ジョゼフ・コーネルと高橋真琴 

2010年05月16日(日) 22時45分

川村記念美術館で開催されている『ジョゼフ・コーネル×高橋睦郎 箱宇宙を讃えて』を観に行きました。
http://kawamura-museum.dic.co.jp/exhibition/index.html
この美術館は、お庭や周辺の自然が素晴らしいので
ここでピクニック手芸会もできればいいな、と思いUさんを誘ってみたところ
今年初めての手芸会もかねて行く事になりました♪

そして、ここへ行くならば、高橋真琴さんのギャラリーへも行きたいな、という事になり
まずは午前中に高橋真琴さんのギャラリーへ。
http://www.macotogarou.net/
高橋真琴さんは、私が物心ついて最初に『ファン』というものになったイラストレーター。
キラキラおめめの、お姫様の絵のトリコでした。
10年以上前に、都内の美術館で展覧会があったときは
ご本人がいらっしゃっていて、買ったイラスト集にサインをいただきました。


りすちゃんのイラストも入れてくださって、感激でした。

そしてまた今回、久しぶりに原画を拝見することができました。
やっぱり、驚愕の繊細さ、美しさ、完璧さ。。
ギャラリーの絵や、発売された本やグッズを観ては
Uさんとなつかしい話などに花が咲きまくり
小さなギャラリーに、気づくと2時間もいました!
(腰が痛くなって来たので、気づきました。。)
ああ、楽しかった。。

おなかもぐーぐー鳴ってました(汗)
お弁当持参で来たので、早く食べたい!となり
とにかく川村記念美術館へ移動。
電車とバスで、けっこう時間がかかり
近いとはいえ、1時間くらいは結局かかったかな。
バスからの田園風景や、森林の中は、ずいぶん遠くへ来たような感じがしましたが
この新緑の季節、気持よかったー♪

光あふれる美術館の庭の、池と芝生のところでピクニックできたら最高だったけど
予想通り、ここは飲食禁止でした(汗)
でも、外の『アート広場』が絶好のピクニックの場所でした♪
さっそく敷物を芝生の上にひろげ、お弁当を食べました。
いろんな話も尽きなくて、気がつくともう3時近く。
美術館は5時までなので、手芸会の時間が。。。(汗)
なんか、毎度こうなりがち(笑)
よくばりすぎなのかしら〜。
ほんの10分ほど、刺繍をして
美術館へと移動しました。

コーネルの展示は、外とは180度違う、暗い宇宙の世界でした。
高橋睦郎さんの詩は、ものすごくコーネルの作品を表現していて素晴らしかったです。
吸い込まれるようでした。
会場を出ても、この感覚を味わいたいと
図録を買いました。
トップの画像がそれですが
まるでアンティークの本のように素敵。
活版印刷に、フランス綴じ、だそうです。
このまま飾っておきたくなる。

帰り際にお茶したかったのですが
京成佐倉の駅の周辺には何もなく(泣)
Uさんが船橋で途中下車してくれて、お茶しました。
そこでもまた、いろいろ話が尽きなくて、日が暮れました。
今、お互いかなり夢中になっているマーマーマガジンを
それぞれが持っている号を交換しました。
私はこの前入手したレモンの号を。
で、Uさんにいちごの号を借りました。

今回の手芸会も(肝心の手芸がほとんどできていませんが)充実でした〜♪

伊勢丹の誘惑 

2010年04月29日(木) 10時21分
仕事の買い物で、新宿のユザワヤへ行きました。
その後、ユザワヤの上の階にあるユニクロをのぞいて衝動買い。。

アリスインワンダーランドとのコラボワンピと、セールのクロップドパンツ。
部屋着にいい〜♪と思ったので。。
計2880円。

その後はジャーナルスタンダードを覗き、
となりはイエナになっていたのでこれもチェックし
そういえば、高島屋ができた当初にあった
この並びの旅館は、いつのまにかみんな無くなっているなぁ。。と
時代の波に抗えなかったのかと、ちょっとさみしい気分に。
(利用した事ないくせに)

それから、行きたかった事を思い出したルミネのフレームワークスに。
目的は服ではなく、マーマーマガジン。
青山ブックセンターにも、銀座の教文館にも無くて
ほとんどあきらめていたバックナンバーが、ありました!!
このレモンの表紙の。

下のマドラスチェックの生地は
ノベルティのラッピング用の布らしく
本を買っただけでもいただいちゃって、ちょっと「いいんですか?」って感じでした。

予定外の買い物と、数ヶ月前から欲しかった、あきらめかけてたものを手に入れて
かなり満足だったのに
このあと行った伊勢丹の誘惑の凄さってば。。。
商品を見て、すてき、すてき、とドキドキしまくったのは久々でした。

ほんとは、オーガニックコスメのコーナーで
ネットで知ったヘアトリートメントを欲しいなぁ、と思ったけど
それは見つけられず。。
でも、コスメコーナーでも、下着コーナーでも
かわいさにドキドキ。
この売り場は、いつ来てもパリのボンマルシェのランジェリー売り場を思い出させて
夢見心地になります。

オーガニックコットンの部屋着や下着のブランドで
ソックスを買うに留まりましたが
やばいな、あそこは。
オーガニックコットンガーゼのパジャマがすばらしかった。。。
お値段もすばらしかった。。。(汗)
でも、いつか手を出しそうで怖い。

もう、歩行困難なくらい足が痛くなっていましたが
4階のリ・スタイルをチェックしないではいられないので行ってみたら。。
マダムロバのお花のバブーシュやヴィーダフェリスのキャンドルが、いっぱいあるじゃないですか!
やばい、やばい、こりゃやばい〜!!と思いながら、目が釘付け。
ちょうど1年前に、お花のバブーシュにも、キャンドルにも、決着をつけたというのに。
何か持ち帰らないと気が済まない状態になってしまい
お花てんこ盛りのロマンティックの極みなバブーシュを。。
「もう一つ持っているんですけどね。。」と言いながら、買ってしまいました。
どうしたというのだ、この財布のヒモのゆるさは。

しかし、レジへ行くと、隣では
服やら、バッグやら高そうな物をいろいろお買い上げの女子がいて
私なんてかわいいものよね、なんて思ってしまいました。

さて、もう足も限界、そしてこれ以上の誘惑もやばい、と帰ることにしましたが
少しでも歩く距離をショートカットしつつも、新鮮なものを観たい欲望は拭いきれず
エスカレーターでひとつ上の階まで上って、そのまま下りのエスカレーターへ乗ろうと思ったら
ひとつ上の階には、期間限定でオルネドフォイユとリネットのコーナーが!!
(毎日ブログをチェックしているから、やっているのは知っていたけど忘れてました)
うわぁー!また予想外の買い物の予感。。
でも、なんとか見るだけにとどめ、下りのエスカレーターに。

デパ地下も通り過ぎるつもりが、ふと、頭の端によぎるフレーズ。。
アンリ・ルルー。。。
あああ、これまたネットでみて、絶対食べてみたいと思っていた塩キャラメル。
ここにあったのねー!!
で、とりあえず5個お買い上げ。
そしてスウィーツといえば、忘れちゃいけないのが
あの、どうしても憶えられない名前の店の、デイジーのバームクーヘン。
もう、今日は買うつもりはないけれど、ひとめ実物をおがみたい。。
ありました、ありました!ちゃんと買えるような雰囲気で。
(すごい並んでるとか、高すぎるとかなく)
いつか買おう。。(いつ??)


伊勢丹の誘惑に負けた結果↑

ゲットしたものを戦利品、というけれど、これは負け??(汗)
いや、勝ちだと思いたい。
くたくたよれよれ、足をひきずって、戦士(?)は家にたどりついたのでした。。



バジルペーストと学芸大学 

2010年04月03日(土) 17時05分

ラ・プティットエピスリーのバジルペーストのトリコです。
昨年のゴールデンウィークに行って
初めて口にして以来
月にひと瓶のペースで消費し続けてます。
朝のパンには、もう欠かせません。

なかなか行けない場所だけに
行く度に3個買ってくるのですが
3ヶ月でなくなるため、これを買いに、季節ごとに学芸大学へ行く感じになってます。
そして、その度に廻るお店も定着しつつあります。

ボワズリー、アンスピラシオン、ホワイトキューブといったアンティーク家具や雑貨のお店。

バジルペーストを付けて食べるのも楽しみな
天然酵母のパン屋さん、Msize。
ここは、ほんとに近くに欲しいお店。
あったら、毎日通います。
パンがオリジナリティに富んでいて、丁寧に作られていておいしいのはもちろんのこと
お店の方が、とっても優しくて癒されます。。
季節ごとでも、あの笑顔に会えると嬉しい。

うちの近くにも天然酵母の、そこそこ有名なパン屋さんがあるのですが
ここの店主のおばさんが、自信満々で、なんか威圧的で怖い(汗)
たしかに、自信を持ってパン作りをされているのでしょうけれど
そこまで威張るほど、私の口には合わないし。。
パン屋には癒しを求めてしまう私は
家から一番近いパン屋にもかかわらず、めったに行きません。
(店頭にいるのがおじさんの時はホッとします)

話がそれましたが
ラ・プティットエピスリーから、さらに足をのばせる体力がある時は
ホテルクラスカものぞきたい。
昨年末に初めて行きましたが
すてきな建物でした。
おなかがすいていたので
1階のカフェでランチを食べました。
ものすごくおしゃれだけど落ち着く良い雰囲気に期待したのですが
日替わりのランチメニューに、いまいちそそられるものがなく
気乗りしないままチキンソテーを頼みましたが
ナイフとフォークでなく、おはしだけが添えられていて
チキンソテーをどう食べるか(箸じゃ切れないし)悪戦苦闘し、そして、あまりおいしくなく。。
ランチセットとか、だいたい完食する私ですが
不本意ながら、かなり残しました。。
これはガッカリでしたね。

インテリアはとにかく、全館すてきでしたけど。

そのまま、まだ体力があれば目黒通りのインテリアショップ巡りに突入したいところですが
だいたいこの辺で折り返さないと、駅にたどり着けずに限界を迎えてしまうかもしれないので
引き返します。

その途中で寄り道すべきなのは
リネンの服とお店の内装が素敵なブラスブラム。
服は、お値段的になかなか手が出せないのですが
(一枚だけ、思い切って買ったシャツを持ってますが、初めて値札を観た時には目を疑いました。。)

そして歩き疲れてやっと駅まで戻って来たら
マッターホーンでひとやすみ。
レトロなティールームが落ち着きます。
ケーキをどれにしようか、迷いに迷う楽しみを存分に味わってから、まったり。

バジルペーストが無くなると
必然的に学芸大学散策をしなくてはいけなくなるのも
今のところは楽しみなのです♪
(通販でも買えるのですけどね。。)

くつした!くつした! 

2010年02月27日(土) 10時57分

一昨年、冷えとりのことを知ってから
やってみよう!と思いつつも本格的にはできていなかったのですが
昨年末に久しぶりに会った友達が、靴下の重ねばきをしているのをみて
もっとちゃんとやろう、と思いました。

私が冷えとりを知ったのはこのブログだったのですが
http://www.kuratama.jp/produce/hietori/diary/r091224.htm
最近はこのブログを毎日チェックしてます。
http://murmur-blog.jugem.jp/
冷えとりだけじゃなくて、考え方とかも、すごくいいことが書いてあるのでハマってます。

くつしたの重ねばき、湯たんぽ、半身浴、白湯のみ。。
どれも簡単にできることだし、身体が温まる事以外にも
エコにつながったり、きちんと生活してる感じが高まったりと
良い事が連鎖して行く感じが気持いいです。

やりたいことが、だんだんとシンプルになってきて
家の中に不要なものが、たぶんいっぱいあるので
それをとにかく片付けなくては、と思ってます。
(大昔から、これはずっと私のテーマのような感じですが。。もっと気合い入れて、浄化だ浄化!!)

洋服屋さんをのぞくのが大好きですが
今は、できるだけ買わないように。。まずは要らないものを処分してから。。と思います。
(冬のバーゲンでは、そう思いながらもワンピースを2着も買ってしまいましたが。
春からもいっぱい着られそうなので、よーく考えて買いました)

でも、ショップをのぞかずにはいられない。
で、良く買ってしまうのは、ソックス。
重ね履き用に、できるだけ天然素材で、ゆったりしたものが
今はまだたくさん欲しい。
だけど、天然素材100%ってなかなか無いんですよね。
あと、シンプルでゆったりしたものも。

先日、アウトレットモールの近くへ行く用事があったので
ソックスの掘り出し物を探してまわりました。
なかなか、求めているものがないなぁ。。と思いながら
ふと、メンズのソックス売り場を見てみると
これこれ、というのがいっぱいあるじゃ〜ないですか!

シンプルで、天然素材で、ざっくり大きいサイズ(メンズだからね)
この下に、3〜4枚ソックスを重ね履きするので
このくらいのサイズがちょうど良い感じになりそう。

目の色変えて物色しちゃいました(笑)
イタリア製とか、かなり上質なソックスが
アウトレット価格でかな〜りお買い得!
(元の値段じゃ、とても手が出ないようなもの)
いっぱい買って、満足♪

家に帰って、重ね履きの一番外にメンズのソックス。
ん〜、ちょうど良いサイズ感!
これは良いですよー。

写真は、左からシルク、イタリア製のコットン、右の2足はイカリの刺繍が可愛いアンティパストのものでリネン100%。
ぜいたくな気分。。



暴れん坊ぽぽちゃん 

2009年12月23日(水) 12時03分

ぽぽちゃんを写真に撮りたいのに
ちっとも撮らせてくれません。
カメラを構えると、カメラに興味津々で飛び乗ってしまいます。
仕方が無いので、カメラに闘いを挑むぽぽちゃんを携帯カメラで撮っていると
今度は携帯に飛び乗ってきます(汗)
代わる代わる、携帯と一眼レフを持ちながら
暴れるぽぽちゃんショットを撮りました。
(一眼では、ピントを合わせるのが間に合わないので、結局携帯でしか撮れず。。)

一眼レフから、携帯へ飛び移ろうとしているぽぽこ。

携帯を断念して、一眼へ持ち帰るとぽぽちゃんも一眼へ。。(汗)
そしてまた、携帯へ飛び移ろうとしている。。

ついに一眼のレンズへアタックするぽぽこ。
や〜め〜て〜!!

シャッターチャンスは、ことごとく合わず。。(泣)

あきらめてパソコンに向かうと、今度はキーボードの上。
そこにいられると、ポインタが動かないんですけど。。

バナナの保存 

2009年11月29日(日) 11時32分

遅ればせながら、バナナが身体に良い!という事を本で読んで
毎日食べる事にしました。
食べ始めた頃はまだ気温が高くて
最後の1本を腐らせてしまったりして
そうなる前に冷凍バナナにしてみたりしたのですが
やっぱり、保存には吊るすのが一番ときいて
周りから『バナナツリー』を薦められたりしましたが
(みんな、笑いながら冗談半分に薦めます。。やっぱり、あれはそんな感じの品なんですかね?)
わざわざバナナのためにそれを買うのも、場所をとるのもなんだかな〜と思っていましたら
先日入ったカフェの厨房に、S字フックでバナナを吊り下げているのを発見!
な〜んだ!それでいいんじゃん!
これなら場所もとらないし、なんて良いアイデア!
さっそくキッチンに吊るしました。
うちのキッチンは、なんとなく黄色のものを多くしているので
コーディネート的にもピッタリでした♪

小鳥とりすの絵本 

2009年11月15日(日) 10時48分

ネットショップに注文した絵本が届きました♪
恵文社のサイトでひとめぼれ。
予約してしばらく待ちました。
初版は1950年のようです。

この絵を観ただけで、小鳥のさえずりが聴こえてきそう。
小鳥もりすも、なんて可愛いんでしょう。

表紙だけじゃなく、中のページも全て可愛い!

こ、これは。。。(悶絶)
小鳥さんが〜コートと赤いマフラー!!
可愛すぎる!!
ああ〜ぽぽこちゃんにもマフラー巻きたい。。

ぽぽこちゃんを見ていると、絵本から出てきたみたいと思います。

きゅんとする風景 

2009年11月12日(木) 22時49分
最近、東京で一番好きな場所は丸の内かも。
オフィス街ですが、仕事とはほぼ関係が無く
私にとっては、むしろ非日常な場所。
再開発される前は、ほとんど来た事がありませんでした。

東京駅が壊されて作り替えられるかも、という話を聞いた時には
やめて〜と思いましたが
それもちゃんと残してくれているし
丸ビルができた時には、クラシックな趣を残したまま
あんなビルができる事に感動しました。
そして、新丸ビルは、さらにシックで洗練されていて
一番好きなショッピングゾーンです。
(自分がそこに合っているかというと、全く自信が無い感じですが・汗)

特に、夜の丸の内は
しっとりと大人っぽく、品良くキラキラしていて
歩いていると夢心地になります。
なんだか、懐かしい気分もくすぐられ
ビルの明かりにきゅんとします。

まだ、物心つくかつかないか、くらいの子供の頃に
夜の東京駅周辺のビル街を車の中から見て
「あれがお父さんの会社よ」と母から言われた記憶がうっすらとあって
私の中の『東京』は、ずっとビル街の夜景だったので
それできゅんとするのかも。

そんな丸の内に、また気になるスポットができたので
銀座で仕事があった帰りに行ってみました。
丸の内ブリックスクエア。
その中の、三菱一号館。
日本で最初のオフィスビルを再現した建物。

すごいですねー。
こんな事を実現させるなんて
また三菱を見直しました。
一回壊された物を、そっくり復元するとは。

工事中に、中を覗き込みながら
「これって一般人出入りできるのかなぁ?」って言っていたので
建物の中が、カフェや美術館になっているのも嬉しい。

竣工記念の『一丁倫敦と丸の内スタイル展』は
とても興味深く、見ごたえのある内容でした。
復元された昔の建物の中で
昔の丸の内を疑似体験。
また、復元されて行く過程も興味深かったです。

順路がかなり複雑で、迷路みたいな感覚になりましたが(汗)
平日の夜の、ひっそりした美術館は
トリップ感にひたれて大好きです。

3階から2階へと、クラシックな階段を下りながら
窓から見える高層ビルの明かり。
タイムトリップして、過去から未来を見ているみたい。
このとってもシュールな風景にも、胸きゅんです。

最後に、工事現場で働く人たちをたくさん撮った
梅佳代さんの写真には、とても楽しい気分にさせられました。
これから長く残る、歴史的建造物。
それを作るのに携わった方々は、きっと誇りに思える仕事ですよね。

建物の外へ出て、また中庭からキラキラした風景を見渡して。

それから、気になっていたショップ『パスザバトン』へ。
リサイクルがテーマでありながら
とても洗練された、おしゃれなお店でした。
セキセイインコのオブジェがすごく気になりつつも
家に本物がいるし
本物が、このオブジェを気に入ったら
毛をぼろぼろにむしってしまうんじゃないかと思って
買うのをためらってしまいました。

なんだか、店内で本物の小鳥の声がするような。。と思いながら店を出たら
レジの後ろにいましたよ、かわいい子が2羽。
アンティークらしき鳥かごに入って
水やえさの器も、なにやら日本の古い陶器っぽい。
アンティークの中で暮らしているんだねー。

この子たちを見ていたら、早くぽぽこちゃんに会いたくなって、帰らなきゃ!と思いました。
しかし、なにやら強烈に良いにおいが。。

隣の店が、エシレバターのお店でした。
しかし、食べてみたかったここのクロワッサンや焼き菓子は
すっかりきれいさっぱり売り切れでした。。
そのうち、さりげなく買う事ができるようになるかしら?

さて帰ろう、と歩き出したら
道に提灯を持った人々がわらわらとやってきました。
天皇陛下即位20周年のイベント帰りの人たちに巻き込まれました(汗)
丸ビルのトイレが長蛇の列で、あきらめました。。

丸ビルのクリスマスツリーの点灯式もあったようだし
すごくにぎわう日に来てしまったみたい。
でも、とても胸きゅんな時間を過ごせました。

清澄白河手芸会 

2009年11月08日(日) 23時14分

Uさんと秋の手芸会第二弾。
今回は清澄白河にて。
まずは、富岡八幡宮の骨董市へ。
時期的に、七五三のお参りの子供達がいっぱいで
着物姿が可愛い。
神社仏閣で、七五三にぶつかると
なんか得した気分になります(笑)

骨董市は、かなり古い物から
私たちが子供の頃に使っていたようなものまで
面白い物がいっぱいで盛り上がりました。
戦前の子供雑誌の付録らしき双六や地図に大笑いしたり
高橋真琴の文房具に胸きゅんしたり。
何も買わずに楽しませてもらって申し訳ないっす(汗)

手芸会は清澄庭園でする予定でしたので
その近くのサクラカフェでランチすることにしました。

コンクリート長屋が並ぶ、レトロな家並みの中にあるお店。
外まで人が並んでいてびっくり。
人気のお店なんですね〜。
お店に入って納得、でした。
ランチもヘルシーでおいしかったですが
いっぱい種類のあるロールケーキが!
ふんわりしっとりでおいしかった〜。
隣のテーブルでは、2人の女子が、4つのロールケーキをつつきあっていましたが
気持、わかります(笑)
全種類制覇したい〜。

けっこうゆっくりしてましまいましたが(想定内?)
手芸会をするべく、庭園へ向かいました。

美しい日本庭園でした。
鳥がいっぱい、池には鯉がいっぱいでテンション上がるー♪
手芸会にちょうど良い木のベンチとテーブルがある場所で
刺繍をはじめました。。が。
次に行きたい現代美術館が、5時に閉館では?という不安に気づいて
既にもう4時、早々に手芸会終了、となりました(汗)

4時半頃に美術館に到着。
6時までとわかって、ホッ。。
だけど、観たかった2つの展覧会のうち1つは断念。
『ラグジュアリー:ファッションの欲望』を観ました。
ラグジュアリーなドレスの数々にためいき。。
そして、あらためてシャネルのセンスの良さ、普遍性に驚いたのでした。
50年以上前の服が、今着ても、今の素敵な物のように見えます。
当時これがいかに革新的だったかと思うと、ただただ驚嘆です。

常設展の大きな作品も面白かった〜。
現代美術は久しぶりに観たけど
やっぱり刺激的。
理解はできなくても、なんだか感覚がリフレッシュされる感じ。
ロビーの井上雄彦氏の作品を観られたのもラッキーでした。

すっかり喉が渇いて
何か飲みたい〜と地下のレストランへ行きました。
ここがまた、思った以上に素敵な空間でした!
まったりとソファ席でくつろぎたかったけど
結局時間も時間なので食事をすることにして
テーブル席へ。
外はすっかり闇に包まれて、なんだか真夜中のような
アンニュイな雰囲気でおしゃれなお店でした。

手芸の時間はあまりとれませんでしたが(汗)
盛りだくさんで充実しまくり。
全てが素敵で大満足な1日でした♪

ぽぽこちゃん 

2009年11月01日(日) 22時02分

ぽぽちゃんのお鼻の色が茶色くなってきました。
どうやら女の子のようです。
ぽぽこちゃんです。
てっきり男の子かと思っていました。
おしゃべりをしはじめていたし。

すっかり新しい毛に生え変わったようで
うちに来た時よりも、鮮やかな色になりました。
今、とってもふわふわです。
ほっぺのほくろの毛もくっきり、左右にひとつずつ。
2010年05月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sidea-ayano
読者になる
Yapme!一覧
読者になる