自分とは違うタイプからの刺激を求

November 11 [Tue], 2014, 20:07
自分とは違うタイプからの刺激を求めているのでしょうか。
子供がもう少し大きくなって幼稚園とか保育園にでも行くようになれば、きっとママ友もできるだろうし、自分の時間ができれば、働き始めて友達もできるに違いない。
さらに、おやつと飴も買って、買い物はおしまい。
でも、それを許してもらえる環境であるのは稀なことだと思います。
そりゃ、そうですよね。
立ち会い出産で長男が産まれた時もその場にいて、感動したみたいなことを言ったのに、長男のお世話はほぼ1人で頑張っていました。
世の中は、保育士不足しているみたいですね。
しかし、対面したことのない相手に自分の大事な子供を預けるのはリスクが大きいと思います。
目を閉じたり開けたりを何回か繰り返しながら、眠りに入っていくんですね。
目を閉じたり開けたりを何回か繰り返しながら、眠りに入っていくんですね。

P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/sikaku9854/index1_0.rdf