サイドビジネス・副収入【初心者】はこれからスタート

ネットワークビジネス
2013.05.19 [Sun] 09:00

◆ネットワークビジネス!
たくさんの人が目に触れる機会が増え、各メディアで取り上げられる事も多くなり、現代のビジネスモデルの主流にのし上がってきましたね。

元来、口コミで広がるものでしたね。商品というものは。
いい商品を購入したいと思った人は、「こういう、いいものを買ったんだ」という他の人の経験を聞き、それを頼りに購入していました。
これを現代にそのままもってきたのが、ネットワークビジネスです。
その成果を現したのが、ネットワークビジネスのランキングなのです。

●ネットワークビジネスというのは、「MLM(Multi-Level Marketing)」と呼ばれる販売形態です。
日本語では連鎖販売取引と訳されます。
一般流通であるところの「SLM(Single-Level Marketing) 」との比較で生まれた言葉です。

一般流通が、小売店を介して販売される一般的な方式であるのに対し、連鎖販売取引は口コミを使って商品の知名度を広げていくシステムとなっています。
一般の販売方式の場合、メーカーが商品を製造、開発し、お店がそれを販売するという流れで成り立っているのですが、MLMの場合は一つ間に紹介人が入ります。

この紹介人が、自分でいいと思った商品を、他の人に紹介することで、その紹介人にも手数料が入り、口コミによる宣伝効果も生むというのが、ネットワークビジネスの主な骨組みなのです
 

アフィリエイトによるサイドビジネス
2012.11.03 [Sat] 12:09

アフィリエイトといってもなかなか難しいものですよ。
広告を貼っただけではクリックしてもらえず、報酬にはそんなに簡単には結びつきません。
ニッチ(=隙間)を意識して、どのような情報を、閲覧者が知りたがっているのかを考え、サイト作りは興味を持ってもらえるように、心がけなければなりません。

あまりにも収入を意識するのではなく、楽しさを重視し、趣味と実益を兼ねたサイドビジネスにすることが、アフィリエイトとして継続し、結果的に収入を得ることにつながります。
アフィリエイトには、自分ならではの視点を、上手に活用することが必要です。

さて今やアフィリエイトは、インターネットでのサイドビジネスの1つとして、よく知られているものですね。
自分のホームページやブログ、メールマガジンなどに企業広告のリンクを貼り、閲覧者がそのリンクをクリックすることや、商品の購入によって、報酬が広告主から支払われるものです。
アフィリエイトを始める場合、アフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)といった、個人と企業を仲介するところに、登録するのが一般的です。

このASPと契約し、ホームページやブログにリンクを貼ります。
ASPには、A8.net、バリューコマース、リンクシェア、アクセストレード、JANet、などがあります。
また、楽天市場の楽天アフィリエイトとかAmazon.comのAmazonアソシエイトなどのように、直接企業と提携することもできます。
また、自分で商品を購入して節約に利用するために、本人がリンクをクリックして、商品を購入しても報酬が認められている広告もあります。
 

不景気でも儲かるサイドビジネス
2011.08.04 [Thu] 11:52

★不景気でも儲かるサイドビジネス

サブプライムローンを発端とする景気悪化は、私達の生活を脅かす状況を引き起こしました。
ボーナスが出なかったり少なくなった企業や、給与が減額になったり遅れがちになっている企業も少なくありません。上場企業の倒産も相次いでいます。
さらに、企業規模縮小のために、非正規雇用労働者の期限前契約打ち切りや、正社員のリストラなどの問題も噴出しています。

そんな時勢のなか、小遣いを増やしたい、生活費を稼ぎたい、との理由などでサイドビジネスを考えている人も多いと思います。サイドビジネスがうまくいって、それが本業となる方もいます。
しかし、逆にサイドビジネスがうまくいかなかったり、犯罪に巻き込まれてしまう場合もあります。

サイドビジネスにも様々な種類があり、情報が溢れています。
インターネットが普及して、アフィリエイトなどインターネットならではの副収入を得る方法も増えました。
SOHOをはじめ在宅ワークの方法も様々な方法があります。

サイドビジネスを始めようとするときには、その仕事が法律違反にならないものかどうか、慎重に確認するべきです。
サイドビジネスの名を借りたあやしい商売の場合もあるからです。サイドビジネスを探している人を狙った悪質商法や悪質サイトが巷に溢れています。

「絶対に儲かる」「簡単にできて高収入」のビジネスはありません。
このようなことばに惑わされないように心がけましょう。
景気悪化の時代であってもサイドビジネスを考える際は、生活に多少の余裕を作るという気持ちを忘れてはいけません。
 

サイドビジネスのアンケートモニター
2011.06.01 [Wed] 14:09

ネットでのサイドビジネスの1つにアンケートモニターがあります。
最近はネットでのアンケートモニターが多くなっており、1回の謝礼は多くても500円〜1,000円程度です。
また、座談会参加者募集を同時に行っている会社もあり、座談会の謝礼は、1回5,000円〜10,000円くらいが目安です。

真摯にアンケートに答えているとアンケート依頼も増えてきますので、根気よく答えることができる人に向いている仕事です。
アンケートモニターを行っている会社には、マクロミル、iMiネット、ボイスポート、infoQなどがあります。
住所、氏名、家族構成、興味のあることなどの個人情報登録が必要なので、抵抗を感じる人にはお勧めできません。
1つのアンケートモニターからのアンケート依頼は少なく、多くても月1,000円〜2,000円くらい、サイトや居住地によっては1年に1回アンケートがあるかどうかという場合もあります。

そのため、ある程度の収入が欲しい場合には複数の登録が必要となります。
サイドビジネスというよりも、お小遣いかせぎの感覚で利用するのがお勧めです。
 

サイドビジネスとSOHO
2009.08.25 [Tue] 10:23

★サイドビジネスとSOHO

・サイドビジネスの1つとしてSOHOという言葉を、皆さん一度は耳にしたことがあると思います。
・SOHOとは「Small Office & Home Office」の略で、個人または少人数(従業員10人以下程度)が自宅や自宅外の小さな事務所などを会社と情報通信ネットワークで結び、仕事場としたものです。
・SOHOのうち、自宅で行うものが在宅ワークとなりますが、独立自営の薄いものが在宅ワーク、独立自営の強いものがSOHOと呼ばれることが多いようです。
・SOHOは自宅がオフィスになることで出勤する必要がない、時間の制約がないというメリットがある一方、コミュニケーションが取りづらい、勤務時間の管理が難しいというデメリットもあります。
ライフ・ワーク・バランスを考えた働き方のできるSOHOは、専門的な技術をもった人の独立だけでなく、子育て中の女性や障害者などが就労しやすい環境を作っています。

●SOHOに必要な機材

・まずパソコン。事務系やシステム系の仕事ならば、OSはWindowsXPもしくはVistaなど、デザイン系ならばMac OS Xなどが必要です。
・この他、必要なソフト、プリンター、電話(固定電話・携帯電話)、FAX、光ファイバーなどブローバンド回線、ウイルス対策ソフトも必需品であり随時更新は当然のこととして準備してください。

●SOHOに関する情報先

・SOHOに関する情報を得るには、(財)日本SOHO協会やJSC−日本SOHOセンターなどのホームページの他、ミクシィなどSNSサイトのコミュニティなど様々な情報ツールがあります。
なかには、悪質な業者もありますので注意しながら上手にサイドビジネスに役立ててください。
 

在宅ワークのサイドビジネス
2009.06.11 [Thu] 15:25

●在宅ワークのサイドビジネスとガイドライン

在宅ワークのサイドビジネスとは、厚生労働省の「在宅ワークの適正な実施のためのガイドライン」によると、情報通信機器を利用して請負的に在宅で行う働き方のうち、他の人が代わって行うことが容易なものを指します。
例として、文章入力、データ入力、テープ起こし、ホームページ作成などの作業です。
在宅ワークを注文する人とは、直接自分の仕事を注文する人だけでなく、仕事を請け負い、在宅ワーカーに仕事を注文する人も指します。
このガイドラインは、在宅ワークを安心して行うため、そして紛争を未然に防止するために、在宅ワークの仕事を注文する人が在宅ワーカーと契約する際、守るべき最低限のルールとして2000年に策定されたものです。

在宅ワークとしてサイドビジネスを行う人は、安心して仕事を行うことができるよう、このガイドラインをはじめ、情報を充分活用しましょう。
そして、誰でもできるサイドビジネスとして高収入をうたう悪質商法には充分注意をしてください。

ガイドラインには、注文者が守るべき事項として、契約条件の文書明示とその保存、報酬や納期に関する契約条件の適正化、個人情報の保護などについて書かれています。注文者は、ガイドラインを守り、契約について在宅ワーカーと内容をよく協議する必要があります。

このガイドラインはインターネットサイトの厚生労働省ホームページにありますので、在宅ワークを注文する人だけでなく、在宅ワークをサイドビジネスとして行う人はこのガイドラインの内容をよく読んで知っておくことが必要です。
厚生労働省のホームページには、ガイドラインの他、契約のモデル様式も掲載されています。
 

インターネットでのサイドビジネス
2009.05.18 [Mon] 09:20

★インターネットでのサイドビジネス
インターネットでのサイドビジネスの1つとして、よく知られているのがアフィリエイトです。
アフィリエイトとは、自分のホームページやブログ、メールマガジンなどに企業広告のリンクを貼り、閲覧者がそのリンクをクリックすることや商品の購入によって、広告主から報酬が支払われるものです。
アフィリエイトを始める場合、個人と企業を仲介するアフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)に登録するのが一般的です

ASPと契約し、ホームページやブログにリンクを貼ります。
ASPには、A8.net、リンクシェア、JANet、バリューコマース、アクセストレードなどがあります。
また、Amazon.comのAmazonアソシエイト、楽天市場の楽天アフィリエイトなどのように直接企業と提携することもできます。
本人がリンクをクリックして商品を購入しても報酬が認められている広告もありますので、自分で商品を購入して節約に利用することも可能です。