【 更新情報 】

スポンサード リンク

紫外線対策ビタミンCを味方につけろ!

紫外線対策ビタミンCを味方につけろ!

高品質のビタミンC誘導体(リン酸型ビタミンC誘導体)を2種類、高濃度に配合したローション
日焼け肌のアフターケアに一押しなのがビタミンC。シミやくすみの原因となるメラニン色素の産生を押さえ、
肌のターンオーバーを正常に導くことで、できてしまったメラニンの排泄を促す作用があります。女性が使う、
美白やシミの美容液には必ずといっていいほど入っていると言ったほうが分かりやすいかも知れません。

このビタミンC、まさにシミ対策には必須のアイテムといったところですが、ポイントは飲むのではなく、
肌に直接吸収させること。しかしながら、ビタミンCは水溶液にすると酸素や熱に弱く、
酸化しやすいので安定させるのが非常に難しいと言われています。
そこでビタミンCの不安定さを改善するために作られたのがビタミンC誘導体。
その特徴は何といってもそのままでは皮膚から吸収されないビタミンCを効率よく吸収できるようにしたところ。

肌の老化を防ぐためには、紫外線による影響を受けないこと! そのためには毎日のUVケアは必須です。
肌が乾燥しているとさらに影響を受けやすくなるので、自分の肌質に合った保湿効果の高いものを選びましょう!

トマトジュースを飲もう!

紫外線対策にはトマトジュース
真っ赤な完熟トマトは紫外線によるシミとシワから皮膚を守る食物です。簡単にリコピンを摂取するには、
トマトジュースをお薦めします。市販のトマトジュースには、食塩入りと無添加があります。
無添加を購入して好みに応じて食塩を加えた方が飲みやすいでしょう。トマトジュースには、
リコピンだけでなくてビタミンC、葉酸も含まれているので、野菜不足を補うのにも役立ちます。
なお熱量は、20kcal/100mL程度なのでダイエット中の方でも安心して飲めます

こうした積み重ねが紫外線を防いでくれます。

子供の為の紫外線対策2

子供の為の紫外線対策2

以前にくらべ、オゾンホールの破壊により、昔より格段に紫外線量は増えています。
紫外線対策はちゃんととった方がいいと思います。

まず、日常生活を行っている上で紫外線を浴びないなんてことはないと思うので、
浴び過ぎになることに注意を払おうと私は考えています。

日焼け止めクリームも赤ちゃんの肌には刺激的すぎるので止めた方がいいと思います。
深く被れる帽子やベビーカーに乗っている時はフードをしっかりしてあげ
直接日光が当らないようにしています。また黒い色は紫外線をあまり吸収しないようなので、
そんな外出着を着せたりしていますよ。白い色のものは紫外線を吸収しやすそうですよ。

でも、黒い色って赤外線を吸収しやすいから着てると暑くなるのでちょっと困ったりもしますが
子供のことをしっかり考えてあげてください。


参考までに

紫外線予防対策
UV-Aは太陽が最も高くなる5月に最も多くなります。しかしながら、
最も少ない冬の時期においても、UV-Aは2分の1にしかならず、
年間を通して紫外線対策をする必要があるようです。
また、UV-Bはオゾン量が最も減る8月頃に最も多くなります。


紫外線を予防するには、もちろん紫外線に当たらないことが一番です。
しかし、生活をする上で、全ての紫外線を避けることは不可能といえるでしょう。
食事やサプリメント等でビタミンCを摂取し、紫外線に当たった後の対策をすると同時に、
日焼け止め化粧品や日傘、帽子等を活用して根本的に肌に紫外線が当たらないようにする
対策をとることが大切でです。

子供の為の紫外線対策

子供の為の紫外線対策

子供に何のクリームや日焼け止めを塗ればいいか?紫外線の判断に迷うことはありませんか?

「日焼け止め」クリームには紫外線をカットする成分が含まれています。

一方、「日焼け」クリームは紫外線の短い波長UVBのみをカットします。

いわゆるこんがり黒く焼けるのは、紫外線の長い波長UVAの働きで、
短い波長のUVBは肌を赤くしたり炎症を起こしてしまいます。

「日焼け」クリームは、短い波長のUVBだけをとり除くことによって、
こんがりキレイに焼けるようになっているわけです。

ある説では「10才までに浴びる紫外線量で一生のメラニン量が決まる」
という話を聞いています。

現在は添加物ありですが、ジョンソン&ジョンソンのベビーローションUVという、
紫外線吸収剤を含まない、刺激の少ないモノがいいかと思います。いろいろな、広告をみて、
資生堂のアネッサベビーケアサンスクリーンを買い、無添加・低刺激だそうなので、
目的別に使い分けしたいと思っています。

初めて使用するときは腕の内側に少量塗って、変化がないか確かめてから使用しています。
時間は6時間くらいです。

いったいどんな紫外線の種類があるの?

いったいどんな紫外線の種類があるの?

紫外線には、近紫外線と遠紫外線があります。

近紫外線は紫の波長に近く、生物にはあまり影響を与えません
(日焼けや、ビタミンDの生成などには影響します)。

遠紫外線はそれよりも波長の短いもので、癌の発生など遺伝子に与える
影響は大きいといわれています。
一般に電磁波は、紫外線より波長が短くなるほど同じ量なら危険です。
ただ、紫外線が吸収されやすくもなるので、その兼ね合いもあります。

ある一説ですが、生物は海から生まれたのはご存じでしょうが、
長い間、生物は地上に行けませんでした。
それは、危険な紫外線が多量に降りそそいでいたからです。

しかし、珪藻が現れて、酸素を環境に放出しだし、次第に紫外線は弱められていき、
地上にも生物が住めるようになりました。
なお、珪藻の影響は、紫外線だけでなく、生物は酸素によって効率的にエネルギーを
得ることが出来るようになり、海陸その他での、生物の繁栄をうながしました。

紫外線量だけが増えるわけではないようです。そのほかにも有害な、
太陽から発せられる光量がオゾン層破壊によって増すようです。
私たちは毎日そのような光を浴びてそのことにより毎日毎日細胞は傷つき、
死んでいき、そして修復を繰り返しているわけですから、いつかその修復が
追いつかなくなる可能性はありますね。生物のことに関して言えば個体数が減ったり、
突然変異体が現れてくることも考えられます。なんにせよ、体にとって紫外線は
いいこととは言えないみたいです。

紫外線の種類 波長(nm) 地上への影響
UV-A 380-320 大気圏でほとんど吸収されずに地表に達する。
浴びると肌が黒くなる日焼けをする。ただし、大量に浴びるとDNAに傷がつき、
皮膚の老化を早める。

UV-B 320-280 オゾン層の増減により、地上に到達する量が変動する。
浴びると肌が赤くなる日焼け(サンバーン)をする。大量に浴びると免疫力の低下や、
皮膚ガンや白内障を引き起こす恐れがある。

UV-C 280-200 オゾン層によりほぼ吸収されてしまうため、地上にはほとんど到達しない。
ただし、最も危険で殺菌光線と呼ばれており、免疫力の低下や皮膚ガン、白内障を引き起こす。

などが紫外線による体への影響があげられています。

紫外線とは・・・?

紫外線とは・・・

私達が日頃生活やメディア・広告などから情報の入ってくる紫外線とはいったいどういった
ことをいうのでしょう?知っているようでしらない方が多いと思うのでいろいろ調べた紫外線の
ことを紹介していきます。

紫外線とは、地球に到達する太陽光線のうち、波長が短くエネルギーの高い光のことです。
太陽光線は、大きく3つにわけて、紫外線、赤外線、可視光線があります。
このうち、紫外線の波長は約200nm〜380nm(ナノメーター。1mの10億分の1の長さ)、
可視光線が380nm〜760nm、最も長い赤外線が760nm以上です。可視光線は地上に光を、
赤外線は熱を送っています。紫外線は皮膚でビタミンDを合成します。
しかし、ビタミンDは冬の弱い太陽光線を浴びるだけで十分合成されることや、
食事から摂取することも可能であることを考えると、紫外線はそのエネルギーの高さゆえに、
地球上の生命体及ぼす有害な影響の方がクローズアップされざるを得ないようです。

ここで紫外線は、さらにUV-A、UV-B、UV-Cの3種類に分けられます。
このうち、UV-Cと呼ばれる最も有害な紫外線は、ほとんどがオゾン層によって
吸収されてしまうため、地球上には届きません。
 

参考までに太陽から放射される紫外線の量自体は夏でも冬でも同じです。

「夏は紫外線が強い」と言われるのは次の理由によります。

(1) 昼の時間が長いので、1日に地表に届く紫外線の総量が多い。
(2) 太陽の高度が高いので、地表の単位面積あたりの紫外線量が多い。
(3) 晴天の日が多いので、雲で遮られる紫外線量が少ない。

らしいです。くれぐれも夏が一番紫外線がきついと決め付けるのはまちがいです



P R
カテゴリアーカイブ