すごい辛い

November 19 [Sun], 2017, 3:55
父と大喧嘩した

簡潔に書きたくて

ようは

父が生まれた時代は物凄い貧乏で
テレビはなく、携帯なんてないし
食べ物にも困っていた
つまり、苦労ばかりしてきた

わたしが生まれた時代

テレビはある
食べ物に困らない
可愛い服がある
生まれた時から全てが心地よくある時代
両親だって娘が生まれたらそりゃ
時代も変わっているし
全てを整えてわたしを迎えている

今の平成生まれの子たち

当たりまえにスマホが大体の子が持ってる
黒電話なんて知らない
テレカってなに?
親がWi-Fi引いてるからスマホゲームでもなんでも遊び放題
昔みたいに、ケータイなんてなくて
黒電話で親に会話を聞かれつつ、友達と話すストレスなんて知らない
綺麗な家があり
風呂がある
お洒落な服に綺麗な食べ物や飲み物
美しさ、綺麗、お洒落、これがないと
いじめが昔より陰湿な世界になってるのは
メディアのせい

平成に生まれた子は、その時代に生まれたのだから
当たり前に揃っているのが普通だし

私が生まれた時代は
黒電話であれ、昭和と平成を生きてるのだから、
日本の移り変わりを知っているのは当たり前だ

生まれた時代が違うだけで

父が生まれた時代は、こーで
とても苦労して、
貧乏で、食べるものにも困って
山の実を取って食べるのがおやつだった

なのに、
お前はそんなことを知らないで
泣いたり、逆らったり

これだけ、恵まれた環境に生まれてきたのに

贅沢ゆうな!
と言われても

わたしが生まれたのは、昭和で
平成にうつって、
その時代で生きてるのだから

父の時代の頃の苦労を聞いて
知識としてはわかるが

体験しないと
どれだけ辛かったか、苦しかったなど、わかるはずがない

今の平成に生まれた子にしろ
どんどん住みやすいように色々な事が発達、進歩した世界に生まれたのだから

知らなくて当たり前だし
知ってなくてもいいし

逆に、スマホを持っていないと、身が危険な時代になったし

ガラケーなり、スマホを持っているだけで

命が、助かる事があるから
親が買って持たせるのは普通だ

持たせてないと、怖い時代なのだから

昔は、黒電話しかなかったから

連絡取ろうなんて
テレカで、外から電話する

今はどこからでも、電話なりメールなりなんなり出来るし

外でゲームだって何だって出来る

父の生まれた時代が、
どーだこーだと言われて
私を怒ったり
今日は、私が前々から絶対しないでと約束していた

机をバンッと叩くとか、大声を出して威嚇するような

行為はやめてくれ、

悪魔に暴力をされた出来事が蘇ってパニックになる

と何回も伝えてあったのだ

それを、父は破って

怒りに任せて
机をバンッと両手で叩いた

物に当たる行為

悪魔は、怒ると、わたしを殴り、
ものを激しく叩きつけたり、大声を出して
ヤ〇ザのような、声音で汚い言葉を叫びながら

私を殴り、蹴り、机を叩いたり、壁を殴ったり
いきなり、わたしの目の前で
たばこを自分の手の甲に押し付けて

お前のせいだ責任を取れと、罵った

お前のせいで、オレはタバコの火で
やけどした

お前が全て悪い

だから一生人形として
感情を持たず、全てを俺のために捧げて
愛を誓えと言った

頭が狂っている悪魔は、これが本当に生きてる人間なのかと
わたしは逃げられるのだろうかと
逃げる機会を探していたのだ

父が今日、

貧乏、苦労、なんでも揃っている時代に
生まれてきたくせに

泣くなんて、理解出来ない

と、

私の目の前で

机をバンッと叩いた瞬間、

その悪魔の所業が、蘇って
わたしは

予期不安と、パニック、酷い過呼吸に
なった

それでも、父は自分のせいで

私が過呼吸とパニックを
起こしていると
認めたくなくて

すごい大喧嘩になった

わたしは何回も、
すぐ忘れてしまう父に言ったし

約束していた

お願いだから、
机を叩いたり、冗談でも、デコピン的なことをしたり、

父はフレンドリーで私が幾つになっても

ふざけて、肩を小突いたりとか、軽くおでこを叩いたりするのだ

今はそれが

とても恐怖とフラッシュバックの原因になるから

やめてくれ

と何回も何回も言ってあったのだ

それを怒りに任せて、破った

自分の言い分を娘が理解してくれない

俺が1番正しく、間違ったことを言っていないのに

娘がずっと泣いていて
酷い過呼吸で
涙を流して倒れて横になっている

それが
自分のせいでなっていると

認めたくなくて

父は激昂した

わたしは随分、人の観察力が
強くなった

悪魔の行動や考え、を把握して
逃げるために

人間が、どのような発言わ行動で

プライドや自分が傷付かないように

防衛するか、

それをわたしは
しっかり、頭に焼き付けて

時を待って、
警察に逃げ込んだのだから

父は、悪魔との警察との
やり取りには勿論深く関与してくれいるし

守ってくれた


それを知っていて


今日、父に言われた最高に酷いと思った言葉


「まだ、娘が死んだことを引きずっているのか

もう1年は経つのにありえない。

気持ちをバッと切り替えれば、

すぐに忘れられるのに」

だ。


娘が死んだこと。

暴力を受けたこと。

監禁されていたこと。

バンッと、翌日から、
いきなり、

忘れて、心から笑って生きる人なんて

人間じゃないだろ?

母は、この事件を詳細には知らないが

母が優しく、

父が言った言葉を私がとても傷付いたと

泣いて言うと

「ひとは、1日や1年でも、すぐに酷い目にあったら

翌日すぐとか、切り替えられるものでは無い

少しずつ、マイペースに、ゆっくり、

自分のペースや努力で

少しずつ、癒されて、回復していくものだから

あなたは、ちゃんと、出来ていて

何も心配はいらないわ」

と、優しい言葉をくれた


父とは正反対だ

母は、能天気だし、たまに変な行動を取ったりするけれど
父より、

人の気持ちや、酷い目、とゆう、度合いは人それぞれで

その出来事から

回復するには

こじんさがあって、

誰もが、マイペースで

少しずつ少しずつ、やっているのだと

ゆうことをきちんと理解していて

だから、母は優しく、
人にとても好かれていて
邪気が母には全くないので
性格的に

生まれたての赤ん坊のような
オーラの母は

無邪気ゆえに
嫌われることもあるので

嫌な思いも、辛い経験もたくさんしている

ほんとに心無い、地元の、高校生の男の子たち

母が電車を待っているだけなのに

「ださっ」

「ウケる、本読んでる笑」

「きもちわりー」

と、電車を待っているあいだのこれから

母は、

仕事へ行くのだ

まだ、社会に揉まれてなくて無知なのは
当たり前だが

酷い


それを母は帰宅してきて

仕事で疲れきった体で


わたしに今日、電車待ってる時にね、こんな事があったのよ

私なんて見て、聞こえるように、話すの

もっと、楽しい話題があるでしょうに

と、笑う母

ほんとは
心から辛くて、嫌な思いをした

と思ってるけど、
言わないのだ

私は、勿論怒りに燃えた
そんな高校生は、私がその時、傍に居たら

制服で学校はわかるし

その場で、正座させて
土下座させて、謝れ!!と怒り狂うだろう

勿論、学校にも連絡するし、
その親御さんにも、謝ってもらう。

そこまでしないと

何もかれらに、なんにもしてないのに

立って、仕事行くのに電車待ちしてるだけの
母を

笑いものにするかれらは

何も分かっちゃなくて

親が悪いし、時代も悪い

メディアも悪いのだ

今思い出しただけでも
腸が煮えくり返るとは、適切な言葉だと思う。

ほんとに許せない。

社会に揉まれて、
ホームレスにでもなれ!!このクソガキが!!
と罵るだけでは私的にはすまない。

自分が反対にたってるだけで

学校だりーなーと
テストやだなーと思って立つてるだけの時に

全く知らない人から

「あいつ、だっせ!」とか、「キモくね?」「ウケる」とか
言われたら、

どうなんだよ!!

そんな子供たちが、これからの
未来を担っていったり、

日本に影響していったり
するなんて


そりや、

今のちょっと気を抜いたら

命を取られたり、

危ない目にあったりする

世の中になったのも

自然だと言える

政府は、国民を守る気などサラサラないのだから

警察は、確固たる証拠がないと動けない決まりだ

だから、
悪魔は、檻に入ってないのだから

私が「血まみれ、暴行を受けていた動画や、録音がある、酷いアザが体や顔面にある状態」

で、警察に駆け込んでいたら


悪魔は、すぐに
逮捕出来た、と言われた

愕然とするじゃないか

そこまで、行く前に

食い止めるのが
仕事じゃないのか?

そこまで行くまでわたしは悪魔を檻に入れるために

アザだらけの、傷だらけまで
我慢しなきゃならなかったのか?

わたしを
担当した



警察官の若い男のセリフ

「あなたの為に何人の警察官と、刑事が動いていると思っているんですか?

その責任を感じていますか?」

と、言われたのだ

酷くないか?

ここまで言われたら

心がぶっ壊れて、
この世に今わたしが

居なくても、おかしくないだろ?


警察が、言っていい言葉ではないでしょ?

警察が頼れない
国の国民を守る義務がある警察とゆう、組織。

刑事の方が、よく気持ちを理解してくれて
優しかった

特に若い警察官は、本当に信用ならない。

やはり、
経験と年の功。だ。

悪い警官に当たった不運だと
ため息くらいで
済ませてるけど

ゲームやろ

ほんと、わたし、よく生きてるよな

偉いぞ!!
自分で褒める!!

褒めて伸ばす!!

お父さん、わたしはあなたを
父としても、人間個人としても

尊敬と信頼をしていますし

介護もきちんとします。

今日吐いた言葉と、机を叩いた衝動的行動にかんしては

許してはいません

今更、父の高いプライドと、性格、価値観が

微々たるも、他人の意見を

取り入れて、

いいとこを貰い、吸収するなんて
事が出来ないのは理解していますが


わたしは馬鹿ではないのです

父の介護に入ったら

ほんとに手が焼けそうで

早くうつ病を完治せねば
介護ノイローゼになる、と踏んでいるので

わたしは、父のためにも

母のためにも

自分の未来のためにも

努力をこれからも
惜しみはしません。

ふー、スッキリ。

トイレ行って、飲み物飲んで

ゲームしよー


生きてるって素敵だわ

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:深海戌
読者になる
うつ病、自律神経失調症で療養中。家事と愛犬の世話の合間、アプリゲームばっかやってる。病気治ったらサラオレインのファンクラブ入ってコンサート行きたい。
2017年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ヤプミー!一覧
読者になる