人生が選ぶ

December 16 [Tue], 2014, 14:55
謢みなの心の中はすべて1たまりの清らかな泉があって、あなたの魂を洗濯して、あなたの生命を潤しています。ただなぜかというと日常のこまごまと煩わしい生活したのが入り乱れていて、やっと彼女の装身具のみごとな音を隠して、彼女のにぼんやりしているのはきれいに澄んで透明です。この生涯はあなたは成功しないことができて、しかし成長しないわけにはいきません!
  夜更け人が静かで、自然界の音の音声がない時、重いマスクをおろして、心園の柵にはずしていって、如実に自分をじっくり見て、生命の深い所で、結局は耳を傾けて少しの悠然としているのが脆いまで(に)鳴くことができます。慈雨に似ていて、春風に似ていて、柔らかくて遅く味わいがあります。
  月の隠れる星現在、重い風の軽い時を現して、露出する良知を正視して、俗世間の樊箱を出て行って、魂の高いところで、結局は1波の必然的なリズムまで(に)明るい月に似ているのに感謝して懐かしむことができて、秋の陽に似ていて、淡泊で静かです。
  向かい風を受ける道中、いつも帰って後ろにのでこぼこがとぬかるみを眺めて、いっしょに、1程の1程、心の泉が豁然としていて湧いてついにすっかり悟りがひっくり返ります:生活は涙を信じないで、失敗も決して扼殺することに成功するのを意味しありません!世の中は永久不変が運良くあなたを永遠のうぬぼれさせるのは何もなくて、世の中はまた永久不変の不幸があなたに永遠に悲しみのあまり死を願わせがなにかありますか?
  生命の光り輝き、拒絶したのは平凡ではなくてではなくて、平凡だです!始まるとのはもしかすると生活があなたを選んだので、しかし最後にあなたは発見して、実はあなたが生活を選んだのです。だから順風満帆な時多めに追想して、美しい初志を裏切らないでくださいでさえすれ(あれ)ば;行き詰まってい志を得ない時多めに憧れて、覚めない苦い夢をでっち上げないでくださいでさえすれ(あれ)ば!
  一心に泉は怒る嫉妬のようだ消して、一心に泉は最も塵の虚栄のようだ突き進んで、生命がようやく無限なのを獲得することができるのが楽です。くどくど小声で話す心の泉は分かってあなたに教えます:人の心はあなたが想像するのがそんなに険しくて生い茂るのではなくて、生活もあなたのようだそんな暗い重責を誇張しません!卑劣なのを遠く離れて争って、俗世間の紛争にのいて、じゃらんじゃらんという心の泉に近付いて、心の泉
に耳を傾けますじゃらんじゃらん  人生の道の数十年、しかし米の花に従うように勇敢に突き進む歳月は本当に少なすぎました。一生で必ず美しい一回の気持ちを要して努力してと堅持するのに行って、みんなでも今に比べてするのがもっと良いです!多くの場合は、人生は風雨に耐えられて、平板なことに耐えられません;他人のいったとおりです:私達がノアの方舟を逃した、タイタニックを逃した、流星雨を逃してすべてを逃した驚いて驚かない、結局は信念があるため、明日があって、夢があります。苦痛の経験と鍛練の生命は更に粘り強いです。
  1抺美しい気持ちを復習します;1粒の疲れきっている心を慰問します;1段の坑道の冷たい人生を振り返ります。
  心の泉に耳を傾けて、思想に向かうのが深く清浄にならせます;心の泉に耳を傾けて、生命をますます豊かで生き生きとしていさせます。

人生が奮闘だ

December 16 [Tue], 2014, 14:55
一人は最も悲しい時間で、絶対に自己の信念を忘れることはできません;一人で最も喜びの時間にあって、更に人生のでこぼこを忘れることはできません。人生は生花と拍手の音がないのではなくて、得意げで光り輝く時間がないのではなくて、ただ私達はいっぱいな生花の道を敷くに心を奪われることはできなくて、順風に帆をあげる道で安逸ができません。世の中の正しい道は世の変転で、ただ恐れないのが苦労して、険しい山道のよじ登る人に沿って、ようやく一層の樓に更に上ることができて、それでは他の山が小さく見える雄壮で美しい景色を鑑賞するのに行きます。人の生命、奮闘する生命のはずで、私達の経験した一日ごとにはすべて私達の奮闘した足跡のはず。
  人生の過程、絶えず奮闘する過程のはず。人はおぎゃあから老衰しているまで(に)生まれ落ちてそのために、いつも奮闘の状態の中でではありません。人生の目的千差万別だが、しかし全般的に言って、すべて成功と栄誉のために奮闘するのです。
  あれらの有名人と成功者を見渡して、彼らの事業の成功、奮闘を経て来なければならないのではなくなっていませんます;たとえ普通な人の普通な生活だとしても、同じくきっと奮闘の中から来なければなりません。
  私達と寒暖は抗争して、疾病と抗争して、貧しいのと抗争して、生活するのと抗争して、一回ごとにがすべて私達の奮闘した足跡を残します。
  青年の時期に悟る時期、私達はと自ら抗争して、学業のために奮闘して、これは人生の大きい奮闘する肝心な時期です。私達が体の運動を良くて、人徳の教養が良くて、知識の装備が良くて、ののために事業のために奮闘に行きます。これは人生の奮闘が最も激烈でで、最もすばらしい時期、人の喝采を博することができるかどうか、振る舞いがすばらしくて、すべて私達が発奮して決めるのを見ます。
  私達が社会に入る時に、私達の見た世界は雄壮で美しくてで、光り輝いてで、しかしも私達が奮闘する精神を取り出しが必要で、人生と奮闘して、事業と奮闘します。
  私達は1日生活して、1日奮闘しなければなりません。1分生活して、1秒間、1分奮闘しなければならなくて、1秒間、そのため人生が奮闘だと言います。
  人生のよいところは奮闘にあります。古人は云います:君子は自らつとめ励んでやみません。もしも一人で奮闘する意志を失って、それでは彼はすぐ生きているの、しかしも1個の生ける屍です。つまり相反しもしも一人は死んでも奮闘する途中にあった、そんなにその後人は彼の日程を継続しているを、このような人はたとえ死んたとしても生きるのを人々の心の中で、彼は死んでもやり遂げて亡くならないことができます。
  奮闘は人生の最も貴重な財産で、世界のすべてのものがすべて私達の奮闘から得るのため、私達は奮闘に行く自信の勇敢なのがあるのでさえすれ(あれ)ば、それでは私達は私達の欲しいすべてを得ることができて、もしも私達は物質の生活中で自己の闘志を浪費して、それでは私達は結局はできないでもっと大きい業績を得るでしょう。私達は1粒の奮闘の心を持つのでさえすれ(あれ)ば、1粒のブレイブハート、私達は私達の理想のために怠らない追求、に怠らない奮闘を行くことができます。年齢、いつも、金銭などすべて私達を妨げて理想的な遠大な抱負と大志を求めることはでき(ありえ)なくて、私達は成功に向かうことができて、向かうのが光り輝ロレックス スーパーコピーきます。
  スリム、整然としている家、国を治めます、平らな天下。私達は崇高な理想があって、いわゆる心はどれぐらいがあって、舞台はどれぐらいがあります。私達は思い切って夢を見て、大きくする夢、夢の中で良い私達の人生の奮闘する青写真に構想を練って、それから精神の勇敢なのを打ち始めて1歩ごとに出て行って、かつ目的に達しないでやめないのを誓います。重要なのは成功ではなくて、奮闘です。私達の命の中の毎分をむだに送りにくくて、私達の奮闘した結果はどのようですかに関わらず、私達が過去を振り返る時に、いっしょに情熱、奮闘の人生を撒き散らすのが私達が最も喜んで安心するです。
  人生は奮闘で、奮闘する人生は光り輝く人生です。

男子学生のよくが一回の(女子学生達があなたを見終わって信じた)しかない

November 24 [Mon], 2014, 15:28
男子学生のよくは一回しかなくて、すべての男子学生はすべてこのようなで、彼はすべての女子学生に対して私があなたが好きだと言うことができて、しかし彼は一生本当にただ一人だけを好きになって、ひとつのしかありません。 女子学生は必要だの1つの配慮彼女で、彼女が好きで、彼女を頼らせ、彼女を保護する人、彼女が1人の男子学生に出会う時、好きなのは甚だしくて、永遠の愛を誓います。 それからなぜかというと様々な原因のは別れて、彼女はまた彼を覚えていることはでき(ありえ)なくて、或いはそんなに深いのを覚えていることはでき(ありえ)ないです。 彼女が1人のもっと良い男子学生に出会う時のため、彼女は2人を持って比較しに来て、彼女はもっと良くての彼女の幸運に出会うと感じます。 しかし男子学生はこのようなではなくて、彼が1人の女子学生を好きになる時に、確かに直す愛、彼はまたいかなる一人を好きになることはでき(ありえ)ないです。 この感情になって失敗した後に、彼はこの記憶を心に留め置いて、この女子学生を心の底に置きます。 もとは1人の男子学生は多くの女子学生を心に留め置くことができて、しかし一生彼の心の底でことができる1人の女子学生がしかありません。 彼は後でまた多い女子学生と付き合うのにも関わらず、彼のでも明らかなのは知っていて、自分で最も愛したのは誰です。 後で彼の出会う女子学生はどんなに優秀なのにも関わらず、彼も変えることはでき(ありえ)ないです。 彼の心の底の女子学生が彼の支柱ため、彼は彼女といかなるで一人で比較することはでき(ありえ)なくて、彼はこのような比較的愚かだとだと思って、彼は一生ひとつのただ彼女だけが好きです。 心の底の女子学生、永遠の傷跡に置きます。 男子学生はすべてメンツを重んじたので、彼はふだん固定していないのはとてもあか抜けていて、しかし一人で孤独な時、すべての尊厳をおろして、声をはりあげて激しく泣き叫んで、唯一の彼女を懐かしみます
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/shyvjh/index1_0.rdf