音楽評論家、自己開示、・・とか独り言 

July 24 [Sun], 2016, 6:32
[音楽評論家]

音楽に関する評論家です。

CDなどの批評や、音楽会のレポート、音楽時評などを仕事とします。

ライナーノートの執筆を行ったりもします。

音楽そのものではなく、音楽を言葉で語る仕事ってなんだかおもしろいですね。

スポーツでは一流選手から転向する人も多いですが、音楽家の場合はそれは少ないようです。






[ガラス施工技能士]

ガラス施工に関する技能士です。

1級と2級の等級区分があります。

試験ではアルミサッシの組立て・取付け作業や、板ガラスの加工や施工などの技術が確認されます。

ガラスは建材としても多く使われるので、ガラス施工はすごく重要な資格だと思います。

一般の人にもイメージしやすい資格の一つでしょう。






[自己開示]

進んで自己開示する人って人間関係がスムーズな人が多いです。

とはいえ単なる自慢話では印象はよくないですが。

弱みも含めて自己開示することが、相手の信頼を得るには近道のようです。

なかなか自分のことを話さない人には親近感とか共感はわきにくいものです。



音楽家、社会的現実性、・・とか独り言 

July 18 [Mon], 2016, 6:34
[音楽家]

音楽家には実演家と制作者に大きく分かれると思います。

両方手掛ける人もいます。

実演家には、指揮者、演奏者、歌手などがあります。

制作者にも作曲家、作詞家、編曲家などがあります。

それぞれ一つを突き詰める人もいれば、いくつかの組合せで活躍する人もいます。






[バルコニー施工技能士]

バルコニー施工に関する学科と実技試験に合格して得られます。

単一等級のみとなっています。

バルコニーは外部壁面部分に張り出したスペースで、手すりをつけることが法律で決められています。

物干し場や娯楽用のスペースとして主に利用されます。

ちなみに、屋根があるものをベランダといいます。






[社会的現実性]

周りの人等から自分に賛成されたりすることで、自分の意見は正しいと考えることができます。

またほかにも、自分と同じ意見を表明した他人の存在を知ることでも、意見の正しさを確認できるようです。

このことからも同意者の数というのは説得力があることが分かります。




お笑いタレント、ゴマすりの効果、・・とか独り言 

July 12 [Tue], 2016, 6:31
[お笑いタレント]

職業としてのお笑いタレントも注目されています。

養成所ができて知名度があがったことで、そこを目指す人への道が示されています。

目指しても成功する人は極僅かという厳しい世界ですが、多くの人がチャレンジしています。

成功までの苦労もまた、そのタレントのネタとされたりしているのでした。





[自動ドア施工技能士]

今ではおなじみの自動ドアの施工にも技能士があります。

店舗やビルなど公共の場では当たり前になっています。

自動ドアは機械的に見ると、オペレータ部、センサー部、ドア・サッシ部で構成されています。

不特定多数の人たちに利用されることから、安全に利用できるように様々な工夫があります。






[ゴマすりの効果]

ゴマすりというのは上司にとっては効いたとしても、同僚から見ると反感の対象になりやすいです。

昔と違ってビジネス環境も厳しくなっており、仕事内容の伴わない評価は得られにくくなっています。

ゴマすりの効果ってそれほど高くないです。

むしろ、反感を買う負の部分のほうが大きいかも。




オートレース選手、好意の返報性、・・とか独り言 

July 06 [Wed], 2016, 6:36
[オートレース選手]

プロスポーツ選手で、オートレーサーとも呼ばれます。

経済産業省管轄の国家資格所持者です。

公営競技のオートレースで賞金を稼ぎます。

ちなみにオートレース選手は個人事業主という扱いなんだとか。

体力に関係する競輪などに比べるとかなり選手寿命が長いようです。





[サッシ施工技能士]

サッシと聞くとすごく身近に感じます。

いろんな工事がありますが、一般の人にも通じやすい工種ですね。

サッシ施工に関する学科及び実技試験に合格することで、名乗ることができる名称独占資格です。

サッシというとアルミサッシをイメージする人は多いと思います。

でも樹脂や木製もけっこう使われているみたいです。





[好意の返報性]

気持ちに余裕がないとき、関係がなれあいすぎると見失いがちなことです。

相手は好意をもって接する人には好意を抱きやすいということ。

逆に敵意を持っていたり、嫌われていると感じた人に、好意を向けることは難しいです。

有効な関係を築くには、まずはこちらから好意で接することが大事です。




演奏者、欲求階層説と動機、・・とか独り言 

June 30 [Thu], 2016, 6:41
[演奏者]

音楽表現のために楽器などの演奏を行い、奏者とも呼ばれます。

作曲者が演奏を兼ねるのが普通だった時代もありました。

時を経て作曲は行わずに演奏を専門とする演奏者もいます。

演奏者と作曲者がそれぞれ分化していくのは時代の流れなのかな。

もちろん両方を兼ねる人もいますが。






[カーテンウォール施工技能士]

カーテンウォールと聞いて、一面ガラス張りのビルなどをイメージできる人は一般の人では少ないかな。

言葉としては知られていないけど、実物自体はほとんどの人が目にしている工法です。

建物の荷重を直接負担しない壁のことで、だからこそガラスが使えるみたいです。

その工事に関する資格です。





[欲求階層説と動機]

仕事を強制でやらせるよりも、自発的にできる環境を整えるほうがよさそうです。

そのときに参考になる考え方がマズローの欲求階層説かもしれないです。

人間は低次の欲求を満足しないとより高次の欲求が表れないというもの。

まずは飢えとか生理的欲求、そして安全性に対する欲求。

それから集団に属して愛されたい欲求がでてきて、尊重されたくもなります。

最後が活躍したいなどの自己実現の欲求になるようです。



演出家、返報性で、・・とか独り言 

June 24 [Fri], 2016, 6:39
[演出家]

舞台作品や音声・映像作品の演出をする人です。

劇場用映画の演出は通常、映画監督として分けられます。

舞台作品では演劇・オペラ・舞踊等があり、音声・映像作品ではテレビドラマ・ラジオドラマ・アニメーション等もあり、すごく幅広いです。

ライブイベントの場合には小規模なものもあるので、まさに様々。





[熱絶縁施工技能士]

熱エネルギーを無駄なく使うために機械や配管などに行う工事です。

資格では「保温保冷工事作業」と「吹付け硬質ウレタンフォーム断熱工事作業」に分かれます。

それぞれに1級と2級の等級があります。

名称独占資格なので、資格を持たない人が名乗ることはできない国家資格です。






[返報性で]

誰しも、親切を受けると、お返しをしないと落ち着かない気持ちがあります。

ですので、できる時に可能な限り親切をしておくことが、いざという時の助けにつながることは多いです。

具体的な見返りを考えすぎると相手に違和感を与えかねないので、その点は注意でしょうね。



エンジニア、自己宣伝、・・とか独り言 

June 18 [Sat], 2016, 6:04
[エンジニア]

技術者と言われますが、その分野は多岐にわたります。

工学的な位置づけであり、理学的な科学者と区別されます。

エンジニアには数々の資格がありますが、分野に応じて難易度も取得条件も、試験機関も様々です。

仕事の重要性を鑑みて、独占業務のある強い資格もあります。





[内装仕上げ施工技能士]

建物の建築に欠かせない内装仕上げ。

その施工に関する学科及び実技試験に合格することで取得できる資格です。

いくつかの区分があり、それぞれ1級〜3級の等級があります。

プラスチック系床仕上げ工事作業、鋼製下地工事作業、ボード仕上げ工事作業、カーテン工事作業の4つがあります。






[自己宣伝]

アピールすることが自己宣伝だと考えて、どんどん能力をアピールするのは危険かも。

相手を引かせて、伝えたいことが伝わらないばかりか、悪い印象をもたれるかもしれないです。

自己顕示欲が強い人と組みたいと思う人ってそんなにはいないでしょうからね。

まずは興味を持ってもらうことが大事です。



園芸家、ビジネスの訓練、・・とか独り言 

June 12 [Sun], 2016, 6:43
[園芸家]

農業の一分野である園芸についての専門家です。

一方で、植物を素材としての芸術を業とする場合もあります。

その場合は造園家に近いのかな。

園芸には生産園芸と観賞園芸にわけて考えることができそうです。

生産園芸の場合は、食材あるいは産業素材となる植物に関わります。





[樹脂接着剤注入施工技能士]

建物の補修・改修工事のひとつである樹脂接着剤注入施工についての技能検定です。

注入機器も時とともに性能や機能がアップしているようですので、資格を取得した後も継続した情報収集が勉強も欠かせないようです。

なおこの技能検定は単一等級で、区分はないです。






[ビジネスの訓練]

見よう見真似だけでは効率的なスキルアップとは言えないかも。

基礎的なスキルには反復トレーニングが役立ちます。

またより高度な応用力をつけるために、シミュレーション・トレーニングがあります。

シチュエーションや取り組み方を変えた場合を考えることが応用力のアップにきくようです。



演歌歌手、努力の繰り返し、・・とか独り言 

June 06 [Mon], 2016, 6:49
[演歌歌手]

日本の演歌を歌う歌手を指していいます。

有名な歌い手になるとタレントとしてテレビでも活躍します。

演歌といえば高齢層に限定されたジャンルという認識が一般的です。

演歌界といえば徒弟制度が残っているイメージもあります。

古き良き時代の日本って感じでしょうか。






[防水施工技能士]

防水施工に関する技能検定ですが、ウレタンゴム系塗膜ほかいくつかの種類に分かれます。

それぞれに1級と2級があり、実務経験も要します。

1級が7年、2級が2年なのでけっこう厳しい資格です。

それだけに資格者への信頼は高そうです。

名称独占資格なので、有資格者以外は名乗ることができないです。





[努力の繰り返し]

努力は繰り返して、継続することで力になります。

スキルアップにも努力の積み重ねが大事です。

失敗で気持ちを折ることなく、順調さに気を緩めることなく、続けることが大事です。

なかなか難しいことではありますが、努力し続けた人こそが力をつけ、結果も出し続けることができるんだと思います。



絵本作家、根本的な帰属の誤り、・・とか独り言 

May 31 [Tue], 2016, 6:35
[絵本作家]

絵本をつくる作家です。

絵と文章を制作する場合と、文章を制作する場合があります。

ちなみに絵本の絵だけを担当する人を絵本画家と呼びます。

絵本ブームもあったりで、絵本作家が注目される機会が増えています。

絵本といえば子供向けといううのが常識でしたが、大人向けの絵本も話題です。






[コンクリート圧送施工技能士]

コンクリート圧送施工は、コンクリートをコンクリートポンプ車などを使って施工する方法です。

配管が脈動させることなく安全にコンクリートを送りこみます。

コンクリートの運搬の効率が高く、超高層打設、長距離打設にも重要です。

技術検定には1級と2級があり、それぞれ学科と実技試験に合格することを要します。





[根本的な帰属の誤り]

何かをミスした時に、その人の気質的または個性的な面にその理由を求め、社会的かつ状況的な影響を軽視する傾向のことです。

つまり、能力がないからミスるんだろうと考えることです。

でもそれでは改善に向かいにくいです。

状況的なところにミスの原因を見つけることで、対策を立てることができます。

ちなみに自分に対しては甘いようで、逆の傾向があるようです。