Greenだけど浮雲

August 08 [Tue], 2017, 16:38
調査員は何人で依頼すれば良いのかというと、調査内容によって変わってくることはありますが、ただ、まだ浮気がシロかクロか不明な場合では、調査をすることがよくあります。

浮気が現実であると判明したら、再度、調査員を増やすのか、減らすのか、どのように調査するのかを具体的に決めます。

探偵は依頼するのにお金がいりますから、自分で尾行してしまえと思う奥さんもいるみたいです。

テレビドラマだと尾行は大変そうに見えませんが、実践してみればそうはいかないもので相手に違和感を感じさせなく、尾行するのは並大抵のことではないのです。

勘付かれれば警戒をされるものなので、本当に浮気していなかったのかわからなくなってしまうこともあります。

誤魔化せない証拠を掴みたいなら、浮気調査は探偵がしたほうが確実です。

成功報酬制の料金体系を設定している探偵事務所は、調査に成功した場合でないと報酬を得られないリスクというが大きく、成功した場合はそれなりに高額の料金を請求されます。

そのため、成功報酬のシステムだからと言って、浮気の調査費用が安くなるわけではないのです。

調査能力がどこまであるのかなどもよく確認して、料金システムに関して不安がない探偵事務所に依頼すれば心配ありません。

探偵の一部はアルバイトの例があってしまうのです。

探偵をするアルバイトを検索してみると、なんと求人の情報があるのです。

ということは、バイトを使っている探偵事務所もたくさんあるわけです。

浮気調査を頼むときには、個人を特定できるような情報を教えないとできないですよね。

バイトとしてやっていると突然やめることもあるでしょうし、聞いた事柄を第三者に教えてしまうことができてしまうわけです。

たとえば携帯電話の通話履歴からも浮気の証拠がつかめますね。

理由は携帯が浮気相手に連絡する手段として当たり前のように使われるからです。

近年、メールやラインで連絡をする事も多くなりましたが、やはり、相手の声を聞きたくなる時もあるでしょう。

何気なく電話していることも十分考えられますね。

飲食店などの領収証の記載には定食の数から一緒にいた人の数がわかってしまうように印字されている事もあるため、浮気をしていたと判断する材料になります。

ほかに、クレジットカードで決済した時は月々チェックするようにします。

仕事でありながら宿泊先がビジネスホテルでなかったり、一人で宿泊したにしては高い宿泊費だったりしたら、同伴者がいたおそれがあります。

浮気調査で自分のご主人や奥さんの浮気が発覚してしまった場合、結婚生活を維持するかどうか心が乱れますよね。

まず頭を冷やして、探偵事務所に依頼の電話をかける前に、自分の損得を考えるのが先決です。

夫婦はお互いに貞操義務が生じると法律に明記されていますから、不貞を働いたその相手に対して慰謝料を請求して結婚生活にピリオドを打ち、離婚するのもいいでしょう。

GPSが繋がるものを使って、行きつけの場所の情報を探して、張り込んでいると、必ず来るはずなので、浮気の証拠をつかむことができると思われます。

依頼するお金が無い場合には、GPS端末で立ち寄る場所を調査するのも、やってみて損はないと思われます。

その機械を付けている事が知られてしまう恐れもあります。

離婚も辞さないつもりで、もらえる慰謝料が多い方が良いと考えるなら、思い切って浮気現場に踏み込むのも良いでしょう。

しかし、単独で行くのは、喧嘩になりやすいので、避けるのが賢明です。

あなたが信頼する人と一緒に行けば、感情的になり事件を起こすことが避けられます。

信頼できる人が同行できないときは、探偵に依頼するのがベストだと思います。

探偵が浮気調査を行う時でも時には失敗することもあります。

探偵が浮気調査の専門家だとしても、失敗しない保証がありえます。

配偶者がいきなり車や電車を使ったり、尾行者の存在に気づく時もあるでしょう。

加えて、浮気調査期間中に浮気相手に会わないケースでは証拠写真も撮れません。

探偵の尾行代がいくら位かと言うと、調査する人の数にもよりますが、1時間あたり1万円から3万円くらいです。

もちろん、調査員が1人であれば安く、多くなるほど高くなります。

また、尾行の時に車とかバイクで行う場合、別に交通費や車両費として請求される場合がありますので、要確認です。

パートナーが浮気していると分かっても夫婦生活を続けていきたいのであれば浮気している現場に直接行くことはやらないほうが無難です。

パートナーを裏切ったことがバレた途端に相方が、ひどく感情的になってしまい、夫婦関係が修復不可能になる可能性を否定できません。

加えて、浮気相手と話をしたことによって、精神的に追い詰められてしまうかもしれません。

探偵の場合には、怪しいと思われることを避けるために警戒を怠ることなく目立たないように調査を進めるのに対して、興信所が依頼されるのは身辺調査や企業調査が多いので、自分の目的を話して表立ってリサーチを行うようです。

探偵が得意とするのは、個人の行動の調査なのに対し、対象についての情報収集は興信所が上手いと考えることができます。

着る洋服を見ることで浮気の証拠を見つけられます。

浮気をしている人に、目立って現れてくるのは変化していく服装です。

以前はファッションに対して無頓着だったのに、突然にファッションにこだわるようになったら用心しましょう。

これから先浮気をしようとしていたり、前から浮気の相手が存在するかもしれません。

探偵に依頼した浮気調査に支払う費用は一般的に「実費」と「時間給」になるでしょう。

実費は交通費、写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、調査時の食事にかかった代金がプラスされることもあるかもしれません。

一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、費用を算出します。

短時間で調査を完了すると請求額も少額となります。

興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、格別違うところが無いと言っても良いでしょう。

浮気調査から身辺調査、ストーカー対策や行方不明者の捜索みたいな仕事内容は類似しています。

ただし、あえて言うと、傾向としては興信所は企業や団体から多く依頼され、探偵は個人向けのようです。

浮気の証拠をとらえるためには、探偵に浮気調査をしてもらうことが最も確実な方法です。

しかし、探偵に依頼するのは結構なお値段なので、あらゆる人が簡単に頼むことのできるものではありません。

探偵に浮気調査を頼んだとしたら、いくらくらいのお金が必要になるのでしょう?探偵事務所によってそれぞれ金額は異なりますので、依頼する前には見積もりをお願いするのがよいでしょう。

車の目立たない場所にGPS端末を装着して、行動を常時監視し続け、移動中の所在を確認したり、記録されたデータを後で読み出し行動を確認することができます。

車より、公共交通機関などを利用する人には、身の回り品にGPS端末を忍ばせる、という方法もあります。

これで相手がどこをどう移動して、どのくらいの時間を過ごしたのかも把握できます。

時間によって尾行料金が決まる場合、尾行時間が短い探偵の方が、費用が少なくなります。

ということは、尾行を探偵に頼むなら、日頃からパートナーの生活のパターンをよく知っておくことが大切です。

自分自身が怪しいと思っている時間帯や曜日に尾行をお願いすると、探偵のほうも手間が省け、お互いにとってメリットのある依頼になります。

不倫に関する問題を相談するなら弁護士に相談しましょう。

婚姻解消したいのか、不倫相手に慰謝料を払わせたいのかまず考えてから相談するといいでしょう。

また、不倫の証拠を掴みたいときには、探偵事務所とか、興信所に行って相談するのがいいです。

相談者が女性のケースでは、近所の奥さんや友だちに相談してしまう方も少なくありませんが、噂されたくない場合には、相談しないようにしましょう。

自分でやみくもに動き回るよりは、専門家である探偵に浮気調査を依頼しましょう。

専門家である探偵にお願いすると、浮気の証拠をちゃんとつかめます。

自ら浮気調査をしてみても、パートナーが浮気していることくらいはわかるでしょう。

だからといって、パートナーを責めてみても、浮気の事実を認めようとしなかったら、有利な条件を引き出して離婚することは不可能です。

そのためにも確実な証拠が絶対に必要なのです。

法律の中で、夫婦関係にある人が配偶者以外の異性と故意に男女の関係にいたることを不倫と定義しています。

ということは、法律の中では、性的に親密な関係ではなかったなら、食事をしたりカラオケに行く程度なら、不倫ではないのです。

男女の既成事実をつかむのは個人では難しいですが、探偵や興信所に調査を依頼してみることができます。

日頃、相手の生活している様子を気をつけてみておくことは他人に頼まなくてもできますが、言い逃れのできないような浮気の証拠を手に入れるためには、経験豊富なプロである探偵にお願いした方が間違いありません。

そして、探偵をお願いした場合は、ただ、浮気に関する調査報告をもらうだけでなく、状況に応じたアドバイスももらうことができるのです。

浮気調査は専門家への依頼が一番と言われる由縁は悲しみの余りその場で暴力に訴えてしまうおそれがあります。

自分だけは大丈夫! なんて思い込んでいませんか?実際の密会に居合わせてしまうと刃傷沙汰に発展してしまう場合が過去にも多いのです。

平穏に解決するためにも、確かな証拠を得るためにも、探偵への調査依頼が最も確実な手段といえます。

同一電話番号との連絡を繰り返し、また定期的にその電話番号に掛けていたりしたらその相手が浮気相手であるという可能性は濃厚であると考えられます。

その後、その電話番号の持ち主を突き止めるだけでいいのです。

ただパートナーの方が機転が効く人物となりますと、電話で浮気相手と連絡を取りあった後には電話履歴を消していることも多々あり得ることです。

もし貴方が浮気されて、「裏切られた!!」と感じ、慰謝料を請求する場合には、相手の身元はおさえておかなければいけませんし、何回もやっているのであれば、その都度都度の過ちの証拠を手に入れなければ駄目です。

それには探偵の浮気調査が有用で、探偵は貴方の期待に応え、ぐうの音も出ない形で、鮮明に写しだしてくれるでしょうし、経験に裏打ちされた、間違いのない形で十分な証拠を整えて貰えます。

浮気相手と会う曜日だとか時間帯がわかっていれば、調査に必要な時間は少なくてよくなるので、調査費用は安くなりますよね。

だからといって、浮気の日時をわかっていたとしても、見知っている人にお願いして証拠を撮ってきてもらうにしても、成功することはほぼないはずです。

ばれないで写真を撮影するには探偵を雇うのが賢明でしょう。

浮気調査に必要な期間は、普通は3〜4日が目安です。

とはいっても、これはあくまで一般的な期間です。

浮気を疑っているパートナーがとても用心深かったりすると、場合によっては1週間から1か月くらいかかってしまうこともあると思っていてください。

一方で、曜日が決まっているとかで浮気をしそうな日がもう分かっているなら、一日で調査が終わるなんてこともあります。

不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度になる場合もありますし、400万円くらいまでになることもあります。

実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、額は少なくなります。

それに、不倫した相手が浮気を認めない際は証拠が必要となります。

どの人から見てもはっきりとした不倫の証拠が不可欠です。

レシート、クレジットカードを調べると浮気を確定することもできる可能性があります。

まず、普段は入らないような毎回、コンビニのレシートを視界に入ることが多くなったら、その周辺に普段から何回も行っている事になります。

その場所でずっと見ていると、運がよければ浮気の瞬間をとらえることが出来るかもしれません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ayane
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sifafeo6ic5gsn/index1_0.rdf