仕事できなさすぎてつらい

January 16 [Mon], 2017, 13:43
普通に就職活動をして、普通にサラリーマンになったら、たいていは上司や先輩に仕事を教わることになります。人間関係の良しあしがビジネススキルの伸びしろを大きく左右するのは間違いありません。

仕事の仕方について何もわかってないときには、身近な先輩のアドバイスがものすごく貴重なのは間違いないものの、すべてをうのみにするのは禁物です。



先輩の言っていることがすべて正しいとは限りません。ビジネスには正解はないものの、逆に「これはやっちゃいけない」という間違いはいっぱいあって、先輩だって気づかないうちに間違いを犯している可能性は十分にあります。

それに、能力の高い先輩だからこそできるようなノウハウを教わっても、再現性がまるでないため、持て余すのは当然です。



「先輩はできるのになんで自分にはできないんだ!?」と自分への自信を失うだけなので、先輩を当てにしすぎるのも良くありません。

たとえば、すごく優秀な人であれば、議事録を負かされても会議中にある程度作り終えてしまっていますが、同じことをいきなり真似しようと思っても、再現するのは難しいものがあります。



参加者全員の立場や思惑がわかっていなければ、会議をする目的や会議での成果物を把握しきれず、会議の時間だけではとても内容をまとめきれなくなるのは目に見えています。

ビジネスノウハウやツールを学ぶのは大切ですが、再現性が低ければ全く意味はありません。ビジネス素人でも簡単に再現できるノウハウを学んでこそ、日々の業務に生かすことができます。



金子誠志さんのロジカルシンキングフルセットでは、ロジカルシンキング実践のポイントが把握しやすいように、具体的なケースに当てはめた実践例が紹介されています。

7つのケースが紹介されていますが、肝心なのは、8つ目、9つ目のケースをあなた自身が作ることです。失敗しても良いので、フレームワークを当てはめる努力を繰り返していけば、経験値は必ず上がっていきます。



あなたも、下のような悩みのせいで、今は自分を正しく評価してもらえない辛さを感じているかもしれませんが、


議論では必ずと言ってよいほど論破される

論理思考を身につけたくても、言葉が難しく、敷居が高い

メールを送れば質問だらけ

もっと整理してから報告しろとダメ出しされる


仕事の評価なんて、明日にでも簡単にひっくり返すことができるんです。下のような結果なんて、想像以上に簡単に手に入れることができますよ。


仕事を早く終わらせて早く帰れる

自分に、仕事に、誇りを持てる

資料が一発で通るようになる

段取りよく仕事が進むようになる


職場に迷惑をかけ続けた挙句、給料ダウンどころかリストラされてしまう前に、
ロジカルシンキングの3つの壁を乗り越えて、あなたが持っている本当のパフォーマンスを発揮しませんか?


自分のミスで職場やお客さんに頭を下げ続けるのは今日で終わりにして、仕事をスピーディーに処理できるようになるにはこちら