恋人 

August 22 [Wed], 2007, 15:18
お久しぶりです。
最近始めた仕事に夢中になっていてPCに向かう時間がありませんでした。
仕事は今のところ順調です。
毎回、ズタボロになって帰宅して泣いたりしてますが、仕事場のみなさんは
私の作り上げた「わたし」を気に入ってくれているらしく、可愛がってもらってるので
このまま変わらずに続けばな、って思います。


今回は恋人についてお話したいと思います。
現在は彼氏・好きな人はいません。
もう2年以上彼氏がいません。
理想が高すぎていい人がいないのと、作っていないの二つの理由があります。

過去の恋愛の中でしっかりとしたまともなお付き合いをした人たちを思い出すことがよくあります。

私の特徴である、自己愛型・演技型・妄想型・依存型を発揮していました。

私は「愛し方が足りない」、「思うようにならない」などの理由でよく相手を責め立てました。

心が不安定になりたいした理由もなく、幼児の様に泣き叫び、手がつけられない状況になります。

本気で相手を布団でくるんで窒息させかけたこともありました。

衝動的に手を上げることもありました。
ビンタや蹴り、噛み付きや、つねったり陰湿な暴力です。

幸いみなさん我慢強いようでやり返したりしないでグッと我慢してくださいました。

もっと若いころに付き合った彼氏には呆れられて捨てられてしまいましたが
意外にも他の方々は私が振りました。

ほとんどの原因は浮気や、他に好きな人ができたことからです。

私は『次』がいると気が大きくなります。
彼氏を平気で無視したり、約束をドタキャンしたり罵倒や暴力もします。

そして大体は、乗り移った男性との間はうまく行きません。

そんなことを繰り返し、失恋ももちろんあります。

振られた途端、私は相手への報復を誓います。

ありとあらゆる手を考えます。どれも陰険です。

他には新しくできた彼氏や好きな人などに憎んでいる男の悪口を聞いてもらいます。
時には涙して愚痴ったりします。
もちろん男の人は慰めてくれますし、人によっては「俺がそいつを!・・・」みたいになります。

無意識ですが、その方を使ってしまっているのです。


昔、好きになった人がいました。その男には彼女がいました。
なので結果的にその人とはセックスフレンドになりました。
朝から晩まで狂ったようにセックスしていました。
でも彼は私のものになりません。とても愛しているのに・・・

そんな中、私に好意を寄せてくれる男性が現れました。
その人にセックスフレンドである男に対する相当なこき下ろしを聞かせ、
その人を洗脳する形になりました。私は泣きながら話しました。

結果的には色々ありまして、セフレだった男は顔面骨折により片目が見えなくなりました。

すこし怖くなりましたが、私は「バチが当たったんだ」と思い清々しました。

こんな感じで私と関わってしまった男性はほとんどがモメ事になり絶縁になり離れていきます。

なので私と出会う=悲劇の始まり なのです。

こんなことを言ったら自己愛丸出しなのですが、関わる男性のほとんどは
私に好かれたり、私に好意を持ったりと、なんらかの関係になります。
皆さん私に一生懸命合わせたり、頑張ったり、とにかく一生懸命になってくれます。

なので私が彼らに一生懸命自分の歪んで屈折している性格をお話しても
盲目になっておられるので「俺が変える!」「俺は大丈夫だよ」と言います。

ですが彼らは散々私に振り回された後、ポイ捨てされ疑問だけが残ると思います。

だから言ったのに・・・ 私は少し呆れたりもします。

とても残酷な発想なのですが
「私を理解できない人は消えてしまえばいいのに」と毎回思います。
自分は普通で、周りはおかしかったんだ と思うときもあります。

周りから見ればとんでもない勘違い女だと思われるでしょう。
今わかっているなら大丈夫なんじゃ・・・?と思われる方もおられるでしょうが
そのとき(そのときの悪魔のような人格)になると全く気づかないのです。

散々周りを振り回しておいて、後からとても後悔して「死んでしまおう。私なんて」
と自虐的になり色々な形で自傷するのです。

なので私は怖くて恋愛ができません。

でも最近は外へ出るようにしているので、知人と呑みに出かけたりします。
なので昔より成長したかもしれません。

しかし・・・・先日男性2人と私の3人で遊んだときにボーダー全開になってしまい・・・orz
激鬱になりました・・・。
女を舐めている男が本当に許せないので、その方を泥酔させて裸にさせてしまいました。

すごく後悔です。。反省しています。。

お得意の不幸自慢、答えのない言い争いを展開してしまい、相手は困っておられました。

なんで、止められなかったんだろう・・・・私は本当に我慢というものができないのですね。

今後気をつけます・・・。

パパからの最後の暴力 

August 04 [Sat], 2007, 14:23

http://yaplog.jp/sick_princess/archive/3
↑このブログであげた、事件について詳しく書きます。



家族で遊園地に行った日のことでした。
このときすでに私は鬱の疑いがあり通院して投薬されていました。
前日に私と父は数年ぶりに抱き合い、
「あみの病気を理解して、力になりたい。家族仲良くしよう。もう短気起こして怒ったり、もう昔みたいに手はあげない。約束する。」
と泣きながら話し合いました。そして翌日遊園地に行くことになったのです。
(続き)日が暮れて帰ることになり、とても楽しく過ごせたので、ルンルン気分でした。
このときパパは足を骨折していて車椅子でした。
帰りの車の中で、何故か今までにないような恐怖感があったことを覚えています。
楽しいはずなのに、心がどんどん残酷になってゆく・・・
不思議な感覚があるまま家路に着きました。

家についた車の中で私はなにかが乗り移ったのかのように涙しながら
父親の兄(離婚していて、心が不安定。仕事も続かず、だらしない。)について話し始めました。
今でも、なぜあの時そんなことを言ったのかは自分でもわかりませんがとにかく話し続けました。

父親は昔から兄のことで悩んでいたようなので、私の意見を聞いてとても喜んでいて
感動していました。一方、母は兄に対して恐怖心を持っているため、微妙な表情をしていました。

車から降りて不安定になってしまった私は自分の部屋に直行しました。
そしていつものように自分を落ち着かせる為に、お酒を飲み始めました。

しばらくしたら1階のリビングから父親と母親が今までにないくらい大きな声で言い争う声が聞こえてきました。

私は夢であってほしいと願いました。だって昨日約束したのですから。
しかし、争いの声は次第に大きくなります。
とてつもない恐怖を感じました。
そのうち過呼吸になってしまい、震えだしました。
もう
この辺りから、記憶が飛び飛びになってしまうのですが、私はここには居られない
逃げ出さなくちゃ。と思い荷物をまとめ、誰に電話したかわかりませんが
誰か知り合いの男の人に迎えに来るように頼みました。

完全にパニック状態だったので、相手も焦っていたと思います。
そして1階まで降りて走って外に飛び出しました。逃げるように。

それに父親は気づいたらしく、骨折している足を構わず追いかけてきました。
強い雨の日でした。
外で私は捕らえられました。
抵抗したのですが、家に引き戻されました。

そしてそのまま・・・殴られました。

「ギャーーーーーーーーーーーーーーーー」
私は爆発して泣き叫びました。

そして父親は一言
「お前だけが辛いわけじゃないんだ!!!!!!」
と怒鳴り、泣きながらこの家を出て行きました。

なぜ殴られたのか?
なにか怒らせたの?
疑問が浮かんでくると同時に、之ゆえない怒りを感じました。

ママと弟が駆けつけて、私を抱きかかえ一生懸命話かけてきましたが
私は、なにも聞こえませんでした。

呼吸も整って、やっと涙が止まりました。
しかしそれから何日かほとんど喋ることができませんでした。

呆然としている私に弟とママは「愛している」と言ってくれました。
ママは「パパと別れてでも、あみを守る。あみがこの家を出るならママも一緒に出て行く」
と言い続けました。

父親が母の説得に応じて家に帰ってきました。
また私は気が狂いそうになり、父親を完全に拒絶しました。

父親は何度も私の部屋に来て、泣きながら私に謝りました。

もう、許すとか許さないのレベルでなく体が父を拒絶してしまっているのです。
もう、一緒には居られないと心から思いました。

何度も、ママと話し合い私は父を許すことになりました。
二度と手を上げない。そのときは本当に最後。という条件もつきました。

それからしばらく口を聞きませんでしたが、時間が解決して今はとても仲良しになりました。

約束どおり、父はあれから私を殴っていません。約束を守ってくれています。




この日のことは思い出すと複雑な気持ちになり、頭がとても痛くなります。

これを読むとパパが悪い人になってしまうかもしれないけど、
パパはすごく優しいしかっこいい生き方をしてきましたし、尊敬しています。

ただ、怒ったときだけはみんなから嫌われ者になります。

人を死にたくなるような気持ちにさせるまで怒り続けます。
もうズタズタになります。

私はパパにとても似た女なので、なんだかんだ言ってもパパが他人から悪く言われると
怒れてきます。なんでしょう、この気持ちは。

どうしてなのかな 

August 04 [Sat], 2007, 13:28

どこかで見たのですが、境界例になる原因は先天性だったり子供のころの環境が
関係したりするようですね。
研究が進むにつれ、もう少し明確になってくるのでしょうね。

私は原因を考えると少し混乱します。

親とも、なぜこうなったのか?を話し合いますが、色々考えられるのです。

事実だけを挙げていきます。(言い訳はあとでします笑)

小さいころから私は父親から暴力を受けてきた
両親の大喧嘩、父親から母親への罵声や暴力を間近で見てきた
両親は自営業の為、私は幼少期ほとんど構ってもらえず寂しかった記憶がある
私自身は子供のころ、手におえない問題児だった
小さいころから気性が激しく、感が強い子だった
弟は私と全く正反対な性格で、おっとりしていて甘えんぼな、いい子チャンだった
その為、弟に母親の膝を独り占めされた
大好きだった飼っていたワンちゃんが急死してしまったり手放したりした
外では人見知りなためなかなか環境になじめない

他にもありますが、こんな感じです。
親の意見は、私が生まれつき手のかかる言うことを聞かないイタズラっ子だったから
怒らざるを得なかった、手をあげてしまったという順序です。

私は寂しかったり両親の喧嘩を見てきたり、暴力を振るわれたりがあったから
メンタル的に歪んだ人間になってしまったのかな?と思っています。

どちらかは誰にもわからないと思います。
なので考えると混乱してイライラしてきます。

なので最終的には、私は悪くない。育った環境がマズかった。
と解釈して逃げます。それで気持ちの整理がつきます。


私が昔、本当に精神状況がめちゃくちゃだった頃ODする前に書いた文です。
(日時は何年か前です)




7/27 PM10:25

恨みに満ちあふれ
OD開始
親に怒鳴り付ける





さあどうなるでしょう?

奴らは私が意識を失えば悲しむでしょう
手を切り刻めば悲しむでしょう

いい気味だ

お前等が私を作り
お前等が私を殴り
お前等が私が人に構われない人間にし
お前等が私をどんぞこまで苦しめた
心配なんかより
お前等が駄目にした私を
お前等が育てた悪い子な私を
お前等の手で殺してくれ

憎い

錯乱して死ぬのかな?

一生後悔しろ
一生悔やめ


楽しみだ
愉快だ

消してくれ

私なんか生まなきゃよかったね

良い子な弟だけ
産まれればよかったね

糞野郎

お前等は身勝手だ


憎い







今思うと恐ろしい文章です。ちなみにこのときの記憶はほとんどありません。
この時期私は愛する家族とさえ関わらず、部屋に閉じこもっていました。
薬物依存していた時期でもあり、リストカット・アームカット・ODに依存していました。
突然気が狂ったように泣き出したりしました。
部屋の壁にも穴を開けたり、親に向かって暴言したりしていました。

そうなったきっかけは、ある事件があったのですがまた違う日記で書きます。

つまり、原因がよくわからないということです。

知る必要もないのですかね。

奇声 

August 04 [Sat], 2007, 12:50
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E9%9A%9C%E5%AE%B3

知らない方も多いと思います。
ウィキに詳しく書いてありますのでご覧ください。

私の場合、3歳くらいから発症しています。

ほとんどの方がそうだと思いますが、始めは運動チックからでした。
鼻をヒクヒクさせる・ジャンプする・目をグリグリさせるなど・・・

物心がついてきたあたりから音声チックが出始めました。

時が経つにつれて、ほとんど症状が出ない時期、酷い時期を繰り返します。
私的には、環境の変化や心境の変化、ストレスの度合いなどで変動していると感じています。

結構マシな時期は、咳払い程度です。
まぁ、咳払いといっても周りが少し不自然に感じるような頻度ですが。

最近の私は、唸り声と汚言チックが酷いです。
汚言チックとは「死ね」「馬鹿」などが多く、私はありませんが一般的には
卑猥な言葉を繰り返し、発したりします。

私はボーダー特有の性格もあるので、自分が思い通りに行かないときや
自分に不都合なときに、途轍もない孤独感と怒りを覚えます。

そのときの解消が私の場合、トゥレットになるのです。

ある意味それでいいのかもしれません。
リストカット・アームカットなどの自傷にまわる時期もありましたが
最近はこの汚言チックによって、スッキリした気分になります。

しかし、困ったことにトゥレット症候群というのはほとんどの割合で我慢ができません。

病院の待合室や静かな図書館などでは、特に声を出したくなります。
そのため心の中では恥ずかしい、周りに申し訳ない。と思いながらも控えめに唸ったりします。
我慢すると気が狂いそうになります。
私にとってチックは息をすることと同じくらい必要なのです。

私はたまに嬉しくなるのですが、ほとんどの方は奇声が聞こえていても平然とされています。
なんだか、受け入れられているような気持ちになりすごく嬉しくなったりします。
きっと家に帰ったら、家族に、さっきこんな人がいてうるさかった!など言っているかもしれませんが^^;

でも一部の人(性格的に好奇心のある方・癖について知識のない方など)は、私の奇声に
反応されます。結構あからさまに振り返る人や、驚いた顔をされる方もいます。

当たり前なんですがね。普通じゃないですし、明らかにおかしいですもんね。

しかし、理解されないことを嫌う私はそんな顔をされるとお腹中から怒りがこみ上げてきます。

まず思うことは「あんたに何がわかるの?」「好きでやってるわけじゃない!」
「お前みたいに単純な脳みそしてないんだよ」
と、自分の都合のいいように相手をこき下ろします。

多分、この世界にこのおかしな癖を理解して受け入れてくれるのは
家族以外の他にはいないのではないかと思っています。

私のママはとても強いです。
自分が鬱病を持ちながらも日々私を支えてくれます。

すべてのことにおいて1番迷惑を食らっているのはママだと思います。
私はママを心から信頼していて安心しているので
音声チックが全開になります。ママは慣れているのでもう何も言いませんが
きっといい気分はしていないはずですよね。

私のチックによって私の心境を察しているらしいです。


ある意味チックがないときは少し心配します。
そのときはほぼ100%の確立で私は起き上がることもできない、
食べることもままならない状態になることが多いからです。

私が調子全開で前向きなとき、楽しいときにチックがあることも少なくないのです。

おそらく一生トゥレットと付き合うことになりそうです。
人にまで不快な思いをさせてしまう病気でもあるので、やはり自制できるようになりたいです。

ターゲット 

August 04 [Sat], 2007, 11:49

http://www.medical-heart.com/psycho%20check%20illness03.html

とりあえずこの診断テストでは42問当てはまりました。


特に自覚していて、悩まされている症状は『他人に対する理想化とこき下ろし』です。

新しい環境になる度、俗にいうターゲットを作ります。

まず男女問わず相手の情報をとことん聞きます。
そして私の頭にインプットされます。
その情報はほぼ消えることはありません。

自分の理想により多く当てはまる人を見つけ、たくさん話をします。
言わなくていいことも言います。
前半はその人こそ私の人生の友人だ!パートナーだ!と言い聞かせ、
大好きになります。
時には世話をしてあげたり、なにか買い与えたり、サービスをします。

時が経つにつれて、『あみワールド』に引き込みます。
具体的には、自分の価値観を押し付ける・自分の気分のままに相手を動かす・
自分に不都合な人間のこき下ろしを聞かせる・私のテンションに巻き込むなどです。

最初は私に好印象を持っていた相手も徐々に「ん?なんかおかしい」と気づき始めます。
私はそれを察します。でも、もう遅いのです。
もう、ターゲットになってしまいました。

私は相手にしがみつきます。
顔色を伺いながら、相手の喜ぶことを言ったりやったりします。

また私のところに戻ってきたかな?と感じると、わがままな私に戻ります。
そんなことを繰り返します。

そのため、いままで私に関わってきた方々は絶縁のような形になることが多いです。

最後は私から離れたり、相手に見捨てられたりとさまざまです。


そしてその後、案の定酷く落ち込みます。何も手につかなくなります。
ODしたりリスカ・アムカをします。
わたしの場合そのときの恨みを文章にもします。

そして立ち直ります。
そして、また新しい環境でターゲットを見つけます。

そのターゲットに前回のターゲットをこき下ろした愚痴を聞いてもらいます。
相手は最初は共感してくれます。
「ほんと酷いね。あみちゃんはかわいそうな目に会ったんだね」と言ってくれます。

私は心から嬉しく思います。
そして相手をもっともっと好きになります。
やっぱりこの人でよかった、と思うと話す必要のない自分の病気のことまで
ペラペラと話します。相手の本心はわかりませんが、表面上は理解してくれます。
結果もっともっと依存します。
毎日のように会いたくなり、連絡を欠かしません。
相手にはどんどん重荷になってゆきます。


そんな人間関係を繰り返し、結局私はボロボロになり
常に「みんな私を裏切る。私は被害者だ。」という気持ちが付きまといます。

私の場合はですが、結果的に引きこもるようになりました。

人と関わらなければ、傷つくこともないし傷つけることもないと考えたからです。

健常者の方は、自分でわかってるなら治せばいいのにと思われるかもしれませんが
どういうわけだかそれができないので苦しんでいるのです。

一時期考えました。
同じ境界例の人と関われば、共依存できていいのかも、と考えたこともありました。

私の周りには境界例っぽい人がいないため、試したことはありません。

なので、どうなってしまうのかはわかりませんが、きっと鬱陶しくなるのではないでしょうか。
自分が1番という状態が大好きで、人が自分をなによりも優先して構ってくれることに
幸せを感じるので、同じような『構って人間』はむかついてしまいそうな気がします。
あくまで予想なのでわかりませんが^^;

ここ2年くらい極力、人との関わりを避けてきました。
今月16日から仕事を始めることになりました。

ひたすら我に誓っているのは
「本性が出ませんように。」
「仕事場で依存相手を探さないようにしなくちゃ。」
ということです。

もうこう考えるしかありません。
正直すごく不安です。

トラブルメーカーにならないといいなと思っています。

少しでも応援してくれたら嬉しいです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あみ
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
my sick
境界例
統合失調
強迫性障害
トゥレット症候群
身勝手ですが通院をやめました。
ずっと飲んでいたお薬も、飲みたくなくなって飲まなくなりました。
それでも前向きに生きているつもりです。
とても意地悪な性格だと思っています。
お説教的なことが大嫌いで、常に共感してくれる人を捜し求めています。
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ドン引き
» 恋人 (2017年07月27日)
アイコン画像しょう
» 奇声 (2014年04月10日)
アイコン画像marya
» ターゲット (2007年08月06日)
アイコン画像ケイ
» パパからの最後の暴力 (2007年08月04日)