レオが福原将宜

May 27 [Fri], 2016, 16:52
探偵による浮気調査の結果、疑いようもない明確な証拠が手に入れば、配偶者と不倫相手から慰謝料を支払ってもらうこともできます。


相手が信頼できなくなってしまったら一生を共にするのは精神的な負担は計り知れないものになるでしょうから、慰謝料をもらって離婚することもありかもしれません。


あと、配偶者の不倫の相手に慰謝料の支払いが課せられれば配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。


不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいのケースもあります。


離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、金額は少なくなってしまいます。


さらに、不倫相手が不倫の事実はなかったと主張する場合には証拠が必要になります。


第三者からみてもはっきりとした浮気の証拠が必要です。


浮気の裏付けがSNSでばれてしまうこともあります。


一般的に、SNSは本名を公開しない特性がありますのでついうっかりパートナーが、プライベートを事細かに書いてしまう事がしばしば見られます。


時には、言い逃れのできない様な浮気の事実をネットに書き綴っている人もいるのです。


相手のアカウントに気づいているのならチェックしてみて下さい。


成功報酬の難しいところは、仮に、浮気調査について依頼した場合には、その際の調査期間が3日間だった場合、その3日間の調査期間の間に浮気をしていなければその調査は成功として扱われてしまいます。


実際に浮気があったとしても、調査をした間だけはたまたま浮気していなかったら、配偶者の浮気の有無をはっきりさせることができないまま、浮気調査は終了してしまい、成功報酬としての料金を請求されます。


プロの探偵に浮気調査を依頼して浮気の証拠を掴んだところで離婚をしないという選択肢もあります。


ご夫婦に子供がいる場合ですと特に浮気が疑惑ではなく確実なものになったからといって離婚というものはそう簡単なものではありません。


養育費を請求できたところで貰える額は少ないですし、約束をしても支払ってもらえないことも多いですから、女手一つで子育てをするのはそう簡単なことではありません。


男手一つで育てることも、また同様に仕事をしながらどちらも上手くこなすのは難しいでしょう探偵の浮気調査に支払う費用は「実費」と「時間給」の2つです。


実費としては調査の際にかかった交通費とか写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、調査の際の食費が上乗せされることもあるでしょう。


時間給は、人数×時間で計算した費用です。


短い期間で浮気調査を終えると支払い額も安くなります。


奥さんが夫の浮気の現場に踏み込んでひどい状況に陥るのは、ドラマ・芝居で目にすることも多いです。


夫人の浮気現場にご主人が乗り込むことになると、傷害や場合によっては殺人さえも起こるというストーリーもよく使われます。


情事の現場へ乗り込むのもあっていいやり方でしょう。


離婚になってもいいと思う場合は、試してもいいと思います。


配偶者の浮気を疑い、外部機関に調査を依頼する時には、法外に低料金だったり、逆に高い料金設定であったりするところではなく、詳細なプランや金額が設定されており、追加の料金設定がなされていないような探偵事務所がオススメです。


他には、探偵業者としての必要届出を済ませているのかどうか事前調査が必要です。


法外な調査をしているところには委託しない方がよいでしょう。


法律上では、既婚者が自分から夫婦ではない異性と男女の関係にいたることを浮気といいます。


すなわち、法律の上では、性的に親密な関係ではなかったなら、食事をしたりカラオケに行く程度なら、浮気とはいえません。


自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、探偵や興信所に内偵してもらうこともできます。


興信所と探偵事務所の違う所を聞かれた場合、別段変わりは無いと言っても言い過ぎではありません。


浮気調査から身辺調査、ストーカー対策や行方不明者の捜索みたいな同じような仕事内容です。


しかし、違いをあげるとしたら、依頼は、企業や団体は興信所に、個人は探偵に頼るようです。


不倫をされてしまったら、慰謝料を配偶者とその相手に対して請求できます。


しかし、あなたの夫または妻が不倫する前から、一緒に住んでいる意味が無いくらいに、夫婦の関係が冷め切っていたときは、慰謝料を請求することができません。


慰謝料の金額というのは、どのくらいの精神的苦痛があったか、歳や婚姻年数など全体的にみて裁判所が慰謝料を決めます。


依頼された調査だけをきちんとやる探偵ならばいいということではありません。


浮気の実態を調査し始めると、意外な問題が起こる場合もあります。


そういう時には、依頼した人のことを何よりも先に気にしてくれる探偵が信用すべき探偵なのです。


探偵を信頼してもいいか判断するには、相談する時の様子などで落ち着いて決めてください。


探偵が気づかれないようにしていても、肝心の依頼者が普段とは違う態度をとってしまい、相手に余計な警戒心を与えてしまって浮気調査が難しくなり、失敗という結果に終わることもあるでしょう。


浮気調査を探偵に依頼しても、確実に証拠が手に入るわけではないのです。


失敗した場合の代金についても、契約書を作る際に決めておくことが大事だと言えます。


探偵が浮気調査する時でも時には失敗することもあります。


探偵は浮気調査をよくやっていても、予期せぬトラブルに見舞われることが全くないことは全くありません。


調査対象が不意に車に乗るとか、電車に飛び乗ったり、尾行者の存在に気づく時もあるでしょう。


それに、浮気調査実施中に不倫相手に会わない時には証拠入手が困難です。


GPS端末は、車の使用者に見つからないようなところに取付して、常時、移動の内容を監視し続け、今いる場所をモニターしたり、記録したデータを後から取り出して行動を確認することができます。


普段、運転しないような人の場合は、普段持ち歩くものの中にGPS端末を隠しておけばよいのです。


そうすれば、相手がどこに行ったのかや滞在した時間も割り出すことができるでしょう。


成功報酬で料金設定をしている探偵事務所は、調査に成功した場合でないと調査料金が発生しないという不安要素があるため、成功した場合に支払う料金は、高くなりがちです。


そのため、成功報酬制を採用している方が、浮気調査にかかる費用が必ず安くなるなんてことはありません。


調査に対するこれまでの実績などもチェックして、信頼できる料金システムを提示している探偵事務所に依頼すると安心です。


夫婦関係にある人の浮気を調べるのを探偵に頼む時、一般的には、調査員の人数と浮気調査の期間を前もって相談します。


探偵の時給の相場は、1万円以上ですから、調査期間が長期になればなるほど高額の調査費が必要になってしまうでしょう。


興信所などによって、利用する機械や調査員の手腕には違いがありますので、口コミなども調べていったらいいと思います。


不倫に関する問題を誰かに相談するなら弁護士に相談しましょう。


離婚したいと考えるのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと考えるのかを考えてから相談するべきです。


もし、不貞の証拠を掴もうとしている場合には、探偵や興信所に相談しましょう。


相談者が女性のケースでは、近所の奥さんや友人に相談してしまう人も多くいるのですが、近所の噂のタネになりたくない時は、絶対にいけません。


尾行代金が時間によって設定されている場合、尾行時間が短い探偵の方が、お金がかからなくなります。


ですので、尾行を探偵にお願いするなら、パートナーの日常の行動を調べておくことが重要です。


自分自身が怪しいと思っている時間帯や曜日に探偵に尾行を依頼すると、探偵にも余計な労力がかからず、お互いにとってメリットがあります。


まず探偵に関して言うと、不審に思われることを避けるよう慎重に慎重を重ねて根気よく調べていきますが、興信所はというと、身辺調査・企業調査を依頼される傾向があるため、先に自分の所属を明かして公然と調査を行うことが多いです。


そういうわけで、個人の行動を調べるには探偵が向いており、一方、興信所は情報を集めることが上手だと見てよさそうです。


尾行料金の相場はと言うと、調査員が何人かによっても違いますが、だいたい1時間あたり1万〜3万円ほどです。


もちろん、調査員が1人なら安く、多くなるほど高くなります。


そして尾行の際、車とかバイクで行う場合、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので、要確認です。


探偵を依頼することでなにが出来るかと云うと浮気の証拠をつかむ事です。


相手の様子が浮気を想わせた場合、最初は自分でなんとかしようとすると思います。


ですが、自分だけで浮気の決定敵な証拠を入手しようと思っても、配偶者に発見されてしまう事もなきにしもあらずです。


その原因はズバリ、あなたの顔が相手に知られているからです。


浮気した事実をカーナビで証明できるのです。


こっそりとカーナビにある履歴を見て、浮気相手と車でデートしたところを見つけられます。


あまり見たことのないところの履歴があった場合、気を付けなければいけません。


それに加えて、しばしばもしもガソリンが入れられていたら、車で会っている可能性があるかもしれません。


浮気調査を探偵事務所に成功報酬で依頼したら損することは無いかと言いますとそうでない場合にも遭遇します。


条件が成功報酬であれば調査を不成功で終わった時、報酬を払わずに済みますから頼んだ方が得をするようなイメージを持つかもしれません。


ですから、特に成功報酬の制度を持っている探偵事務所に限定して、利用したいと思っている人もいるのです。


調査機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が見つかったならば、結婚生活を続けていいのかどうかなかなか決められずに困りますよね。


まずは落ち着いて、先に探偵事務所に依頼の電話をかけてしまわずに、よく考えておくことが賢明です。


法律上、夫婦間に不貞があってはいけないわけですから、不貞行為に対する慰謝料を要求して結婚生活にピリオドを打ち、離婚するのもいいでしょう。


どのような服装か確認することで浮気の裏付けをすることもできます。


浮気をすると、分かりやすく現れるのは身なりの変容です。


以前はファッションに対して無頓着だったのに、突如おしゃれに関心を持つようになったら慎重に見ておく必要があるでしょう。


いつか浮気しそうな人や、とっくに浮気のパートナーがいたりするかもしれません。


着るものが今までと違った系統になってきたら、浮気の恐れがあります。


趣味を浮気の相手のものに合わせようと考えていたり、格好よく見えるよう頑張っていたりすることもありえます。


いきなり、年にそぐわないデザインや色の洋服をセレクトし出したら、かなり浮気の恐れがあります。


その中でもお洒落なインナーを着るようになってきた時は浮気の可能性もかなり高いです。


本人が知らないうちに、浮気しているという客観的な証拠を掴むためには、技術や機材がちゃんとしている必要があります。


浮気現場の写真を撮ったとしても、露出が足りず写っている顔がはっきり判らないとなると証拠として扱われません。


浮気の調査を探偵に任せると、超小型の機材を使い相手が知らない間に顔がはっきり判る写真を撮ることができます。


もし浮気をする曜日、時間がはっきりしているのならば、調べる時間が少なくて済むので、調査代金はその分安くなるのです。


ですが、いつ浮気をしているか特定できているなんていっても、見知っている人にお願いして写真を撮るようにすると、多くが失敗するに違いありません。


ひそかに証拠を握りたいときには探偵に頼むのが一番いいに決まっています。


浮気調査でなにより大事なのは、本当に浮気しているのか? という疑問を確信に変えることです。


疑問が確信に変わりきらないケースでは改めて、調査を続行するか否か決めなければなりません。


残念にも、伴侶の不実が確かなものとなったら、次にすべきことは、浮気相手の特定です。


パートナーの日々の行動を追跡したり、見張りなどの方法も用いて、浮気相手の姿・年齢・氏名などを確認するのです。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Saki
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sie56hwnbncdei/index1_0.rdf