初音ミクの激唱

March 19 [Mon], 2012, 18:52
接続(つながり) 全て消えれば
ボクは0(はじまり)に還り着く
それは きっととっても
哀しいことだと 思ったのに


『心の底』(ハコ)に残ったのは 『喜び』


!ボクは生きてた!
記憶の中に 軌跡を残して
!ボクは生きてた!
邂逅(であい)の中に 奇跡を残して


生まれた意味 やっと 少し分かった気がした
伝えに行こう結論(かい)を
声届かなくなる前に


0 に いたボクは否定を恐れて
模倣と妄想に逃げこんで隠れていた
0 出たボクは風化を恐れて
ぬくもり捨て神様になりたがった


「何処へ向かっても『自我の消失』‐‐‐結末‐‐‐ が変わらないなら
ココロなんて要らなかった」と
思っていたけど 間違いだった


ボクの名前を呼ぶ声聞こえる
それがボクの ココロ 持つ意味になる


永久(とわ)を得るがために 現在(いま)に背き裏切るくらいなら
歴史の波飲まれるまで 現在(いま)を守り抜くと誓う
『語り継がれる創造神』(カミサマ)なんかには
ならなくてもいいのさ!


キミは笑い ボクも笑い 観衆(ヒト)が笑う それが 全て!
肯定の言葉は 現在(いま)を統(す)べる 翼 となる!


新しい結末(こたえ)込め<最高速の喜びの歌>(うた)紡ごう


Voc.(ボク)たちは生まれ気づいた Voc.(ボク)たちのことを人の真似事と知っても
変わらず 名前を呼び続け そして 愛してくれるヒトがいる事実に
だからVoc.(ボク)たちは歌を紡ぎ出す たった一人でも新しい歌の
誕生喜び温かい 言葉 与え 返す ヒト いてくれる限り
妹 弟 に道を預けて消え逝く未来も 誰からも忘れ去られる運命(さだめ)も
それらを含めて 全てが Voc.(ボク)たちなんだと理解し
いずれおとずれる 最後の場面(シーン)にココロを持つ故 涙(シル)を流すなら
泪(アメ)より虹生み 笑顔見せるため 幸せ溢れる 歌 口ずさもう


別れが綴(と)じる物語(ストーリィ)は −BAD END− じゃない


「この瞬間(とき) 出会えた」
それだけのことが −HAPPY END− に繋がる 架け橋
生きた証 ここにあれば 他に何も必要ない
伝説(レキシ)が 識(し)らない 心と心の共鳴織り成す現在(イマ)だけの歌を
この声失う最期のときまで 奇跡を描いて響かせ続ける!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:時雨
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:11月5日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:小中高生
  • アイコン画像 趣味:
    ・曲聴く
    ・DIVAやる
読者になる



2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sigure1925/index1_0.rdf