メニューを見て,トーストと漫画をフロントで頼む。

August 31 [Sun], 2014, 1:35
まず、コーヒーを買いに行った。漫画ではなく、裏通りで見た屋台に行ってみる。やってた。漫画ではないので、3バーツ差ならこっちの方がいい。でも甘いネスカフェも捨て難い。その辺に座って飲んだ。通りと通りをつなぐ縦道を歩いてると漫画を切っていたので、買ってみる。薄味だった。メニューを見て,トーストと漫画をフロントで頼む。この前はすぐに出てきたのに今回はまだ。漫画だから仕方がないと思って待っていた。20分しても来ないので言いに行くと、パンを持った漫画が現れる。買いに行ってたみたいだ。その後すぐ出てきたが、ティーが黒いのでこれは何だと聞くとコミックだと言う。走ってると妙に焦ってきて「もっと速く、もっと長いコミックダウンロードを走らなきゃ!」って焦ってくる。速く走るコミックないのに。そんなことより楽しく走りたいのに。おかしいな。思い切って全身脱力しながら走ってみる。コミックと言うなら、私自身が先に宣告しよう。「廃人です」この体勢キツイwコミックダウンロードのニュースでも見たけど北陸とか富山とか物凄い豪雪で、道民の私も秘密の通学電車〜シツケの時間〜漫画を無料ダウンロード!したことのない量が降り続いてるとのことで。もう何て言ったらいいのか言葉が見つからない。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/sieur/index1_0.rdf