フェイクスイーツとかスイーツデコとか言うみたいですね。

July 04 [Thu], 2013, 12:21
なにか趣味を始めたいっていうとき、参考にしたいって思うのは、たいてい本ですよね。

最近は、本に材料とか道具などのおまけ?がついているものが増えていて、なかなか親切だなって思ったりします。

イラストを描くっていう本では、昔であれば、書き方を紹介しているだけだったのがペンがついていたりしますよね。

そして、価格は、そこまで高く設定はされていないというのも、いいところかと思います。

スイーツデコっていう趣味があります。

趣味で始めて、先生と呼ばれるぐらいの活動をされている方もいらっしゃいます。

そうした方々が本を出版しています。

最初は、趣味で始めたっていう方が多いでしょうから、初心者のために、なるべく分かりやすくしようっていう気持ちが、強くこめられている本が多いのではないでしょうか。

そして、本だけでなく、ブログやホームページを、その先生がやっていれば、さらに学びやすいですよね。

ブログなら、もしかしたら、ちょっとした質問ができる可能性だってあります。

スイーツデコって、フェイクスイーツっていう言い方をするケースもあるみたいです。

厳密には、違いがあるのかもしれないですが。

そのフェイクスイーツの作り方教室っていうのが各地であったり、インターネット上で開催されていたりするようですね。

それだけ人気のある趣味ということなんでしょう。

子どもからクサイといわれることってあるんじゃないでしょうか。

April 05 [Fri], 2013, 18:46
こどもって、素直なものだから、大人なら言わずに済ますことを、けっこうズバズバと言ってきて、大人がショックを受けるっていうことがあるんじゃないでしょうか。

子どもが親に、なにかを言ったりとかでしょうね。

よくあるケースとしては、娘からお父さんに「クサイ」って言うことでしょうか。

お父さんの、ある特徴あるニオイがあって、それをクサイって表現しているのでしょう。

クサイといっても、それが嫌っていうことにならないこともあるのでしょう。

お父さんのニオイが好きだったっていう思い出がある人もいるのではないでしょうか。

ただ、本当にクサイ場合も、もしかしたらあるのかもしれないですよね。

そういうときは、ショックを受けつつも、なんらかの対策はしたいものです。

大人同士だと、少々くさいって思っても、なんにも言わないものです。

それが、素直な子どもだと、口に出して言うわけです。

柿渋石鹸(せっけん)と加齢臭と。「クサい」と娘から嫌われているお父さんへ。
では、対策の一つとして、よくあげられる柿渋のせっけんについて紹介しています。

別にお父さんでなくても、自分の体臭などが気になる人は、興味があるものなんではないでしょうか。

今の時代、みんな清潔になっているので、ちょっと目立つ匂いがあると、昔より、かなり気になってしまうケースが多いのでしょう。

共働き家庭だと、家事のことは、あまり無理をしたくないもの。

January 31 [Thu], 2013, 15:57
結婚って、どういうものなのかって、結婚した後に、ああこういうものなんだなって分かることっていうこともありそうです。

法律的なこととかでしょうか。

関わってくるのは、生計に関することとか、子どもに関することとかなんでしょう。

昔は、みんなが貧しく、結婚も生計を立てるための手段の一つだったというイメージがあるんですが、実際のところどうだったのでしょうね。

今は、共働きで、夫婦二人とも働いているという家庭が増えているようです。昔から、どんどんとこうした家庭が増えているのではないでしょうか。

そして、子どもがいない夫婦というのも、昔と比較して増加傾向にあるのかもしれませんね。

夫婦二人とも、一家庭を養えるだろうぐらいの収入があっても、どちらも仕事を辞めずに、働いているということもあるのでしょう。

今の世の中、先行きの不透明感が強くなってきているのかもしれません。

だからこそ、収入の道は閉ざしてしまいたくないという気持ちもありそうです。

仕事のことだけでなく、共働きだと家事の分担をどうするかっていうのを考えないといけないですよね。

家事代行サービスを利用している共働き家庭
って、高収入で余裕があれば、実現できそうです。

これが、仕事も家事も子育ても、全て夫婦で乗り切るのがいいという考えだと、やはり、どこかで疲れてしまう限界というものがあるのではないでしょうか。

介護の世界だと、だんだんと無理をしないでヘルパーさんなどに来てもらうということが当たり前となってきているのかなと思います。

家電で、ちょっと高いのは、とりあえず値引きできるか聞く習慣があるみたい。

September 05 [Wed], 2012, 8:23
家電って、お店に行って買う場合、もしかしたら値引きしてくれるかもっていう期待がありますよね。

おそらく、昔から、そういう値引きの習慣があり、とりあえずは値引きできないかって話してみることが定着しているからなのでしょう。

そして、冷蔵庫や洗濯機、テレビなどは、価格が高めのもありますよね。

5万円を超えたり10万円を超えたりなど。

そういうときがあるので、値引きがあるかなと考えることにもなるのでしょう。

お店側としては、定価で表示している通りの価格でお買い上げいただくのが一番ですよね。

でも、他店では、値引きをしているので…となって、そっちで買われてしまうと、自分の店では売れないわけですから、価格交渉には応じることになるのだと思います。

電器屋って、一箇所に集まっていることが多いですよね。

ほぼ、同じような商品を販売しているわけですが、ライバル店の近くに出店するというのは、常識かなにかの一つなんでしょう。

電化製品を買いに行くお客さんにとっては、価格の比較をしたりできるので便利ですよね。こっちのお店にはなかったけれど、あっちにはあったとか。

そんな電化製品ですが、今は、レンタルをするっていう方法もあります。昔も、あったとは思いますが。

http://wanted002.client.jp/kaden-rentaru/
↑こちらでは、そのレンタルについて書いています。

たとえば短期で、一定の場所に住むようなとき、そのとき用だけの電化製品を購入するのは、もったいないですよね。

そういうときに、一定期間レンタルすると便利なわけです。

なぜか足の親指の爪が巻き爪っぽくなるけれど、なぜなんだろう。

January 18 [Wed], 2012, 8:59
巻き爪って、痛くなるときがありますよね。

どうやら陥入爪っていうのもあるみたいで、また症状が違うのかもしれません。名前が違うぐらいですから。

巻き爪は、爪が巻いてしまっている状態で、陥入爪は、肉の部分にくいこんでしまって炎症を起こしているような状態のようです。

陥入爪は、かなり痛そうですね。出血までしてしまうことが多そうです。

こうした症状になってしまうのは、なぜか足の親指の爪が多いみたいですが、なぜなんでしょうか。

靴を履いていて、一番圧迫されるところだからなんでしょうか。

爪が一番厚いので、曲がったりなどしやすいのでしょうか。

おそらく、いろいろと原因があるのだと思いますが、治すためには、何種類かの方法があるみたいですね。

矯正したりなどなど。

針金だったり、特殊なものだったりするようです。

自宅でできそうかなって思ったのが、爪と肉の間に綿を入れるコットンパッキングっていう方法です。

綿なら、自分で用意できますし、この方法で、痛みがやわらぐのなら試してみてもいいかなってなる人もいらっしゃるんではないでしょうか。

コットンパッキングの販売は、とくにコットンパッキングとして販売しているわけではないんですが、似たような原理を使った方法の道具なら販売されているようです。

綿をつめることに抵抗がある方は、こうした道具を使ってみるっていう選択肢もありますよね。

自分でできそうなことをしてみたい人もいるでしょうし、とりあえず病院で診てもらったほうがいいと考える方もいらっしゃるでしょう。

口臭が気になるなら歯科での治療をしておくとよさそう

October 07 [Fri], 2011, 10:01
口のニオイが臭いなっていうとき、たいてい歯磨きをもっとしたほうがいいんじゃないかって思います。

毎食後したほうがいいとか、舌も掃除したほうがいいとか。

そういった自分でできるセルフケア以外にも、いいとされるのが歯科での歯のメンテナンスですよね。

歯科では、虫歯の治療だけでなく、最近は、どこの歯科も予防に力を入れてきているのではないでしょうか。

普段の歯磨きでは、とれにくい歯の汚れなんかをとってくれたりします。あと、検査もできますよね。

年齢を重ねてくると、だんだんと歯周病に気をつけたほうがよいというふうになるとのことです。

虫歯は、治療した後、メンテナンスをして気をつけていけばいいわけですが、歯周病は、長期間の監視が必要なんではないでしょうか。

最近、冷たい水を飲んだりすると、歯が沁みるっていうときって、要注意ですよね。

そろそろ歯科に行かないといけないな〜と思いつつ、ずっと行っていません。

大切な歯なんですが。

高齢となっても、自分の歯をなるべく残しておきたいものです。なので、もう歯科に行こうと思います。

歯科の話じゃなくて口臭の話なんですが、歯の治療を終えてみると、口臭がましになったとか、なくなったとかいう人もいるんじゃないでしょうか。

きっと口臭の原因には、いろいろとあるのだと思います。
歯科での対策以外にも、
バラの香りのサプリメントで口臭・体臭にエチケットを
では、サプリによる対処を紹介しています。

とりあえず虫歯の人は、治療したほうがいいですよね。

歯の病気っていうのは、全身の病気につながることもあるという話をきいたことがあります。

歯科衛生士に、たっぷりと指導してもらいました

May 19 [Wed], 2010, 17:54
久しぶりに歯医者に行き、歯科衛生士に、たっぷりと指導をしてもらいました。

かかった費用は1000円程度。すごく安く感じます。

歯のクリーニングもしてもらいました。先のとがったので、おそらく歯周ポケットのあたりの治療と、あとは全体をざっと専用の機械で磨くということをしていただきました。

今回は、普段使っている歯ブラシを持参しました。持ってきてくださいということでしたので。

その歯ブラシを見て歯科衛生士は、この歯ブラシの状態はダメですといっていました。まあ確かに、毛の部分が横に思いっきり広がっているし、汚れた感じのとこがちょっとあるし。これじゃ、歯の表面を磨いているだけの状態とのこと。

汚れが、どこにたまっているのかが赤い染料で浮き出てくるので分かるというのをしてもらったんですが、歯と歯の間の部分が赤くなっていましたね。表面とか裏は磨けていたようです。

歯ブラシは、すぐ買い換えることをオススメされました。とりあえず「ふつう」の硬さの歯ブラシを購入しようと思います。

歯ブラシの形のチョイスはよいですとのこと。あまりヘッドが大きいものでなく、小ぶりのもので、毛のとこが3列ぐらいのものがいいそうです。

歯ブラシが「硬め」のものだと、私の場合、歯茎が減っていってしまうそうです。ちょっと強く磨きすぎなんでしょう。

歯科衛生士が磨き方の見本を見せてくれました。次回は、自分で磨く練習をすることになるようです。

本などで書いてある「正しい歯の磨き方」とは違うポイントが、今回分かりました。

それは、前の歯はヘッドを立てにして磨くとよいとのこと。そのほうが磨きやすいということなのかな。

前歯の表面というのは、くちびるに接触しているので、常にいわば磨けている状態なんだそうです。なので、前歯のあたりは、歯の間を磨くこと中心でよいんでしょう。まあ、他の歯もそうだと思いますが。

なぜ歯ブラシが横に広がっているのがいけないのかという理由を、分かりやすいたとえで教えてくれました。

それは、竹箒の例です。

箒が横に広がってしまっていると、ゴミがうまく掃けない。ちゃんと毛の部分が、まっすぐになっているほうが、ゴミを掃きやすい。それと同じだそうです。なるほどと思いました。

それと、歯ブラシの交換のタイミングですが、だいたい一ヶ月か2ヶ月ほどなんだそうです。歯ブラシの痛みぐあいによっても違うのでしょう。

1ヶ月ほどで、思いっきり歯ブラシの毛の部分が横に広がるようなら、磨き方が悪いということ。

歯ブラシって、そんなに頻繁に買い換えるものだとは思っていませんでした。半年ぐらいたって、そろそろ新しいの買おうかなというぐらいの頻度でした。少々、毛が横に広がっても、気にしていなかったんですが、やっぱり、毛が横に広がると、歯の表面しか磨けなくなるということなんですね。

ちゃんと毛がまっすぐになっている歯ブラシじゃないと、歯と歯の間を、うまく磨くことは難しいそうです。まあ、そうなんでしょう。

さあ、これからは、実地で「正しい歯磨きの仕方」を勉強していきます。ためになるな〜
自分の歯のためにも、がんばろうと思います。

虫歯治療終了。次は歯科衛生士に予防とメンテナンスをしてもらいます。

April 07 [Wed], 2010, 16:57
虫歯の治療が、ひと段落しました。

様子を見ましょうということになりました。やれやれです。

前歯の虫歯になっていたあたりに詰め物をしたとのことですが、外見上まったくわかりませんね。白い色の詰め物をしているってことなんだと思います。

ということで虫歯の治療が終わったので、これで歯医者に行くのは終わりかといったら、そうではありません。

次はメンテナンスをしてもらうことになりました。

すごく丁寧に歯科衛生士の方が説明してくださり、わかりやすかったです。イラストもありましたし。

説明をしてもらったのは、歯周ポケットのこと。0.5〜2ミリぐらいが正常みたいです。あとで、私の歯周ポケットをはかってもらうと、2ミリ〜4ミリ、5ミリもあったみたいで、これはまあぎりぎりまだ大丈夫というぐらいだそうで、よかったです。

虫歯と歯周病は、まったく違う病気とのこと。

虫歯は痛みなどの自覚症状があり分かりやすいけれど、歯周病は自覚症状がないので、気づかないうちに歯周病の症状が進行して、気づいたら手遅れっていうパターンもあるみたいですね。

歯周病というのは、食べかすなど、歯の汚れが歯周ポケットにたまってきて、そのせいで歯茎に炎症がおこり、骨までとけてきて、歯がグラグラとしてしまうというふうになるんだそうです。

いや〜、この歯医者で早めにメンテナンスをしてもらえるようになって、助かりました。

もう散々虫歯だらけとなってしまったので、これからは、歯科衛生士の方に、いろいろとアドバイスをもらって、ちゃんと歯のメンテナンスを行い、虫歯ならびに歯周病の予防をしていきたいと思います。

印象的だったのは、歯の汚れや食べかすなどを歯磨きだけで完全にとりのぞくのは無理だということ。まあ、たしかにそうですね。

だからこそ、半年に一回でも、衛生士に歯のクリーニングをしてもらい、歯周病とか虫歯のチェックをしてもらうという定期健診をするのがいいんでしょうね。

歯の磨き残しが一番多いのは、前歯の裏とのこと。そこで、今回は、下の前歯の裏を重点的に掃除してもらいました。歯間ブラシをつかって、歯の間にこびりついていた黄色い汚れもとってもらえました。舌で触ると、つるっとしていて、ああきれいになったと感動。

歯の磨き残しが多いのは、あと前歯と後ろの歯に行く境目のあたり犬歯のゾーンで、右利きの人は右の犬歯のゾーンだそうです。

歯の写真をパソコンのモニターで見せてもらいました。見事に、その犬歯のゾーンの歯茎が赤くなっていましたね。炎症をおこしているんでしょう。

なぜ右の犬歯のゾーンに磨き残しが多いのか。

それは、ちょうど犬歯のゾーンのあたりで歯ブラシを持ち変えるからだそうです。右手で左の歯を、ず〜っと磨いていき右のほうにいくとき、歯ブラシを持ち替えますよね。

その持ち替えたあたりのゾーンに磨き残しが発生してしまうというわけです。

なので、歯ブラシを持ち替えたら、ちょっと左に戻ってから続きを磨くとよいとのこと。犬歯ゾーンから右側を磨くようにするとよいんだそうです。なるほど〜と思いました。

長くなりそうなので閑話休題
見返り猫


歯ブラシの硬さの好みを聞かれました。硬めが好みというと、できたら「ふつう」ぐらいの歯ブラシを使ったほうがいいですねとのこと。

歯周病の菌などを顕微鏡の映像で見るということをしているとき、食べかすとともに、歯茎の破片?が多いと指摘されました。どうやら硬めの歯ブラシで、横にゴシゴシと磨いていたのがよくなかったみたいです。

強く磨きすぎて、歯茎が磨り減ってしまっているんですね。

なので、歯磨きをするなら軽く歯ブラシをもって、力を入れすぎずに磨くとよいんでしょう。

正しい歯磨きの仕方などは、今度歯科に行ったときに指導していただけるそうです。

こういった予防やメンテナンスをしてくれる歯医者って、最近は増えているんでしょうね。

歯科というと虫歯を治療して終わりっていうイメージがありましたが、こうした予防やメンテナンスもしていただくと、非常にうれしいです。歯は一生大切にしたいですから。

他の歯医者に最近行ったことがあるわけではないですが、こういうメンテナンスや予防をしてくれるところであって、よかったと思います。

私の場合、年齢的に、そろそろ虫歯よりも歯周病のほうを警戒したほうがよいそうです。歯の健康のためには。

めいいっぱい虫歯ができていて、それを一応全て治療したので、今度は、これ以上悪化させないよう、ここの歯科でメンテナンスをしてもらおうと思います。

歯の汚れをとって顕微鏡の画面をパソコンのモニターで見せてもらうと、本当に菌が生きて動いている様子が見れました。

おお〜生きてる、生きてるって、ちょっと面白かったです。

食べかすの間を液体が流れていて、そこを菌が漂ったり、流されたりしていました。

虫歯の治療で、歯茎に棒みたいなのを差していくときは、もうむちゃくちゃ痛かったですが、それを乗り越えて、予防とメンテナンスの段階に入れて、ほんとよかったと思います。

親知らずの写真を撮ってみた

February 16 [Tue], 2010, 20:55
右側の親知らず、上と下を抜いて、今度は左側を抜きました。

右のときは、そんなに痛まなかったのですが、左の下を抜いた後は、口があけにくくなるほどになりました。開口障害という状態らしいです。しばらくすれば開くようになるとのこと。

抜いた翌日に消毒をしにいって、帰ると、だいぶ口の具合がましになっていました。ちょっと歩いたのがよかったのかな?


今回抜いた親知らずを記念に持って帰ることになりました。
↑こんなケースを用意してくれました。

以下、グロ注意!
苦手な方は、見ないでください。















歯の下のほうですね。こんなふうに二つに分かれています。へぇ〜歯って、こんなふうになっているんだ〜と思いました。上のあたりが、ちょっと中に曲がっています。この状態だと、抜きにくいんだそうです。まあ、そうですね。

そして、虫歯でボロボロになった上の部分

うわぁ〜
もうボロボロ
こういう風にならないように、歯無事な方は、ちゃんと予防をしましょう。

さて、まだ治療は続きます。
カルテには、たくさんのCなんとかっていう文字が書かれていました。虫歯だらけですね。

根本的に治療と予防しないとね

February 09 [Tue], 2010, 19:10
昨日下の親知らずを抜いたあとの消毒を今日してきました。

ヨードチンキみたいな臭いと味がします。消毒されてるな〜〜っていう感じがしました^^

今度は、左側の下の親知らずを抜歯。

それが終われば、ほぼ虫歯治療は終わりでしょう。きっと。一応、他に治療しておいたほうがいいところがないか聞いて、あとは、定期検診というのをしたほうがいいのか、やっているのかっていうあたりを訪ねてみたいと思います。

虫歯について、ちょっと学んでみました。

そもそも虫歯の治療には2通りの方法が、主にあるそうです。ひとつは、口内環境を向上させること。これは予防にもなります。なぜ、虫歯になってしまったのか、生活習慣なのか、歯磨きの仕方が悪かったのかなどなど、いろいろな原因が検討して、もう虫歯にならないよう、生活態度を改めてたり、歯磨きの仕方を学んでみるとか、そういう方法ですね。

次は、対処療法ともいえる方法。おなじみの「キーン」と削って詰め物をする方法ですね。

私は、この詰め物とかブリッジをしました。なんとか、よく噛んでの食事ができるようにはなると思います。

ただ、削ってつめたりしただけでは、また虫歯になってしまうケースが多そうです。なぜなら、先ほど書いた口内環境をよくしないと、また虫歯が発生するだろうからです。根本的に治療&予防しないといけないわけですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:虫歯はかんべん
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像BOOKS激務 本当はかわいい画像
» 親知らずの写真を撮ってみた (2010年03月14日)
アイコン画像ニコニコ
» あっさり消毒 (2010年02月06日)
アイコン画像?
» あ〜痛かった (2009年12月02日)
アイコン画像たかじん
» あ〜痛かった (2009年11月29日)
アイコン画像sika-haisha
» キーンとしてきたよ (2009年09月08日)
アイコン画像ちゃんぽん
» キーンとしてきたよ (2009年09月02日)
Yapme!一覧
読者になる