントマシンマーカー工事作業に分かれます。

いずれも単一等級となっています。

路上での作業となり、交通を全部また部分的に閉鎖して行う作業です。

交通を止めて行ったり、近くを車が通ったりと、実際の仕事の時はプレッシャーが大きそうです。






[セルフマニピュレーション]

スピーチやプレゼンなどで、注意したい行為です。

たとえば顔を触る、髪をいじる、指を組むなど落ち着かなさを表す行為です。

聞く側には、やましさや自信の無さを連想させるものです。

無意識のうちにやってしまいやすいので、しっかり練習したり場数や経験をこなすことが大事です。



音楽療法士、社会的勢力、・・とか独り言 

August 05 [Fri], 2016, 6:54
[音楽療法士]

音楽療法を専門に扱う人のこと。

音楽を聞いたりしたときの生理的・心理的・社会的な効果を利用して心身の健康の回復を図ることを専門にするそうです。

音楽の効果はありそうですが、医療として専門家が食べていけるのか心配になりそうですが、そのあたりはどうなのでしょうか。






[塗装技能士]

塗装についての学科や実技試験に合格して得られます。

塗装対象などにより分かれ、「木工塗装作業」、「建築塗装作業」、「金属塗装作業」、「噴霧塗装作業」、「鋼橋塗装作業」があります。

1級と2級の等級区分がありしっかり表示する必要があります。

また等級によって必要な実務経験も違います。






[社会的勢力]

派閥云々に興味がなくても、参考になる考え方です。

自分の意図するように、相手の行動や態度を変える力を社会的勢力という場合があるそうです。

その基盤を分類すると、報酬勢力、強制勢力、正当勢力、専門勢力、準拠勢力、魅力勢力、情報勢力に分けて考えることができるそうです。

骨の折れる説得が必要なとき、きっと分析の助けになると思う。



音楽プロデューサー、笑いと心理、・・とか独り言 

July 30 [Sat], 2016, 6:32
[音楽プロデューサー]

音楽のプロデューサーで、レコードやCD、コンサートなどを手掛けます。

映画などの企画で音楽を担当する場合もあります。

その仕事の範囲は多様で、なかなか境界線が難しいところもあるようです。

たとえばアーティストの発掘・契約・育成を担当する人も含まれたりしています。






[ウェルポイント施工技能士]

地盤工事の一つで、井戸を築造し排水して地下水位を低下させることで、地盤を締め固めたり、地下水を低下させて掘削作業を容易にします。

土木工事では欠かせない工法の一つです。

一般の人にはなじみがないですが、地盤に関わる工事なので、初期に重要になる工事です。





[笑いと心理]

笑いから相手との距離が縮まることもあります。

真剣な話ばかりでは、疲れてしまいます。

ときどき笑いを入れることで、大事な話もスムーズに進むということもあります。

もちろん時と場合によっては笑いに相応しくないこともありますが。

多くの場面で雰囲気づくりに大きな役割を果たすはずです。




音楽評論家、自己開示、・・とか独り言 

July 24 [Sun], 2016, 6:32
[音楽評論家]

音楽に関する評論家です。

CDなどの批評や、音楽会のレポート、音楽時評などを仕事とします。

ライナーノートの執筆を行ったりもします。

音楽そのものではなく、音楽を言葉で語る仕事ってなんだかおもしろいですね。

スポーツでは一流選手から転向する人も多いですが、音楽家の場合はそれは少ないようです。






[ガラス施工技能士]

ガラス施工に関する技能士です。

1級と2級の等級区分があります。

試験ではアルミサッシの組立て・取付け作業や、板ガラスの加工や施工などの技術が確認されます。

ガラスは建材としても多く使われるので、ガラス施工はすごく重要な資格だと思います。

一般の人にもイメージしやすい資格の一つでしょう。






[自己開示]

進んで自己開示する人って人間関係がスムーズな人が多いです。

とはいえ単なる自慢話では印象はよくないですが。

弱みも含めて自己開示することが、相手の信頼を得るには近道のようです。

なかなか自分のことを話さない人には親近感とか共感はわきにくいものです。



音楽家、社会的現実性、・・とか独り言 

July 18 [Mon], 2016, 6:34
[音楽家]

音楽家には実演家と制作者に大きく分かれると思います。

両方手掛ける人もいます。

実演家には、指揮者、演奏者、歌手などがあります。

制作者にも作曲家、作詞家、編曲家などがあります。

それぞれ一つを突き詰める人もいれば、いくつかの組合せで活躍する人もいます。






[バルコニー施工技能士]

バルコニー施工に関する学科と実技試験に合格して得られます。

単一等級のみとなっています。

バルコニーは外部壁面部分に張り出したスペースで、手すりをつけることが法律で決められています。

物干し場や娯楽用のスペースとして主に利用されます。

ちなみに、屋根があるものをベランダといいます。






[社会的現実性]

周りの人等から自分に賛成されたりすることで、自分の意見は正しいと考えることができます。

またほかにも、自分と同じ意見を表明した他人の存在を知ることでも、意見の正しさを確認できるようです。

このことからも同意者の数というのは説得力があることが分かります。




お笑いタレント、ゴマすりの効果、・・とか独り言 

July 12 [Tue], 2016, 6:31
[お笑いタレント]

職業としてのお笑いタレントも注目されています。

養成所ができて知名度があがったことで、そこを目指す人への道が示されています。

目指しても成功する人は極僅かという厳しい世界ですが、多くの人がチャレンジしています。

成功までの苦労もまた、そのタレントのネタとされたりしているのでした。





[自動ドア施工技能士]

今ではおなじみの自動ドアの施工にも技能士があります。

店舗やビルなど公共の場では当たり前になっています。

自動ドアは機械的に見ると、オペレータ部、センサー部、ドア・サッシ部で構成されています。

不特定多数の人たちに利用されることから、安全に利用できるように様々な工夫があります。






[ゴマすりの効果]

ゴマすりというのは上司にとっては効いたとしても、同僚から見ると反感の対象になりやすいです。

昔と違ってビジネス環境も厳しくなっており、仕事内容の伴わない評価は得られにくくなっています。

ゴマすりの効果ってそれほど高くないです。

むしろ、反感を買う負の部分のほうが大きいかも。




オートレース選手、好意の返報性、・・とか独り言 

July 06 [Wed], 2016, 6:36
[オートレース選手]

プロスポーツ選手で、オートレーサーとも呼ばれます。

経済産業省管轄の国家資格所持者です。

公営競技のオートレースで賞金を稼ぎます。

ちなみにオートレース選手は個人事業主という扱いなんだとか。

体力に関係する競輪などに比べるとかなり選手寿命が長いようです。





[サッシ施工技能士]

サッシと聞くとすごく身近に感じます。

いろんな工事がありますが、一般の人にも通じやすい工種ですね。

サッシ施工に関する学科及び実技試験に合格することで、名乗ることができる名称独占資格です。

サッシというとアルミサッシをイメージする人は多いと思います。

でも樹脂や木製もけっこう使われているみたいです。





[好意の返報性]

気持ちに余裕がないとき、関係がなれあいすぎると見失いがちなことです。

相手は好意をもって接する人には好意を抱きやすいということ。

逆に敵意を持っていたり、嫌われていると感じた人に、好意を向けることは難しいです。

有効な関係を築くには、まずはこちらから好意で接することが大事です。




演奏者、欲求階層説と動機、・・とか独り言 

June 30 [Thu], 2016, 6:41
[演奏者]

音楽表現のために楽器などの演奏を行い、奏者とも呼ばれます。

作曲者が演奏を兼ねるのが普通だった時代もありました。

時を経て作曲は行わずに演奏を専門とする演奏者もいます。

演奏者と作曲者がそれぞれ分化していくのは時代の流れなのかな。

もちろん両方を兼ねる人もいますが。






[カーテンウォール施工技能士]

カーテンウォールと聞いて、一面ガラス張りのビルなどをイメージできる人は一般の人では少ないかな。

言葉としては知られていないけど、実物自体はほとんどの人が目にしている工法です。

建物の荷重を直接負担しない壁のことで、だからこそガラスが使えるみたいです。

その工事に関する資格です。





[欲求階層説と動機]

仕事を強制でやらせるよりも、自発的にできる環境を整えるほうがよさそうです。

そのときに参考になる考え方がマズローの欲求階層説かもしれないです。

人間は低次の欲求を満足しないとより高次の欲求が表れないというもの。

まずは飢えとか生理的欲求、そして安全性に対する欲求。

それから集団に属して愛されたい欲求がでてきて、尊重されたくもなります。

最後が活躍したいなどの自己実現の欲求になるようです。