脂肪腫の治療のためのMRIやエコー検査について

May 23 [Sat], 2009, 19:27
脂肪腫の治療をしようと思ったときには、
行きつけの病院での該当する科へ行って相談してみましょう。

皮膚科、整形外科、眼科など、脂肪腫の出来た箇所や痛み、
症状などで診断に行くところがマチマチになるようです。

脂肪腫では、ごく稀に悪性のものとして
「脂肪肉腫」と診断される場合も出てきます。

この良性と悪性の判断の大きな違いは、
「他の組織への転移」であったり、
浸潤したりするものが「悪性」となるようです。
事前に知っておきましょう。

診断では、しっかりとMRI、エコー、内視鏡を使って、
写真や画像で確認して診断します。

ガングリオンなんかはじっくりと診断して
みないとわからない可能性もあるんですね。

最終的に悪性かどうかは、臨床医(整形外科医)の先生が
腫瘍組織を光学顕微鏡で視診して鑑別されます。

病理医の先生に病理検査結果で鑑別されないうちには、
悪性腫瘍とは確定的な診断はされません。

ですので、整形外科医の先生は、MRIや超音波などを使って、
腫瘍の場所や大きさ・かたちでおおよその判断をしていきます。

>>YouTubeで月額36万円稼ぐ方法

脂肪腫の原因はマチマチです。

May 22 [Fri], 2009, 22:02
脂肪腫の原因は、ストレスといわれています。

脂肪腫が骨の上に出来ていれば、
脂肪腫がふくらんで見つけやすいのですが、
もし下がやわらかいところに出来た場合、
脂肪腫自体がわかりにくい場合があります。

大きくならないとあるのかないのかわからないんです。

もし神経を圧迫する部分に脂肪腫ができるとなると、
しびれが出たり、腰痛になったりと症状としてあらわれることもあります。

最近ちょっと…なんてことがありましたら、
ひょっとして脂肪腫かもと思ってもいいです。

傾向としては、男性よりは女性に多く、
やはり肥満の方に出来る人が多いようです。
実際の脂肪腫の診断は、画像検査と臨床検査で行われます。

脂肪腫の画像検査ではMRIやエコー、超音波、CTを使います。

検査の目的は、良性の脂肪腫と、
悪性肉腫などと判別するために行われます。

脂肪腫の場合は、診断するとほとんど良性ということなので
手術の必要はあまりありませんが、
最初は小さい場合でも年々少しずつ大きくなっていきますから、
もし顔など目立って邪魔になるようでしたら摘出手術をしてもいいでしょう。

脂肪腫の手術自体は外来でもできますし、手術給付金もでるようです。


>>YouTubeで億万長者になる方法【無料レポート】

脂肪腫の判断(首、顔、頭・・・)

May 20 [Wed], 2009, 21:35
脂肪腫というのは、粉瘤とかアテローマよりは
頻度が高くはありませんが、
でも実際に脂肪腫を写真でみると、とても痛々しいです。

出来る場所によって、見え方も違ってきますが、
顔・おでこに出来るとかなり目立って生活にも
それ自体だけで支障が出てくることが多いです。
あるべきでないものがあるというだけで、
違和感がありますからね。

脂肪腫というのは、筋肉や皮下脂肪の間の脂肪が
変化してできたものです。
脂肪腫は、体じゅういたるところに出来、
首や背中、頭というのは良く聞きます。
けっこう気にしていらっしゃる方が多いようです。
そのほか、脇、わきの下、舌、頚部、耳、踵、脚、指にも出来ますよ。

ただ、良性とはいえ脂肪腫が脳とか目やリンパに出来、
あるだけでちょっと生命にかかわりそうになる可能性も出てきます。
この場合には、専門医に判断してもらわないといけませんね。

でも脂肪腫自体は、痛みもありません。
細菌感染することもありません。

検査をするとほとんどの脂肪腫は良性でありますので、
摘出手術もなにもせずに経過を看るということになります。
まれに悪性の脂肪肉腫として診断されることもありますので、
気になったら一度、整形外科や病院の皮膚科に相談して
検査してみることをおすすめします。


>>YouTubeで稼いで、治療費を捻出する方法
seo great banner